てーきゅう(第3期)

基本データ

作品名:
てーきゅう(第3期)
てーきゅうシリーズ)
放送:
2013年 10月
話数:
全 12 話
制作:
MAPPA
みんなの評価:
話題性:
2
累計平均売上:
データ無し
タグ:

動画サイト

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

架空の学校である亀井戸高校を舞台とし、公式なジャンルは「スーパーハイテンションギャグコメディ」と称される。テニス部員を描きながらテニスの練習や試合に主眼をおかず、漫画・アニメ双方の公式サイトなどには「テニスをほとんどしないテニス漫画」と記される。一話毎に話題の変わる漫画であり、各話を一貫して繋ぐ物語は無い。『コミック アース・スター』には連載開始以来原則として2話ずつ掲載され、話数表記は「第x面」(xは数値)、副題は「先輩と(映画の表題)」の形で記される。コミック アース・スターONLINEの公式サイトにて第1話から第3話までを試読できる。

『コミック アース・スター』連載作品として先にアニメ化が公表された『世界でいちばん強くなりたい!』・『まんがーる!』・『ヤマノススメ』と同様、単行本第1巻発売を機にテレビアニメ化の企画が発表され、「連載開始からわずか5ヶ月でアニメ化決定」と話題になった 。同誌連載作品としてはテレビアニメの放送開始日およびアニメ公式サイトの公開が最も早かった。

レビュー・感想

初めて観たときはめちゃ面白く「これは絶対買わねば!」となったのですが
いざ購入して久しぶりのご対面・・・あれ?初めてのあのインパクトはどこへ?
再鑑賞には適さないかなぁ・・・
いやこのアニメはホント面白いんですけど一撃必殺技で二度目は免疫つくよー
第1話を見たときはそこまでハマらなかった。またこういうシュールを装った勢いだけのギャグアニメが出てきたか、とさえ思った。
だが次第に分かってきた。キャラが増えて4人になり、その4人の掛け合いだけでスピーディーに物語が進んでいく。それだけのアニメだが、どこか終わった後にもう一度見てみたくなるようなクセを含んでいることを。
それぞれのキャラが強烈に個性的で、その発想は一人一人ぶっ飛んでいる。そして唯一のツッコみ役の主人公も実はたまにどこかズレている。そんなツッコみ不在の状況になり、視聴者自身が心の中でツッコまざるを得なくなる。だから展開の早さもあって、見る者は息つく暇もない。そして見終わった後、どこか消化不良感が出てしまい、もう一度見たくなるのではないか。
タイトルを見る限りテニスに興味ないと駄目なのかと思うかもしれないが、そんなことはない。むしろ登場人物たちの方がテニス部員でありながらテニスに興味がない(笑) テニスの知識とか興味まるでなくても楽しめるアニメだ。逆にテニスアニメだと思って興味を抱く方がガッカリするかもしれない。
異様な早口のショートアニメ。
テニスアニメだが、殆どテニスはしない。
予算削減の為か、特典は映像モノ(声優同士の対決)、スタッフコメンタリーしかなく、紙類は一切ない。
変わっているのは、ノンOPverとノンストップノンOPver.だろう。
1話〜最終話までOPなしで再生出来るのと、最終話まで来たら1話に戻ってループし続ける。
CMで有名な高宮なすの姉貴はあまり出てないのが残念だが、それ以外のキャラはよく活躍している。
ギャグアニメとしては非常にテンポが良く優秀。
各エピソードを1分30秒づつ12話収録したスピード感あるショートギャグアニメです。
どこぞの深夜枠30分アニメのように唐突で無理やりなジメジメしたシリアス展開なんぞこれっぽっちもありません。
登場人物が目いっぱいコミカルに動いてくれるので気晴らしに最適です。
2分アニメでこの絵柄、放送局も少なく視聴する事が出来なかったのでスルーしていましたが
動画サイトで公式配信されていたので見てみました
一言で言うと「2分間を勢いで乗り切るアニメ」です
配信で見れればいいか程度に思っていましたが
特典にオーディオコメンタリーが付くと知り購入を決意しました
本編が短かい中でどんな話が聞けるのか、はたまた何も聞けずに終わるのか・・・
値段も3,000円でお釣りが返ってくる安さですので、お金に少し余裕のある方は買ってみてはいかがでしょう
まず見てて思ったのがテンポが良い、早すぎるでしょ!ってぐらいのテンポの良さ
畳み掛けるようにボケにボケを重ねてツッコミも頑張ってて面白かった
12話ぶっ続けを見ながらのオーディオコメンタリーは、
OP有りverと、OP無しverの2種類あって意外とボリュームあるなという感じでした。
お値段もお手頃ですので2期へのお布施としてもぜひどうぞ、オススメです!
「カオス過ぎる!と話題沸騰!」とパッケージに書いてありますが、まさにその通りだと思います。
ブルーレイ版にはOPをカットして全話ぶっ続けverがあるので、放映時以上にカオスになっています。
ギャグも個人的にはツボなので、とてもよかったです。
一話90秒(OP除く)*12話=1080秒=18分
僅か18分のアニメでこの値段…などと思わないでください。
ショートアニメの密度は非常に濃いです。
早口ハイテンポで展開されるギャグの嵐を是非堪能してください。
オーディオコメンタリーは42分44秒収録されています。
監督の板垣さんが一番よく喋っておられます。
割と真面目な副音声解説でコアファン向きという印象。
ボケ成分は少な目です。
BD版リンク:]
DVD版リンク:]
DVD版とBD版の違いは
声優らによる撮り下ろし映像の有無と、画質です。
(罰ゲームは”夜叉の構え”!
三森すずこ・渡辺優衣・鳴海杏子によるお絵かき対決!)
私は本編にしか感心が無いため、
少しでも安いDVD版を購入しました。

おすすめ

てーきゅう(第3期)が好きな人には以下の作品がおすすめです。

人気作品ピックアップ

ギルティクラウン

ギルティクラウン

2011年 10月 ~

とらドラ!

とらドラ!

J.C.STAFF
2008年 10月 ~

true tears

true tears

P.A.WORKS
2008年 1月 ~

Angel Beats!

Angel Beats!

2010年 4月 ~

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。