大河原邦男の経歴と関連作品

大河原 邦男(おおかわら くにお、 - )はアニメーション作品における日本最初の専門メカニックデザイン。『機動戦士ガンダム』に登場するモビルスーツのデザインで知られる。東京都稲城市出身。息子はアニメーターの大河原烈。

苗字はよく「おおわら」と発音や表記をされることがあるが、自筆イラストに入れられるサインは「K.Okawara」である。

職種

大河原邦男さんは以下の役割で作品作りに関わったことがあります。(85作品)

関連作品

大河原邦男さんが関わった作品の一覧です。

デザインとして関わった作品

原案として関わった作品

  • 機動戦士ガンダムUC

    機動戦士ガンダム

    第二次ネオ・ジオン抗争、別名「シャアの反乱」の終結によって、地球圏には束の間の平穏が訪れた。

    それから3年後、宇宙世紀0096年。工業コロニー「インダストリアル7」において、とある謀議が交わされようとしていた。政財界に絶大な影響力を持ち、地球連邦政府を影から操るビスト財団が、「袖付き...

キャラクターデザインとして関わった作品

  • ダイノゾーン
    • 評価:
    • 話題性:
      0

    6500万前、宇宙からきた侵略者から地球を救った恐竜達がいた。そして現代、地球のライフスピリットを狙い再び来襲したデスイーター軍団を迎え撃つ為、化石となり眠りについていたダイノソルジャー達が再び蘇った。

メカニカルデザインとして関わった作品

メカニカルコンセプトとして関わった作品

  • 超者ライディーン
    • 評価:
    • 話題性:
      0
    • 放送: 1996年
    • 全38話

    中学校の同級生「瑠璃」を見舞いに行った帰り、主人公、「鷲崎飛翔」は一枚の羽「ゴッドフェザー」に接触。そこにはかつて、人類誕生以前の太古の宇宙で宇宙の運命をかけて争う正義の戦士、ライディーンと邪悪な生命体、超魔との戦い「聖創生大戦」の記憶があった。その結果、ライディーン戦士が勝利し、超魔は次元の彼方へ追放された。し...

メカニカルデザイン原案として関わった作品

  • 機甲兵団 J-PHOENIX PFリップス小隊
    • 評価:
    • 話題性:
      0

    OVA作品だが、単独発売ではなく、ゲームの特典としてアニメのDVDが封入された。『コバルト小隊篇』、『機甲兵団 J-PHOENIX+』に第1話が封入。以後、『2 序章篇』、『2』にそれぞれ第2話、第3話が封入されている。

    グレンリーダーを慕う4人の美少女(リサ、イズミ、プリス、セリナ)からなる「リップス小隊」が中...

モビルスーツ原案として関わった作品

モビルスーツとして関わった作品

  • 機動戦士ガンダムUC

    機動戦士ガンダム

    第二次ネオ・ジオン抗争、別名「シャアの反乱」の終結によって、地球圏には束の間の平穏が訪れた。

    それから3年後、宇宙世紀0096年。工業コロニー「インダストリアル7」において、とある謀議が交わされようとしていた。政財界に絶大な影響力を持ち、地球連邦政府を影から操るビスト財団が、「袖付き...

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。