とある飛空士への恋歌

基本データ

作品名:
とある飛空士への恋歌
よみがな:
とあるひくうしへのこいうた
放送:
2014年 1月
話数:
全 13 話
制作:
トムス・エンタテインメント
みんなの評価:
話題性:
3
累計平均売上:
データ無し
タグ:

動画サイト

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

第1巻
バレステロス皇国の第一皇子、カール・ラ・イールは、「風の革命」により全てを奪われた。地位、名誉、家、両親、そして本当の名前。残された物は「革命の旗頭、ニナ・ヴィエントへの復讐心」と、牢獄で母と交わした「飛空士になる」という約束の2つのみ。
その後、ミハエル・アルバスに養子として引き取られ、ノエル、マヌエル、アリエル(CV: 竹達彩奈)の3姉妹に暖かく迎えられたカールは、カルエル(CV: 花江夏樹)・アルバス(CV: 花江夏樹)として飛空機械工場の町ベラスカスで生きることになる。
「風の革命」の5年後、バレステロス共和国では元老院による共和政体が機能せず恐怖政治がはびこるようになる。元老院は共和制派、王政復古派、折衷派の3派に割れる。共和制派の失脚によって王政復古派と折衷派の2派の対立が明白になったころ、王政復古派の台頭を恐れる折衷派の使者がカルエルを訪ね、とある提案をする。
その提案の内容は、空飛ぶ巨大な島「イスラ」により、「未だ発見されていない空の果てを発見する」という、“ロマンあふれる旅”に参加すること。
しかし、計画の実態はロマンに取り付かれた一般市民を真の狙いを隠すために使い、王政復古派の貴族と、ニナ・ヴィエントを含めたかつての改革の主導者達の文字通りの“島流し”。
「飛空士になる」という約束を叶えるため、そしてニナ・ヴィエントへの復讐のため、折衷派から学費と生活費の提供を受け、カルエルとアリエルはアルバス家を出て、イスラにあるカドケス高等学校の飛空科に通いながらの長い旅に発つことになる。
第2巻
イスラは「島」という特性故に安定した航空を続け、不安から来る内乱などとは無縁の平和な旅を続けていた。
カドケス高校飛空科に入学したカルエルは、数日前に出会った謎の少女、クレア(CV: 悠木碧)・クルス(CV: 悠木碧)との再会に胸を躍らせていた。ヴァン・ヴィール組のクレアと、センデシュアル組のカルエルが仲良くすることが気に食わないヴァン・ヴィール組のファウスト・フィデル・メルセ達による嫌がらせなどのゴタゴタを抱えつつも、飛空科の学生達はそれぞれ友情を育み、青春の日々が始まろうとしていた。
だが、ある日イスラを偵察する謎の戦空機が出現。イスラ空挺騎士団はこれを撃墜するが、旅の前途に不安が翳り始める。
第3巻
8月の強烈な日差しの下、空族との戦闘に備えた過酷な陸戦訓練が行われる中でも、学生達は恋と友情を育んでいく。イスラはついに聖泉に到達し、視界の果てまで広がる美しい海の噴水に人々は歓喜する。しかし、聖泉は着水不能の不便な海域でもあった。いつ終わるとも知れない節電を強いられ、次第に残電力が減っていくある日、イスラは空族から一方的な宣戦を布告される。
あまりの戦力差に騎士団だけでは手が足りず、ミツオ(CV: 浜添伸也)チハル(CV: 田野アサミ)は索敵任務、ヴァン・ヴィール組22人とカルエル、アリエル、ウォルフガング(CV: 丹沢晃之)、マルコの4人は迎撃、センテジュアル組は陸戦で拠点防衛にそれぞれ参戦することになる。しかし「イスラを守る」という純粋な気持ちは空族にへし折られ、圧倒的な戦力差の前についに戦死する学生も出て・・・。
未知勢力「神聖レヴァーム皇国」も出現し、イスラの旅は新たな局面を迎える。
第4巻
空族との戦闘で、ヴァン・ヴィール組は全滅。センデシュアル組からも2人の戦死者が出て、飛空科学生48人中24名が戦死する。さらに、重軽傷を負った学生も数多く、彼らは戦闘の恐ろしさを思い知った上、仲間を失ったことにより心に深い傷を負う。
