【俗・】さよなら絶望先生

基本データ

作品名:
【俗・】さよなら絶望先生
さよなら絶望先生シリーズ)
放送:
2008年 1月
話数:
全 13 話
制作:
シャフト
みんなの評価:
話題性:
6
累計平均売上:
5,452 枚/
タグ:

動画サイト

視聴可能な公式サイトが見つかりません。

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

『週刊少年マガジン』連載の漫画『さよなら絶望先生』を原作としたアニメシリーズ。コンセプトとしては「学園ブラックコメディー」と称されている。アニメーション制作はシャフトが担当し、2007年にテレビシリーズ第1作がアニメ化されてから現在までの時点でテレビシリーズが3作、OVAが2作製作されている。

テレビシリーズはチバテレビなどの独立U局などで放映された。OVAは受注限定生産方式のDVDで講談社によりOAD(オリジナル・アニメーション・DVD)という呼称がつけられ、OVA第1作の中巻以外はいずれも原作単行本の初回限定版に付属となっている。

レビュー・感想

いや、今回もシャフトはいいものを作ってくれました。正直、今回
の俗・少女撰集に収録されているエピソードは、アニメ放映時にも
けっこう原作に近かったので、前の撰集ほどのインパクトはないと思っていました。
ところが、ふたを空けてみれば、まぁ色々持ってきてくれました(笑)。
あまり書いてしまうと、見たときの喜びが減ってしまかもしれないので記
しませんが、多くの新規カット以外にも、奈美がカップヌードル片手に踊
ったり、奈美がキラッ☆としてくれたりと色々とこちらを楽しませてくれ
ました(これらが何かは、DVDをご覧下さい)あと、すごいのが”おま
け”です。原作のある”おまけ”を忠実にアニメ化してくれてます。これ
にはかなり驚きました。
少々長くなりましたが、今回の俗・絶望少女撰集も、さよなら絶望先生の
アニメのファンなら買って損はない仕上がりになっていると思います。
追記:なぜ今回も”序”なのか?それもこっそり記してあります。なるほど、
本編がまだだからか・・・
こっそり追記:また、何の音沙汰もなくレビューを消されてたことに絶望した。
1/1に発売された前巻も原作に近くとても楽しめましたが、今回も素晴らしい出来でした。
内容は過去に放送された(1期と2期分)ものをリニューアルしたもので、新たなカットとセリフが追加され一度視聴したはずだが初めて見るような感じがしました。
しかも放送された時よりも絵がよく動いていて驚きました。
特典映像は、第6回目に放送された、あの声優さんが違うキャラを演じた「隠蔽卒」を本来の声優さんが演じたものと絶望文学集がありました。
絶望文学集は放送の時よりゆっくり読んでいて聞き取りやすかったです。
これらを総合的に評価すれば☆5は当然でしょう。絶望先生が好きな方にお勧めしたいですね♪

初月無料で大量アニメ見放題音楽聴き放題
ギフト券購入でクレジットカード不要。

おすすめ

【俗・】さよなら絶望先生が好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。