となりの怪物くん

基本データ

作品名:
となりの怪物くん
怪物くんシリーズ)
よみがな:
となりのかいぶつくん
放送:
2012年 10月
話数:
全 13 話
制作:
ブレインズ・ベース
みんなの評価:
話題性:
25
累計平均売上:
1,744 枚/
タグ:

動画サイト

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

主人公・水谷雫(CV: 戸松遥)は、幼少期からトップの成績を取ることしか興味が無く、生き物に対しての慈しみも乏しい。小学生時、クラスで飼っていたウサギが死に、皆が悲しむ中でも宿題を優先する発言をし、周囲から「ドライアイス」とあだ名をつけられるような勉強の虫だった。

高校へ入学して間もなく、担任から隣席との理由で依頼されプリントを届けたことがきっかけで、入学式当日に流血事件を起こし停学処分解除後も不登校を続ける問題生徒・吉田春(CV: 鈴木達央)(通称『ハル』)と知り合う。

本当の友達がいないハルの思い込みや勘違いも手伝い、非常に気に入られ、迷惑しながらも雫はハルの世話を焼くようになる。やがてハルは登校を始め2人の感情に友情が芽生え、次第に恋愛に近いものに変化していく。

実は頭脳明晰だが暴力的で奇行が目立つため友人を求めながらも孤立してきたハルと、成績こそ全てと優秀な自分を維持するために他人との関わりを排除してきた雫、不器用な2人が出会った事により、取り巻く人間関係もそれまでとは大きく変わっていく。

