木下裕孝の経歴と関連作品

職種

木下裕孝さんは以下の役割で作品作りに関わったことがあります。(6作品)

関連作品

木下裕孝さんが関わった作品の一覧です。

作画監督として関わった作品

  • つる姫じゃ〜っ!
    • 評価:
    • 話題性:
      0
    • 放送: 1990年
    • 全49話

    型破りなヒロイン、つる姫を主人公にした少女漫画。「学級文庫…学級うんこ!」等のスラップスティック・ギャグで構成されている。

  • Happy World!
    • 評価:
    • 話題性:
      0

    神様は、幸福と不幸を平等に人に与えるといわれる。だが、この世にたった一人だけ、不幸しか与えられなかった少年・大村猛がいた。生まれてすぐに母親を亡くし、父親は自分を捨て、それからと言うものはずっと叔母の家で暮らしてきたが、3年前にあることが理由で家出、再び一人暮らしとなる。

    ある日のこと、数日前に家が火事となり仕方...

キャラクターデザインとして関わった作品

  • げんしけん

    げんしけん

    笹原完士は大学入学を機に漫画・アニメ・ゲームへの思いを分かち合えるサークルへ入ろうと、「現代視覚文化研究会」=「現視研(げんしけん)」の見学に訪れるが、未だ自分がオタクであることを認められずにいた。

  • バーテンダー
    • 評価:
    • 話題性:
      1
    • 放送: 2006年
    • 全11話

    バーテンダーの佐々倉溜(ささくら りゅう)を主人公とし、バーに訪れる客やバーテンダー、溜を取り巻く人々たちのエピソードが描かれる。

    とりわけ漫画のテーマとなるのは、もともと酒に付されていたエピソードを紹介するものであり、カクテルからウイスキーまで幅広い。

    漫画の物語は、溜がフランスから帰ってくる所から始まる。主人...

  • Happy World!
    • 評価:
    • 話題性:
      0

    神様は、幸福と不幸を平等に人に与えるといわれる。だが、この世にたった一人だけ、不幸しか与えられなかった少年・大村猛がいた。生まれてすぐに母親を亡くし、父親は自分を捨て、それからと言うものはずっと叔母の家で暮らしてきたが、3年前にあることが理由で家出、再び一人暮らしとなる。

    ある日のこと、数日前に家が火事となり仕方...

総作画監督として関わった作品

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。