越智博之の経歴と関連作品

越智博之(おち ひろゆき、1963年7月5日 - )は、東京都出身のアニメーション監督、アニメーター

職種

越智博之さんは以下の役割で作品作りに関わったことがあります。(6作品)

関連作品

越智博之さんが関わった作品の一覧です。

監督として関わった作品

  • 太陽の船 ソルビアンカ
    • 評価:
    • 話題性:
      0

    地球人類は恒星間航行技術を手に入れ、地球から脱出し宇宙に進出、植民を行い宇宙開拓時代を迎えた。

    それから数百年が経ち、宇宙開拓時代は終わって植民惑星の中には、一般市民レベルでは交通が途絶した星もあった。そして、母なる地球は音信不通のままだった。

    開拓時代に造られた宇宙海賊船ソルビアンカで活躍する女宇宙海賊エイプリ...

作画監督として関わった作品

  • 創世機士ガイアース
    • 評価:
    • 話題性:
      0

    本作は、大戦争“ビッグウォー”によって文明が滅んだ後、殺人ロボットが徘徊するようになった世界を描いている。

    日本でVHS版やLD版が発売された後、北米でAnimEigoが1993年にライセンスを取得し、VHS版やLD版を発売した。

    2004年11月25日には、ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパンよ...

  • MOLDIVER
    MOLDIVER ova
    • 評価:
    • 話題性:
      0

    時は2040年代。東京は開発に次ぐ開発により超高層建造物「複合体コンプレックス)」が立ち並ぶ超都会へと変貌を遂げていた。人々は複合体に住み、複合体で働き、複合体に死す。それが当たり前の時代になっていた。

    大宇宙 寛(おおぞら ひろし)は、総合企業複合体ZICの鉱物研究員。彼は大...

  • 竜世紀
    竜世紀 ova
    • 評価:
    • 話題性:
      0

    ある日、突然「竜」が現れる。「竜」は「人」を殺め続けた。日本の自衛隊は「竜」を駆除するため「特殊部隊」を結成する。

絵コンテとして関わった作品

  • 竜世紀
    竜世紀 ova
    • 評価:
    • 話題性:
      0

    ある日、突然「竜」が現れる。「竜」は「人」を殺め続けた。日本の自衛隊は「竜」を駆除するため「特殊部隊」を結成する。

キャラクターデザインとして関わった作品

  • エクスプローラーウーマン・レイ
    • 評価:
    • 話題性:
      0

    考古学教授にして冒険家の杵築麗奈は、同じく冒険家であった祖父の杵築太平洋の残した日記に残された謎を追い、世界中の遺跡を駆け巡る。

  • 孔雀王
    孔雀王 ova
    • 評価:
    • 話題性:
      0

    1985年から1989年にかけて集英社『週刊ヤングジャンプ』に連載された。単行本全17巻、文庫本全11巻。当初は主人公の退魔師孔雀が化け物退治する読み切りだったが、凶皇仏を祭る嬲楽尼とのエピソードから本作の最終的な敵となる闇の密法集団・六道衆(リクドウシュウ)との戦いが開始される。

    伝説の大魔王・...

総作画監督として関わった作品

  • エクスプローラーウーマン・レイ
    • 評価:
    • 話題性:
      0

    考古学教授にして冒険家の杵築麗奈は、同じく冒険家であった祖父の杵築太平洋の残した日記に残された謎を追い、世界中の遺跡を駆け巡る。

メカニカルデザインとして関わった作品

  • 創世機士ガイアース
    • 評価:
    • 話題性:
      0

    本作は、大戦争“ビッグウォー”によって文明が滅んだ後、殺人ロボットが徘徊するようになった世界を描いている。

    日本でVHS版やLD版が発売された後、北米でAnimEigoが1993年にライセンスを取得し、VHS版やLD版を発売した。

    2004年11月25日には、ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパンよ...

モンスターデザインとして関わった作品

  • 竜世紀
    竜世紀 ova
    • 評価:
    • 話題性:
      0

    ある日、突然「竜」が現れる。「竜」は「人」を殺め続けた。日本の自衛隊は「竜」を駆除するため「特殊部隊」を結成する。

ドラゴンとして関わった作品

  • 竜世紀
    竜世紀 ova
    • 評価:
    • 話題性:
      0

    ある日、突然「竜」が現れる。「竜」は「人」を殺め続けた。日本の自衛隊は「竜」を駆除するため「特殊部隊」を結成する。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。