うらら迷路帖

基本データ

作品名:
うらら迷路帖
よみがな:
うららめいろちょう
放送:
2017年 1月
話数:
全 12 話
制作:
J.C.STAFF
みんなの評価:
話題性:
5
累計平均売上:
704 枚/
タグ:

動画サイト

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

物語の舞台は「うらら」と呼ばれる占師が住む迷路町。うららを目指す少女たちは、夢を抱いてこの町の門をくぐっていく。主人公・千矢(CV: 原田彩楓)は、15歳の誕生日に迷路町へと足を踏み入れる。そこで出会った3人のうらら・(CV: 本渡楓)小梅(CV: 久保ユリカ)ノノ(CV: 佳村はるか)と一緒に楽しいうらら見習いの日々を送る。

レビュー・感想

この作品はぱっと見"和製ごちうさ"といった感じですが実は表面の可愛らしい萌えの裏に結構シリアス(ホラー)な部分が見え隠れしています。例えば、この町(迷路町)では神様の正体を暴く事は禁忌とされているのですがある時神様の正体を暴こうとした子がおりその子は禁忌を犯した為に死んでしまいました、など。いきなりホラー展開ぶっ込まれたのでびっくりしました。(もちろん毎回ホラー展開って訳ではなく基本はほのぼののしたお話ですよ!)そして一般のきらら系列とは違いちゃんと主人公に「母親を見つける為に一番占になる」という明確な目標があるのも◎。他の三人もそれぞれに目標を持ち毎日迷路町で修行に励みます。迷路町のカラフルで華やかな雰囲気を出しながら日本の伝統色を使っているので派手になってない色彩もまた良し。
私はこのほのぼのとした世界観の中に見え隠れしている意外と結構ホラーな部分&ストーリー性がある所に惹かれたので、かわいい女の子とホラーが好き、でもちゃんと物語のあるモノが好き!という方にオススメです。占い要素が結構あるし毎回占いの場面には引き込まれるから女性にもおすすめかも
原作を読んでても本当に楽しめる作品ですし、
少々変な所や緩い部分はありますが、
この作品の味として楽しめる要素でしょうし、
本作の完成度はきらら作品でも
最期まで高いクオリティーを保っていたし、
個人的には楽しい事この上ないんですけれど、
(キャストさんは皆イメージ通りの人選ですし、
特に千矢役の原田さんは初のアニメ主演作品で大役
ながらご健闘されたなあと感じます。)
あと何気に脇役のキャストさんが豪華な感じで
これも嬉しいサプライズでしたね。(^^)
なお1巻には去年の先行上映会の
イベント映像が20分程収録されてます。
原作ファンの方には間違いなく楽しめますし、
ここまでやってくれたら
原作のはりかも先生も本当に感無量でしょうね。
この冬のアニメは色んな作品が有りましたから、
何かと色んな意味で苦戦したのかも知れませんが、
原作を読んだら良さを感じてはいるし、
時間をかけて魅力が感じてくれたらよいかなと解釈をしてます。
所々に魅力的な世界観ですし、時間の余裕がある時は、
レンタルなりでお気軽に見て頂きたい作品かと、
各々のヒロインの成長を
時に楽しく、可笑しく見れる作品だと感じますね。
それではm(_ _)m
和物ファンタジーで題材も占いなので結構ニッチな作品ですが、夢に向かって努力していく姿はかわいらしく、見守っていたくなる感じです。
設定された目標が高いし、きゃっきゃしながらも物語の進展上シリアスな話もあったりするので評価は分かれるかもしれませんが、個人的には久々のヒットですね。
つい全巻揃えたくなりました。

初月無料で大量アニメ見放題音楽聴き放題
ギフト券購入でクレジットカード不要。

おすすめ

うらら迷路帖が好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。