とある科学の超電磁砲

基本データ

作品名:
とある科学の超電磁砲
とある科学の超電磁砲シリーズ)
よみがな:
とあるかがくのレールガン
放送:
2008年 10月
話数:
全 24 話
制作:
J.C.STAFF
みんなの評価:
話題性:
100
累計平均売上:
24,495 枚/
タグ:

動画サイト

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

概要

総人口230万人の8割を学生が占める「学園都市」。そこでは学生全員を対象にした超能力開発実験が行われており、全ての学生はレベル0(無能力者)からレベル5(超能力者)の6段階に分けられ、様々な能力を開花させている。学園都市でも7人しかいないレベル5の一人であり、電撃を操るその能力から「超電磁砲(レールガン)」の通称を持つ御坂美琴(CV: 佐藤利奈)は、学園都市で起こる様々な事件を解決していく。

原作

幻想御手(レベルアッパー)編(第1話 - 第17話)
7月中旬、学園都市で謎の連続爆破事件が起こり、紆余曲折の末、美琴は犯人を捕まえる。しかし犯人は昏睡状態に陥り、一連の事件の裏には「幻想御手(レベルアッパー)」と呼ばれる形状も正体も全く不明なアイテムが関係していることが発覚する。美琴は相棒の黒子に注意されつつ、事件解決のために調査を始める。そんな中、佐天が「幻想御手」を使用して昏睡状態に陥ってしまう。
やがて全ての黒幕が昏睡者の治療のために病院に招聘されていた研究者・木山春生(CV: 田中敦子)であることが判明。真相を知った美琴は「幻想御手」の副次効果によって「多才能力」を発揮した木山と対峙する。
絶対能力進化(レベル6シフト)実験編(第18話 - 第39話)
8月10日、第7学区では、路地裏など人通りの少ない場所に様々な値段のマネーカードが置かれるという不思議な出来事が発生していた。そんな中、美琴はかねてより流れていた噂である「超電磁砲のクローン」について調べ始める。その数日後、美琴は自分と瓜二つの「妹達(シスターズ)」の一体9982号と出会う。
9982号との交流の中、彼女ら2万体の「妹達」が学園都市最強のレベル5・一方通行(アクセラレータ)をレベル6へ進化させる「絶対能力者進化(レベル6シフト)実験」で一方通行に虐殺されていることを知った美琴は、実験の研究員である布束砥信と協力して、実験を阻止するため奔走する。

アニメオリジナル

武装無能力者集団(スキルアウト)編(テレビアニメ第15話 - 第16話)
「幻想御手」編と「乱雑解放」編の間に挟まれるオリジナルエピソード。
「幻想御手」事件解決後、「武装無能力者」による能力者襲撃事件が多発する。その事件を追う美琴や黒子の前に、「黒い蜘蛛の刺青をした革ジャンの男性」が捜査線上に浮上した。調査を行う内、美琴と黒子は「ビッグスパイダー」なる組織を調査するために第10学区を訪れる。その後、「風紀委員」の事務所から固法の姿が消えていた。
乱雑開放(ポルターガイスト)編(テレビアニメ第20話 - 第24話)
作者・鎌池和馬の監修のもと、「幻想御手」編のその後が描かれたオリジナルエピソード。
8月初旬、学園都市内では正体不明の局所的な地震が頻発していた。そんな折、初春は柵川中学に転校してきた春上衿衣という少女とルームメイトになり、親しくなる。やがて、地震の正体は「RSPK症候群」とわかり、その原因が春上ではないかと疑われ始める。 初春は春上が原因ではないと信じるが、美琴らは逆に疑いを深め、結果として仲の良かった4人に不和が生じ始める。
独自に調査を始めた美琴は、保釈されていた木山と再会する。このRSPK症候群は、木山が、人体実験に使われて昏睡状態になっていた教え子たち「置き去り」を目覚めさせようとした際に発生した現象であった。しかし、テレスティーナ率いる「先進状況救助隊 (MAR)」によって、「置き去り」達は木山から引き離され、研究施設へ移送させられる。
やがて、テレスティーナが春上や昏睡状態の「置き去り」達を使ってレベル6を人為的に創造しようとしていることが発覚する。美琴達は、正体を現したテレスティーナから、春上と「置き去り」達の奪還を目指すため動き出す。

