横山隆一の経歴と関連作品

横山 隆一(よこやま りゅういち、男性、1909年5月17日 - 2001年11月8日)は高知県高知市出身の漫画家、アニメーション作家である。代表作は早稲田大学のマスコットキャラクターとしても有名な『フクちゃん』。

『朝日新聞』に連載された1コマ漫画『社会戯評』を代表作とする漫画家の横山泰三は実弟、画家の横山ふさ子は三女、漫画家近藤日出造は義弟(妹の夫)である。

職種

横山隆一さんは以下の役割で作品作りに関わったことがあります。(3作品)

関連作品

横山隆一さんが関わった作品の一覧です。

監督として関わった作品

  • インスタントヒストリー
    • 評価:
    • 話題性:
      0
    • 放送: 1961年

    このアニメは、「今日の人々に知られていない」キャラクターによる歴史的な出来事を描いている。

    出来事の説明のために写真や映画の映像がアニメーションとともに用いられたことがあった。出来事に関する資料は、当時横山隆一がフクちゃんを掲載していた毎日新聞から用いている。

脚本として関わった作品

  • 動物村ものがたり
    • 評価:
    • 話題性:
      0
    • 放送: 1970年
    • 全100話
  • インスタントヒストリー
    • 評価:
    • 話題性:
      0
    • 放送: 1961年

    このアニメは、「今日の人々に知られていない」キャラクターによる歴史的な出来事を描いている。

    出来事の説明のために写真や映画の映像がアニメーションとともに用いられたことがあった。出来事に関する資料は、当時横山隆一がフクちゃんを掲載していた毎日新聞から用いている。

デザインとして関わった作品

  • インスタントヒストリー
    • 評価:
    • 話題性:
      0
    • 放送: 1961年

    このアニメは、「今日の人々に知られていない」キャラクターによる歴史的な出来事を描いている。

    出来事の説明のために写真や映画の映像がアニメーションとともに用いられたことがあった。出来事に関する資料は、当時横山隆一がフクちゃんを掲載していた毎日新聞から用いている。

作画として関わった作品

  • インスタントヒストリー
    • 評価:
    • 話題性:
      0
    • 放送: 1961年

    このアニメは、「今日の人々に知られていない」キャラクターによる歴史的な出来事を描いている。

    出来事の説明のために写真や映画の映像がアニメーションとともに用いられたことがあった。出来事に関する資料は、当時横山隆一がフクちゃんを掲載していた毎日新聞から用いている。

演出として関わった作品

原作として関わった作品

  • 動物村ものがたり
    • 評価:
    • 話題性:
      0
    • 放送: 1970年
    • 全100話
  • おんぶおばけ
    • 評価:
    • 話題性:
      0
    • 放送: 1972年
    • 全52話

    昔ある村にいたおんぶおばけというかわいいおばけをめぐる物語。おんぶおばけはヒスイから生まれ、鍛冶屋をしているやさしいおじいや村娘のおじょうと一緒に楽しい日々を過ごす。おんぶおばけと村人との関わりの中で、日本の昔話が紹介されていく。最終回ではおんぶは崩れそうな大岩を一晩中一人で支えて村の危機を救った後、力を使い果た...

キャラクターデザインとして関わった作品

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。