クレアは、正体を隠し続けたことによる罪悪感に苛まれ続け、カルエルと互いの正体を知り合ったことをきっかけに飛空科を退学。カルエルも、初めて愛した人が憎み続けてきた敵、ニナ・ヴィエントであることに激しいショックを受けてしまう。だが、容赦のない空族の攻撃は続き、彼らは傷も癒えぬ内に再び残酷な戦いの空へと飛び立つことを求められる。出撃を決意したカルエル、イグナシオ(CV: 石川界人)ノリアキ(CV: 下野紘)ベンジャミン(CV: 立花慎之介)の4人の奮闘により、超弩級戦艦ルナ・バルコは長距離砲撃戦を制するが、戦艦を失ってもなお圧倒的な空族戦力の前に、ニナ・ヴィエントを乗せたまま撃沈寸前に追い詰められてしまう。しかしその時、ニナ・ヴィエントが再び風呼びの力を取り戻し・・・。
さらに、未知勢力「神聖レヴァーム皇国」所属の戦艦「エル・バステル」が援軍に加わり、形勢は一気に逆転する。戦闘後、神聖レヴァーム皇国との歓談に沸くイスラだが、空族からひとつの書簡が投下される。
第5巻
先の戦闘を通じてようやくニナへの恨みを捨て去り、クレアと心を通わせたカルエル。だが、イスラとの休戦交渉に当たって、空族が出した要求は風呼びの少女ニナ・ヴィエントの身柄であった。出立の日の朝、イグナシオの手引きにより機会を得て、カルエルはクレアに想いを伝える。そしてクレアもまた、カルエルへ自身の想いとお守りを残す。
聖泉を通過したイスラは、途中寄港した「神聖レヴァーム皇国」に移住を決意した5000名を降ろし、さらにレヴァームでの補給と護衛艦隊の合流を果たし、再び空の果てを目指して旅を続ける。
途中で空族に遭遇しながらも通過権により戦闘を避け続け、ついに空の果てに到着する。明らかになった世界の姿は、平面世界の周りを星が回るという物。大瀑布は平面世界の「段差」であり、聖泉は空の果てで石畳に還った海水が噴出しているもの、そして、「空の果て」は水の落ちない工夫であり、物質が終わり、石畳へと還る場所だった。イスラもまた、数々の思い出を乗せたまま空の果てで石畳へと還っていく。
イスラからレヴァーム艦隊に避難し、帰路についた艦隊は、途中で寄港した人の住む島に永住を決意した人々を下ろしながらもレヴァームに到着。新たな派遣艦隊に乗り換え、バレステロスに3年振りに帰還する。
カルエルは、かつての身分と名カール・ラ・イールを全世界に明かす。目的は、名前を利用してニナ・ヴィエントを奪還すること。凱旋式典でアメリア、ルイスの後押しを受けて演説を行い、「引き裂かれた悲劇の恋人」「革命の旗頭と革命により地位を奪われた皇子の禁断の恋」という歴史的ロマンスに熱狂した人々は、彼らの恋、そして奪還作戦を支持する。
失策を帳消しにしたい政治家や、空族との貿易で利益を得たい実力家たちとの利害も一致し、ニナ奪還のために超大規模艦隊「第二次イスラ艦隊」を編成し、カルエル自身も単座戦空機に乗り込み、ニナ・ヴィエント奪還に旅立つ。
イスラの旅から28年後、ナナコ(CV: 南條愛乃)・ハナサキ(CV: 南條愛乃)による回顧録「空の果てのイスラ」により、イスラの旅の全貌が世界に向けて明かされる。

キャスト

カルエル・アルバス 花江夏樹
クレア・クルス 悠木碧
アリエル・アルバス 竹達彩奈
イグナシオ・アクシス 石川界人
ノリアキ・カシワバラ 下野紘
ベンジャミン・シェリフ 立花慎之介
ミツオ・フクハラ 浜添伸也
チハル・デ・ルシア 田野アサミ
シャロン・モルコス 早見沙織
ナナコ・ハナサキ 南條愛乃
ウォルフガング・バウマン 丹沢晃之

レビュー・感想

レビュー・感想のデータがありませんでした。

初月無料で大量アニメ見放題音楽聴き放題
ギフト券購入でクレジットカード不要。

おすすめ

とある飛空士への恋歌が好きな人には以下の作品がおすすめです。

人気作品ピックアップ

喰霊-零-

喰霊-零-

asread.
2008年 10月 ~

BLACK LAGOON

BLACK LAGOON

マッドハウス
2006年 4月 ~

偽物語

偽物語

シャフト
2012年 1月 ~

ISUCA

ISUCA

2015年 1月 ~

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。