とある科学の超電磁砲SS

(『とある魔術の禁書目録SP』収録)
初春飾利(CV: 豊崎愛生)を主人公とする短編SS。遠隔カージャックのテロ事件が発生し、それを解決するために奔走する初春や黄泉川らを描く、洋画さながらの緊迫感に満ちた作品となっている。なお、SP収録時にキャラクターの名前など一部の内容が修正されている。
8月1日、「ひこぼしII号 追加実験棟モジュール」を輸送中の大型特殊車両「衛星誘導車」が何者かに遠隔指示され暴走する事件が発生。「警備員」から協力要請を受けた初春は第73支部の捜査本部へ赴き、そこで時速120キロメートルで爆走中の衛星誘導車の現状を聞かされる。一方その頃、才郷良太と共に現場にいた黄泉川は、運転手の山岳揚子と接触し、直接衛星誘導車へ乗り移り初春と協力して停止方法を模索する。やがて捜査本部が第三学区国際会議場でのVIP殺害という犯人の目的を突き止め、VIPの安全を最優先に方針転換し出す。初春はそれを阻止するために、単身いまだ暴走する衛星誘導車へと向かう。初春は山岳を説得し、協力して衛星誘導車の停車に成功する。
(テレビアニメ『とある魔術の禁書目録』Blu-ray / DVD初回限定版収録、全8巻)
「学芸都市」を舞台とした長編SS。学芸都市に潜む陰謀に巻き込まれ、それを解決すべく奔走する美琴達の活躍が描かれている。ショチトルやトチトリが所属する魔術結社「翼ある者の帰還」が大きく物語に関わり、また彼女らが『禁書目録』原作15巻・19巻での行動に至った経緯が明かされる。超電磁砲SSだが、アステカ神話の霊装などが登場し魔術的な要素も多く含んでいる。
9月3日、広域社会見学で美琴達は学芸都市を訪れ、浜辺で自由行動を楽しんでいた。しかし、サプライズのショーを見ていると、突如奇妙な機体「雲海の蛇」の戦闘に巻き込まれる。夜になり、ホテルに戻った美琴は独自に調査を進め、成り行きで同行してきた佐天と怪しげな施設へ潜入し、行き着いた格納庫で「係員」のオリーブ=ホリデイと遭遇するも、交戦を回避しその場を立ち去る。
翌日、佐天は褐色の少女ショチトルと出会い、彼女の頼みで水着を買った後共に行動するが、突如都市中で爆発が巻き起こり、ショチトルは都市を立ち去る。その夜、この街やショチトルらの真相が気になった佐天は昨夜の施設へ向かうが、そこでオリーブに拘束されてしまう。翌日、佐天は海岸の岩場でオリーブに海難事故を装って殺されかけるも、ショチトルに窮地を救われる。その夜、美琴達が佐天から事情を聴いていた時、突如武装した「係員」に襲撃されるが、美琴と黒子が応戦し事なきを得る。
翌日、大型救命艇サーモンレッドを使い都市の観光客を脱出させるべく、初春と佐天は避難誘導を行う。美琴と黒子は海上に出現した「太陽の蛇」の子機を迎撃し、黒子負傷後は水分子の翼を使い単身でショチトルと交戦する。最終的には子機の破壊に成功するが、テクパトルらがサーモンレッドを襲撃しようとしたことを知ったショチトルは、佐天の制止を振り切り、途中合流したトチトリと共に「雲海の蛇」を迎撃する。その後、広域社会見学は切り上げられ、美琴達は学園都市へ帰国する。後日のとある場所、ショチトルとトチトリは組織の上層部の元で制裁の審議を受けることになる。
(テレビアニメ『とある魔術の禁書目録II』Blu-ray / DVD初回限定版収録、全8巻)
「ショッピングセンター」を舞台とした長編SS。そこに訪れた美琴が奇妙な都市伝説にまつわる謎の陰謀に巻き込まれ、その真相を探るべく奔走する姿が描かれている。レッサーら「新たなる光」の4人が登場し物語に大きく関わっている。また時系列的には様々な事件の前日譚でもあり、最終話にはそれらの予見を仄めかす描写が存在する。
7月1日、美琴はデモンストレーションの空き時間に「とても価値あるオレンジ」の話を入手し、ニホンダルマでレッサーと接触する。その後「生物爆弾」の事件を阻止したが、「保安員」に容疑者として疑われ拘束を受けてしまう。美琴は事件の解決を図るべく脱走して独自に調査を開始し、レッサーの情報提供をきっかけに「コードEIC」の存在を知る。セタリーへの尋問を経た翌朝、再びニホンダルマへ戻った美琴はレッサーらと情報を交換するが、その際武装した重機の襲撃を受ける。美琴はこれを切り抜け犯人の居所を突き止めるも、犯人は既に消えてしまっていた。
美琴はレッサーと共に事態を整理し、「生物爆弾」実行犯とは別に上層部が黒幕である事実と、学園都市への大規模テロという敵の狙いを掴む。美琴は黒子へ連絡すると、新たに流れた「死のネックレス」の噂から敵を探るよう頼む。それを受けた黒子は初春と共に学園都市内部へ潜入していたテロリストの一団を突き止め交戦の末捕縛するも、その最中に「ウランの置物」と学園都市への核攻撃の可能性が判明する。
美琴はレッサーと共に事態を止めようと動き出すが、コードEICの情報操作によって暴徒化した民衆に襲撃される。二人は暴徒の対処に追われながらもコードEICの深部へと向かって情報を探り、美琴はソーンツェの存在を知る。上層部の死と魔術師の関与を突き止めたレッサーは、独自に敵を探し出してカリーチェらと交戦し、ベイロープ達の参戦や美琴の協力もあってカリーチェらを倒す。だがUAVによる第二次爆破計画が判明し、美琴とレッサーは最後の黒幕ピーター=ウェイルゴの居場所を突き止め捕縛。UAVも撃墜され、テロは未然に防がれる。美琴は学園都市に敵対しようとする組織が出現することに驚きを見せつつ帰国するが、新たなる光は一連の事件はすべて学園都市上層部の掌の上であるという推測を立て、来るべき科学と魔術の戦争に備えるために次の活動を開始しようとする。

レビュー・感想

レビュー・感想のデータがありませんでした。

おすすめ

とある科学の超電磁砲が好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。