鈴木伸一の経歴と関連作品

鈴木伸一(すずき しんいち、1933年12月4日 - )、はアニメーション作家、監督、漫画家。長崎県長崎市出身。日本アニメーション協会会員。アニメ製作グループ「G9+1」のメンバー。杉並アニメーションミュージアム館長。

職種

鈴木伸一さんは以下の役割で作品作りに関わったことがあります。(22作品)

関連作品

鈴木伸一さんが関わった作品の一覧です。

監督として関わった作品

助監督として関わった作品

  • インスタントヒストリー
    • 評価:
    • 話題性:
      0
    • 放送: 1961年

    このアニメは、「今日の人々に知られていない」キャラクターによる歴史的な出来事を描いている。

    出来事の説明のために写真や映画の映像がアニメーションとともに用いられたことがあった。出来事に関する資料は、当時横山隆一がフクちゃんを掲載していた毎日新聞から用いている。

脚本として関わった作品

  • インスタントヒストリー
    • 評価:
    • 話題性:
      0
    • 放送: 1961年

    このアニメは、「今日の人々に知られていない」キャラクターによる歴史的な出来事を描いている。

    出来事の説明のために写真や映画の映像がアニメーションとともに用いられたことがあった。出来事に関する資料は、当時横山隆一がフクちゃんを掲載していた毎日新聞から用いている。

デザインとして関わった作品

  • インスタントヒストリー
    • 評価:
    • 話題性:
      0
    • 放送: 1961年

    このアニメは、「今日の人々に知られていない」キャラクターによる歴史的な出来事を描いている。

    出来事の説明のために写真や映画の映像がアニメーションとともに用いられたことがあった。出来事に関する資料は、当時横山隆一がフクちゃんを掲載していた毎日新聞から用いている。

作画として関わった作品

演出として関わった作品

原画として関わった作品

  • みどりの守り神
    • 評価:
    • 話題性:
      0

    主人公深見みどりは、沖縄行きの飛行機に父と母の3人で家族旅行のため搭乗していたが、彼女らを乗せた飛行機は墜落事故を起こしてしまう。運良く助かり、目を覚ましたみどりが目にしたのは一面の密林だった。同じ飛行機に乗り合わせていた学生の坂口五郎と共に助けを求め、二人は歩き始めるが、おかしな事に行けども行けども密林は続く。...

脚色として関わった作品

作画監督として関わった作品

絵コンテとして関わった作品

キャラクターデザインとして関わった作品

  • 学級王ヤマザキ
    • 評価:
    • 話題性:
      0
    • 放送: 1997年
    • 全54話

    1995年9月号から連載開始。1997年から『おはスタ』でテレビアニメがスタート。1998年には30分枠で放送され、同時期にはグッズ化やゲーム化などメディアミックス展開も行われた。

    1999年頃からアニメの終了などにより人気も落ち着き2001年2月号で終了した。これ以降、作者の作品は『コロッケ!』、『ぼくはガリレ...

総作画監督として関わった作品

  • 学級王ヤマザキ
    • 評価:
    • 話題性:
      0
    • 放送: 1997年
    • 全54話

    1995年9月号から連載開始。1997年から『おはスタ』でテレビアニメがスタート。1998年には30分枠で放送され、同時期にはグッズ化やゲーム化などメディアミックス展開も行われた。

    1999年頃からアニメの終了などにより人気も落ち着き2001年2月号で終了した。これ以降、作者の作品は『コロッケ!』、『ぼくはガリレ...

作画演出として関わった作品

メカニカルデザインとして関わった作品

  • GREY デジタルターゲット
    • 評価:
    • 話題性:
      0

    時は遠い未来。海は青さを無くし、大地は草木の無い一面の荒野となった荒廃した世界の中、町(タウン)に住む人々は、「戦士」(トループス)となって、中央管制脳(リトル・ママ)の命令の下、他の町と戦い続けていた。「市民」(シチズン)の称号を得て、戦争の無い「市」(シティ)で安全に暮らす権利を得るために。しかし「市民」にな...

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。