レビュー・感想

アニメのストーリーそのものは、
他のレビューの通り、とてもおもしろい。
けど、
原作を読んだことがある人にとっては、
声の雰囲気(=声優)がイマイチ、
と感じるかもしれない。
ミッティこと水谷雫の声が、
戸松遥さんでは、
少し柔らかすぎる印象を受けた。
もう少しクールな印象を
作ってもらえたら、と思う。
もし購入を検討しているのであれば、
一度ネット上のサイトで、
声を聴いてからの方がいいと思う。
いわゆる学園ラブコメで、パターンは出尽くしているとおもって観ていましたが、そんな考えが甘かったということを再認識させてもらった作品です。直球なラブコメで、軽快なテンポと間の良いギャグで上手く作品に引き込んでくれますが、ドライアイスと呼ばれるくらいの完璧主義な雫が、人としては不完全ながら才能的には超人・吉田の不器用で小学生のような恋がどう転がっていくのか、続きが見たくてしようがありません。すれ違いというよりはかみ合わない二人が、じわじわとかみ合っていく姿は、まるでスルメを噛んでいるような気分でじわじわと後から面白くなっていきます。ラブコメ好きの方は必見!おススメしたい観て損はない作品だとおもいます。
第3話、第4話収録です。
この巻ではヒロインの雫がはっきりと自分の気持ちを自覚し、ハルに伝えます。
少女マンガのヒロインは、どうしても、すぐに泣き出したり情緒不安定になりがち。
しかしそこへきて、この作品のヒロイン・雫の安定ぶりは目を見張るものがありますw
恋をしても自分を見失わず、しっかりと自分の足で立っている、非常にクールでかっこいいヒロインだと思います。
その男前ぶりに、ヒーローであるハルのほうが逆に、ヒロインのようにときめいたりしていますw
とても細かいつくりで、主役二人だけでなく脇役の動き、さらには次回予告でまで楽しませてくれる傑作ラブコメです。
まぢ面白いです!
癒されますね♪
内容 多少ネタバレ
主人公・水谷雫は、幼少期からトップの成績を取 ることしか興味が無く、生き物に対しての慈しみ も乏しい。小学生時、クラスで飼っていたウサギ が死に、皆が悲しむ中でも宿題を優先する発言を し、周囲から「ドライアイス」とあだ名をつけら れるような勉強の虫だった。
高校へ入学して間もなく、担任から隣席との理由 で依頼されプリントを届けたことがきっかけで、 入学式当日に流血事件を起こし停学処分解除後も 不登校を続ける問題生徒・吉田春(通称『ハ ル』)と知り合う。
本当の友達がいないハルの思い込みや勘違いも手 伝い、非常に気に入られ、迷惑しながらも雫はハ ルの世話を焼くようになる。やがてハルは登校を 始め2人の感情に友情が芽生え、次第に恋愛に近 いものに変化していく。
実は頭脳明晰だが暴力的で奇行が目立つため友人 を求めながらも孤立してきたハルと、成績こそ全 てと優秀な自分を維持するために他人との関わり を排除してきた雫、不器用な2人が出会った事に より、取り巻く人間関係もそれまでとは大きく変 わっていく
かなり面白い
3話まで視聴しました。
癒し系少女マンガの王道をいくような、スレンダーなカップルによるベタな展開と思いきや、
これがなかなか面白い。色彩や細やかな表情、声優陣の演技、どれをとってもすばらしい。
嫌味のない清潔感は、さすが少女マンガ。
今期の対抗馬「好きって…」と比べて、私はこの作品の雰囲気が圧倒的に好みです。
今後の展開次第では、今期アニメのダークホース的存在になるのではないかと期待しています。
最初、アニメを観ました。
それが予想以上に面白かったので、すぐに原作を大人買いして読みましたw
そしてそれを踏まえてもう一度アニメを観ました。
やっぱり面白かったです。
話の内容は、原作を忠実には再現してませんが、基本的な流れはちゃんと押さえてると思います。
雫とハルの会話のテンポの良さもバッチリ映像として表現されてます。
とまっちゃんも思った以上に雫にマッチしてますし。
あと、夏目さんを演じるたねちゃんがほんとにいいですね。
たねちゃんは、裏ではすでに数々の作品で名演してて、僕も大好きだったのですが、表に本格参戦することになった本作でより大好きになりました。
なんというか、彼女の声には男を惑わす魔力がありますねw
この調子なら最後まで期待出来そうです。
『となりの怪物くん』はギャグ要素も高くて面白く、恋愛要素もあって見ていてどきどきして、アニメーションも綺麗でDVDを買いたくなるほどでした! なにより春のキャラクターに惹かれました(*'ω`*)! 1話で話が綺麗にまとまっているので続きが…てことにもならないと思います。 DVDの書き下ろしイラスト、ポストカードも可愛いくて素敵です*^^ 完全生産限定盤には雫と春が歌う曲が入ってるのですが、すごく落ち着いた曲で私にはもう少し元気な感じでもいいのに…と少し残念に感じでしたので★4つです!
作品の感想は他の方がレビューされているので、自分は商品についてのレビューを。
パッケージは取り出しやすいシンプルな仕様です。
無駄にパッケージが凝ってて、取り出しにくい仕様にならなくてよかったなと思いました。
カラーブックレットはページも内容も薄くてがっかりしました。
作品の設定資料とか監督のインタビューとかもうちょっと情報を載せて欲しかったなと。
なので☆マイナス1で。
ろびこさん書き下ろしパッケージの裏側にろびこさん書き下ろしの4コマが二編のっていました。
ちなみに1巻のパッケージ裏にも書き下ろし4コマが一編掲載されていました。
どうやらパッケージ裏には毎回4コマが付いてくるっぽい?
以下4コマの内容に触れているので、ネタばれが嫌な方はスルーをお願いします。
第2話「変」の4コマは夏目さんが雫と春の二人に話しかけるまでの紆余曲折(いらん心配ともいう)
を描いた内容で笑えましたww夏目さんアホ可愛いよ夏目さん。
第3話「やっかい」の4コマはササヤンがなぜ名古屋を飼えなかったのか衝撃の新事実wが明らかになります。
顔は出てこないけど、ササヤンの兄弟らしき人達がちらっと出てきたり。
読まなくても別に差しさわりのない内容なんですが、こういうおまけは嬉しいですねw
ドラマCDとサントラが付く巻だけを買おうと思ってたんですが4コマ目当てに全巻購入することにしました。

初月無料で大量アニメ見放題音楽聴き放題
ギフト券購入でクレジットカード不要。

おすすめ

となりの怪物くんが好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。