はじめの一歩 Champion Road

基本データ

作品名:
はじめの一歩 Champion Road
はじめの一歩シリーズ)
よみがな:
はじめのいっぽ
放送:
2003年 4月
制作:
マッドハウス
みんなの評価:
話題性:
0
累計平均売上:
データ無し
タグ:

動画サイト

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

レビュー・感想

自分は本誌でこの漫画を読んでいるのですが、
やはり動くアニメと漫画では比べ物にならない迫力がありますね。
キャラクターの動き、汗や鼓動、パンチが決まった時の音、
すべてが本物のボクシング試合のようです。
新人王戦のリベンジに燃える千堂と激しい死闘繰り広げた全日本フェザー級タイトルマッチから、初防衛戦までのTV2時間スペシャルです。
一歩が千堂からベルトを取ったタイトルマッチはダイジェストで紹介し、メインとなる、初防衛戦までの一歩を描いています。
制作陣の力量と情熱がハンパない、すごい仕上がり
たとえば、一歩の左フックの重さや
皮膚下の筋繊維の軋みをアニメで表現するなんて…
アニメで「人間」の「アクション」を描くことは
一番難しいことのひとつなんじゃないのかな… 頭が下がります
原作に対するリスペクトをすごく感じる、大満足の一本ですね
テレビスペシャルだからこそ原作に忠実な構成にしてあるというのに、なにか意味のわからぬ不満を書き込んでいる人がいるみたいだけど、自分から言わせればまだまだはじめの一歩を理解できていないとしか思えないですね。
選曲も入れるタイミングも○です。真田戦の場合はラストのデンプシーの場面ではむしろ曲がなく静かな方が合ってるんです。防衛戦の中でもこの試合は特殊ですからね。知ったかの批評はほっときましょう。
間違いなく☆5つの出来です!通にはわかります。
2001年から日本テレビ系列で深夜放送されていた「はじめの一歩」の特別編。日本フェザー級チャンピオンになるまでを描いた深夜放送を踏まえて、チャンピオン・幕之内一歩の初防衛戦が描かれる。
初視聴者向けのツカミとして、深夜放送のクライマックスをオープニングに使用。画は全て新規に描き起こしたようで、深夜放送版とは段違いのクオリティだったのに驚愕。特に音に関しては、ガヤやパンチを繰り出す際のSEの密度や、音場の前後左右の分離も段違い。何しろ、場内の歓声が後方定位してしまう。
ただ、一歩のパンチで対戦相手の顔が必要以上にきしみ、鮮血がほとばしるというような細かさは、(無意味な暴力表現と解釈されるという意味で)無用だったと思う。
随所にこの「細かさ」を間違えたように思える違和感があって、スカッ!と突き抜けるような作品とならなかったのが、残念。
象徴的なのは、主人公の一歩と、片想い相手の久美との絡み。一歩に告白させる、させないの腕相撲騒ぎに10分強もの時間を費やすのは、時間的な制約のあるスペシャル番組では、ただの無駄。(そもそも一歩と久美との絡みは、最初と最後にそれとなく匂わせれば、十分な程度の関係でしかない。原作においても、関係が遅々として進行しないのだから)
試合自体の試合の流れ、盛り上げ方も本当に残念。「InnerLight」(二代目主題歌)の使い方などは、身悶えするほどの酷さ。ほんの少しだ ...
日本王者・一歩の初防衛戦、対 真田一機戦一本に絞った作りがやはりいい。それにしてもこのアニメは、森川ジョージさんの原作をリスペクトしているのが痛いほどよくわかる…そんな制作陣の作品に賭ける愛情を感じずにはいられない。静止画である傑作漫画を、動画であるアニメで遜色なく変換するためには、この深い愛情なくしては成功し得ない…そんな見本のような作品である。本作は映画尺に相当するテレビ用の長編スペシャルだったが、原作+アニメ旧来のファンだけが楽しめるような独りよがりにはなっていない、物語としての完成度をしっかり見据えた硬派な姿勢に好感を覚える。ラストの頃には観る者全てのハートが熱くなっていることだろう。稀に見る傑作青春アニメだ。
開始数分で、完全にこの作品に引き込まれました。
オープニングタイトルまでの千堂戦、何度見ても燃えます!
スマッシュを回避し、渾身のリバーブローを今まさに放たんとする一歩の躍動感。
(一部で)OPとしてよりBGMとしての評価が高いInnerLightが流れ、
必殺のデンプシーロールが炸裂するあたりなどは、一歩ファンなら思わず拳を握りこんでしまうでしょう。
メインの真田戦は言うに及ばず、ジム内腕相撲戦なども上手く再現されており、
初めから終わりまで退屈せずに観れると思います。鷹村の表情などは本当に見事。
全編通してSE・BGM・声優がマッチしており、それぞれのシーンで臨場感・緊迫感などをばっちり盛り上げてくれます。
(試合実況の方の声の裏返り方なども必聴です)
スペシャルということで、一部表現や効果が過激になっており賛否が分かれるところですが、
個人的にはこのくらいは全然有りではないかなと思います。
DVDメニューも遊び心溢れた作りになっていて面白いですよ。
まだ観たことが無い人、本当におすすめです!
講談社・週刊少年マガジン連載/森川ジョージ原作の
金曜特別ロードショーTVアニメSP「はじめの一歩〜Champion Rosd〜」を収録したDVDです。
日本フェザー級王者となった主人公・幕之内一歩の初防衛戦を描いており、
今までの挑戦者という立場から、狙われる立場となった彼の心身の緊張感を見事に捕らえています。
(※TVアニメ版の続編にあたるため視聴の際には要注意です。)
それを逆手にとった挑戦者の試合運びの老獪さも巧妙です。
今まで通りと言い聞かせるほど圧迫される心の動悸。
試合開始後も空回りし続け、自分の試合運びもままならない様は
王者にとって一番困難だと言われる初防衛戦の難しさも鋭く描写しています。
TVアニメ版をさらに上回る大胆過激な仕上がり・必殺技デンプシーロールの演出も唸ります。
特攻の覚悟で挑む、最後の最期までどちらが勝つのか分からない
精神力の限界を超えた攻防戦に目が離せません。
短時間で収縮した感は否めないものの、原作ファンも納得の完成度の高さに感動必至です。
個人的にはデジタル彩色のギラギラした色味と5.1chの音響面もバランスが悪く残念でした。
あとはDVDメニュー画面は必見ですね。
あれほど画面の動きを巧みに挿入したスタイリッシュ&クールなメニューは初めてです。

初月無料で大量アニメ見放題音楽聴き放題
ギフト券購入でクレジットカード不要。

おすすめ

はじめの一歩 Champion Roadが好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。