となりのトトロ

基本データ

作品名:
となりのトトロ
公開:
1988年 4月
みんなの評価:
話題性:
21
累計平均売上:
データ無し
タグ:

動画サイト

視聴可能な公式サイトが見つかりません。

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

キャスト

サツキ 日髙のり子
メイ 坂本千夏
とうさん 糸井重里
かあさん 島本須美
カンタ 雨笠利幸
ばあちゃん 北林谷栄
カンタの父 広瀬正志
カンタの母 丸山裕子
先生 鷲尾真知子
本家のばあちゃん 鈴木れい子
草刈り男 千葉繁
トトロ 高木均
ネコバス 龍田直樹

スタッフ

作画 佐藤好春
美術 男鹿和雄
音楽 久石譲
原画 丹内司
金田伊功
近藤勝也
大塚伸治
篠原征子
遠藤正明
河口俊夫
田中誠
二木真希子
山川浩臣
田川英子
背景 松岡聡
武重洋二
野崎俊郎
太田清美
吉崎正樹
菅原紀代子
アトリエブーカ
撮影 白井久男
スタジオコスモス
色指定 水田信子
調整 井上秀司
演出助手 遠藤徹哉
尾崎和孝 吉田肇
長野順一
大田正之
北村直樹
山本剛
山浦由加里
伊藤広治
石井明子
川村忠輝
宮崎なぎさ 吉田肇
長野順一
大田正之
北村直樹
山本剛
山浦由加里
伊藤広治
石井明子
川村忠輝
坂野方子 吉田肇
長野順一
大田正之
北村直樹
山本剛
山浦由加里
伊藤広治
石井明子
川村忠輝
コマサ 吉田肇
長野順一
大田正之
北村直樹
山本剛
山浦由加里
伊藤広治
石井明子
川村忠輝
諸橋伸司 吉田肇
長野順一
大田正之
北村直樹
山本剛
山浦由加里
伊藤広治
石井明子
川村忠輝
大谷久美子 吉田肇
長野順一
大田正之
北村直樹
山本剛
山浦由加里
伊藤広治
石井明子
川村忠輝
槇田喜代子 吉田肇
長野順一
大田正之
北村直樹
山本剛
山浦由加里
伊藤広治
石井明子
川村忠輝
田中立子 吉田肇
長野順一
大田正之
北村直樹
山本剛
山浦由加里
伊藤広治
石井明子
川村忠輝
松井理和子 吉田肇
長野順一
大田正之
北村直樹
山本剛
山浦由加里
伊藤広治
石井明子
川村忠輝
服部圭一郎 吉田肇
長野順一
大田正之
北村直樹
山本剛
山浦由加里
伊藤広治
石井明子
川村忠輝
水谷貴代 吉田肇
長野順一
大田正之
北村直樹
山本剛
山浦由加里
伊藤広治
石井明子
川村忠輝
椎名律子 吉田肇
長野順一
大田正之
北村直樹
山本剛
山浦由加里
伊藤広治
石井明子
川村忠輝
遠藤ゆか 吉田肇
長野順一
大田正之
北村直樹
山本剛
山浦由加里
伊藤広治
石井明子
川村忠輝
手島晶子 吉田肇
長野順一
大田正之
北村直樹
山本剛
山浦由加里
伊藤広治
石井明子
川村忠輝
岩柳恵美子 吉田肇
長野順一
大田正之
北村直樹
山本剛
山浦由加里
伊藤広治
石井明子
川村忠輝
前田由加里 吉田肇
長野順一
大田正之
北村直樹
山本剛
山浦由加里
伊藤広治
石井明子
川村忠輝
竹縄尚子 吉田肇
長野順一
大田正之
北村直樹
山本剛
山浦由加里
伊藤広治
石井明子
川村忠輝
岡部和美 吉田肇
長野順一
大田正之
北村直樹
山本剛
山浦由加里
伊藤広治
石井明子
川村忠輝
新留理恵 吉田肇
長野順一
大田正之
北村直樹
山本剛
山浦由加里
伊藤広治
石井明子
川村忠輝
岡田正和 吉田肇
長野順一
大田正之
北村直樹
山本剛
山浦由加里
伊藤広治
石井明子
川村忠輝
山懸亜紀 吉田肇
長野順一
大田正之
北村直樹
山本剛
山浦由加里
伊藤広治
石井明子
川村忠輝
日暮恭子 吉田肇
長野順一
大田正之
北村直樹
山本剛
山浦由加里
伊藤広治
石井明子
川村忠輝
渡辺恵子 吉田肇
長野順一
大田正之
北村直樹
山本剛
山浦由加里
伊藤広治
石井明子
川村忠輝
福冨和子 吉田肇
長野順一
大田正之
北村直樹
山本剛
山浦由加里
伊藤広治
石井明子
川村忠輝
編集助手 足立浩
効果助手 小野弘典
プロデューサー 原徹
カール・メイセック
リック・デンプシー
原作 宮崎駿
脚本 宮崎駿
グレゴリー・スネゴフ
監督 宮崎駿
演出 グレゴリー・スネゴフ
リック・デンプシー

