豊田有恒の経歴と関連作品

豊田 有恒(とよた ありつね、1938年5月25日 - )は、日本の作家。SF作家、推理作家、翻訳家、脚本家、評論家。本名の表記は同一だが、豊田の読みが「とよだ」と濁る。ただし、姓に「とよだ」とルビがふられた著作もある。日本SF作家クラブ会員。

職種

豊田有恒さんは以下の役割で作品作りに関わったことがあります。(5作品)

関連作品

豊田有恒さんが関わった作品の一覧です。

脚本として関わった作品

  • 宇宙少年ソラン
    • 評価:
    • 話題性:
      0
    • 放送: 1965年

    地球の15倍の重力を持つソラン星でサイボーグ化された地球の少年・立花ソランが、生き別れの姉を探しながら、その驚異のパワーで悪と闘う。

    宇宙リスのチャッピーを相棒にして地球に帰還したソランは、考古学者古月(ふるづき)博士・ミカ親子の家で暮らしながら、次々に起こる難事件に立ち向かう。超能力を持つ新人類ミューの一団、宇...

  • エイトマン
  • 海底少年マリン
    • 評価:
    • 話題性:
      0
    • 放送: 1969年

    マリンが悪者から海を守るというストーリー。7つの海の守りを1人で引き受けている。海中に潜る前に「オキシガム」というガムをかむ。このガムで酸素が補給されるという設定。ハイドロジェットというものを水中の移動に使用。これは足からジェット噴射が出て水中を推進できるというものである。ブーメランを武器として使用する。

  • 鉄腕アトム(第1作)
    • 評価:
    • 話題性:
      0
    • 放送: 1963年

    21世紀の未来を舞台に、原子力(後に核融合)をエネルギー源として動き、人と同等の感情を持った少年ロボット、アトムが活躍する物語。米題は『ASTRO BOY(アストロ・ボーイ)』。

    本作は、1951年(昭和26年)4月から、翌年3月に連載された『アトム大使』の登場人物であったアトムを主人公として、1952年(昭和2...

  • 冒険ガボテン島
    • 評価:
    • 話題性:
      0
    • 放送: 1967年

    無人島に漂着した少年少女たちが、厳しい環境の中で懸命に生きる姿を描いている。夜、遊園地の潜水艇に忍び込んだ「竜太」と妹の「トマト」。だが、偶然にも遊園地の経営者の息子「イガオ」とその友達「キュウリ」と「カボ」も入り込んでいた。竜太とイガオはと取っ組み合いの喧嘩になり、その拍子で誤ってスイッチが入り潜水艇が発進して...

原作として関わった作品

  • 冒険ガボテン島
    • 評価:
    • 話題性:
      0
    • 放送: 1967年

    無人島に漂着した少年少女たちが、厳しい環境の中で懸命に生きる姿を描いている。夜、遊園地の潜水艇に忍び込んだ「竜太」と妹の「トマト」。だが、偶然にも遊園地の経営者の息子「イガオ」とその友達「キュウリ」と「カボ」も入り込んでいた。竜太とイガオはと取っ組み合いの喧嘩になり、その拍子で誤ってスイッチが入り潜水艇が発進して...

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。