レビュー・感想

しっかり者で妹思いのさつき、そして好奇心旺盛な妹のメイがひょんなことからトトロ達に出会い夢のような世界に浸る名作作品。昭和30年代の香り漂う、どこか懐かしい気持ちになれる作品です。
昨日の金曜ロードショーで放送されていたのを見たけれど、プロの声優たちの演技力に圧倒されました。
今まではストーリーや絵の見事さに感動してたけど「トトロ」を見て声優の演技に感動したのは今回が初めて。
特にメイ役の坂本千夏さん。姉のサツキと喧嘩して泣き叫ぶシーン。あの演技は、芸能人たちには絶対出来ないでしょう。
最近のアニメはプロじゃない人たちが起用されるので(ゲド戦記を見た後だけに)余計に感動しちゃいました。これぞプロの仕事。
それとメイが行方不明になって、サツキが一番最初にメイの行方を聞いたおじさんの声、千葉繁さんでした。昨日初めて気付きました。
初めてこの映画を見たのは幼稚園生ぐらいの事でした
当時は面白くて何度も見直してました
森に行くとトトロや猫バスに会える、見るたびに何度もワクワクしながら見てました
しかし最近になって見返してみると子供の頃とはまた違った感覚があります
まず目がいったのはその世界観でした
このような時代には僕は生まれてませんでしたが、懐かしい感じがしました
子供の頃はトトロにばっかり目がいっていましたが
今度はさつきやメイに目がいくようになりました
真っ黒くろすけを見つけたり、トトロに会いに森に行ったり、バス停で猫バスに会ったり、隣のばっちゃんが作った野菜をおいしそうに食べたり・・・なんだかとても幸せそうな感じがしてこっちも幸せな気分になってきます
大人も子供も楽しめるこの作品
いつまでも残していきたいこの作品
皆さん一度ご覧になってみてください
ナウシカでは、人類の未来という風の谷へ飛んでくれました。
ラピュタでは、大空の雲の向こうにあるという、伝説の宝島へ連れて行ってくれました。
今度は、トトロで日本の昭和の夏空へ、飛んでみませんか?
冷たく冷えたキュウリ、トマト。背の丈ほどもある、トウモロコシ畑。
風が流れる、藍の稲穂。天までそびえる楠。雨に濡れる祠。バス停・・・
僕は、小学校の頃、母の田舎で地元の男の子達と、山で、海で
真っ黒になって遊び尽くした、夏休みの一ヶ月が思い出されてならないのです。
それはトトロに負けないくらい、楽しく刺激的だった、大切な思い出。
その思い出があるからこそ、より本作が引き立って見えるのかもしれません。
子供たちは、純粋にトトロに釘付けとなり、
大人たちもノスタルジーに浸りながら観る。
ホントウに世代を超えて観ることができる映画が、いったい
他に何本世の中に存在するでしょうか?
誰もが、あったかい、懐かしい気持ちでいっぱいになって
観ることのできる、これこそ世界に誇れる大切な作品だと思います。
日本人以外には理解できないのかも知れませんが、
それだっていいじゃないですか☆イイものはイイ。
他者の、他国の評価が絶対とは決して限らないと思います。
自身の目で見た、感じたことこそが、大切なんですよね。
「サツキやメイがいる時代(昭和30年代)で暮してみたいですか?」
と尋ねられたら恐らくこの作品に魅せられた人なら間髪入れず
「暮らしてみたい!!」と、言うのではないだろうか。
私もそのように即答するかもしれない。
が、しかし本当にそうなのか??とも思う。
「道が雨でぬかるみ、電話は人の家のを使わせてもらい、
風呂に入るのに毎日のように薪を取ってきて焚き、水は外の井戸に汲みに行き、
家にクーラーはなく、おまけにテレビはない。それでも、暮してみたいですか??」と、
丁寧に尋ねられたら恐らく、
「ちょっと考えさせて下さい」と、言うだろう。
皮肉な話だが、「ちょっと考えさせてください」と思うような時代を脱却する為に
我々が現代社会を作ってきたとも言える、ということである。
率先して「不便な社会」を「便利な社会」に変えてき ...
100回の鑑賞に耐え得る映画というのは本当に少ないと思いますが、これはそのうちの一つだと思います。「となりのトトロ」は、アニメというジャンルに限らず、今までに公開されたすべての映画の中で、最も優れた100本に入るのではないでしょうか。
今もなおファンを魅了し続ける世界観。
昭和初期が舞台でありながらも、
キャラクターである子供たちは普遍である、ということをこの作品ではしっかし示しています。
そして、子供だけがみることができる、「トトロ」の存在も。
誰しもが通ってきた道を、この作品では見事に映像化し、
そして作品として昇華させている。
結果として、今なおファンを魅了させる「クラシック」となりえた作品。
ある意味、奇跡のような作品ですね。
素晴らしいです。
è±èa¨a¨è±èaèa£é--2¨¡"¨£'3-\¬èa¨è¿'"¿è¨3¨"¨a¨¿a1¿a£è ̄§¡¨"a-\¬èaa§ ̄¨-'äé¨' ̄ä...±é¨"¨§-äoo ̄¶" '-\¬èa3äoéé"£¨\§ ̄ ̄1 £

初月無料で大量アニメ見放題音楽聴き放題
ギフト券購入でクレジットカード不要。

おすすめ

となりのトトロが好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。