ひぐらしのなく頃に解

基本データ

作品名:
ひぐらしのなく頃に解
話数:
全 24 話
制作:
スタジオディーン
みんなの評価:
話題性:
42
累計平均売上:
5,768 枚/
タグ:

動画サイト

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

あの「雛見沢大災害」から20数年後。公安捜査官・赤坂と警察を引退した大石たちは、ある女性に会おうと長い間閉鎖されていた雛見沢村を訪れる。レナが学校に篭城したあの日…。服毒自殺をした入江。何者かに殺された梨花。そして、唐突に起こった村のすべてを飲み込むガス災害…。はたして雛見沢大災害の真実とは?

キャスト

前原圭一 保志総一朗
竜宮レナ 中原麻衣
園崎魅音 雪野五月
園崎詩音 雪野五月
北条沙都子 かないみか
古手梨花 田村ゆかり
羽入 堀江由衣
大石蔵人 茶風林
富竹ジロウ 大川透
鷹野三四 伊藤美紀
入江京介 関俊彦
知恵留美子 折笠富美子
北条鉄平 宝亀克寿
赤坂衛 小野大輔

レビュー・感想

最初このアニメを見た時は、原作を知らなかったので、ひぐらし解でも、圭一が主人公で謎を解き明かすとばかり勝手に思ってたのですが、実際は真の主人公がいて、その子は確かに1期でも色々と際立ってたな〜という印象で、だから、あの時にああいう行動をしてたのか〜とか色々と考えながら見ると楽しいです。圭一、レナ、梨花ちゃん、沙都子、魅音、詩音らキャラクターのひとりひとりに魅力があると思います。雛見沢で起こる謎の真相に、どう立ち向かうかは皆さんの目で確かめてください。
自分は「ひぐらしのなく頃に」という作品は原作は知らずにTVアニメで初めて知りましたが、面白いです!
前作の完全な続編となる本作ですが、タイトルの通り前作のTVアニメ版で残された謎についての真相が描かれています。内容としては新キャラが出てきますが基本的に前作のアニメ「ひぐらしのなく頃に」にかなりリンクした話なので、まずは、前作を視聴しておくのが良いかと思います。
本作の感想としては、内容が「雛見沢事件」の真相に迫る話なのでホラー&スプラッターな展開の前作に比べると今回は推理小説の謎解きの様な展開があり、全体的に説明的なシーンが多くて作品として少し地味に感じました。とはいっても、やはりストーリーが面白く、単なる猟奇殺人事件の真相に迫るだけで無く、アクションやタイムトラベル的なSF要素などもあり、話の内容がバラエティーに富んでいるのでかなり楽しめます。
また、アニメは最終回が重要だと個人的に思っているのですが、本作ではしっかりと事件は解決され、エピローグまで描かれているので好感が持てました。印象としては前作同様にアニメとしては良作だと思います。
この作品は惨殺、スプラッタアニメではない。
確かにその様な表現が存在しますが、その様な事をした場合それぞれのキャラが必ず
「お前はバカだ。どうして相談してくれなかった!」と仲間の誰かが必ず叱責する。
むしろ、その様な行為を全力で否定してるじゃないかと・・・
惨殺、スプラッタ物であると主張される方が多いようですが、第一期の見た上でそれを
言ってるのだとしたら、何を見ていたのかと思います。
圭一から何を学んだのかと思います。
最後まで仲間を信じる事じゃなかったのですかと思います。
特にこの解になってから「その運命」に圭一と梨花は敢然と立ち向かい、極限状態の
仲間を救出するために、クラスが団結し、更には雛見沢が団結する感動的なストーリー。
「あの事件」関連で、これが惨殺・スプラッタ物に該当すると言われる方が多い様子
ですが、作品の本質をまるで見ていないとしか思えません。
やっと始まりました、「ひぐらしのなく頃に解」!
この第二期で「ひぐらし」の物語は一応完結になると思いますが、
「祭囃し編」等の原作者の意思をスタッフがどう読み取るかがもんだいですね・・・
それと今回は、一目瞭然かと思われますが、作画が第一期と比べ、格段に向上しています。
これは喜ばしい事ですね、イマイチ第一期の作画が気に入らず、まだ見ていない人もいるのではないでしょうか?
そういった方々もこれは良い機会になると思います。
見てもいないのに作品をけなす人間がいますが、そういった人には分からない奥深さが
この作品には込められています。
実際にサスペンスとホラーと謎解きをごっちゃにした感じですからね・・・
人間は自分への理解を編集したがる生き物だと思います。
しかし、そのような行為の結果はいつでも悲劇に繋がってきたと思います。
民族主義、歴史の改変、洗脳教育、などなど、、、。
大事なのは、綺麗ごとだけではない、人間の限界と現実を知ることだと思います。
だからこそ、自分自身や他の人間に対し謙虚になれるのだと。
人は人を殺す欲求を持っており、それは他の感情と同じく、シチュエーションがそれを引き出すのだと思います。
実際、昔の人々は個々人の「殺意」を肯定し、受け入れ共生してきました。
世界中で一世紀も昔には「決闘」という個人間の紛争解決が普通に行われていたのです。日本では刀で、アメリカなら西部劇、ヨーロッパではフェンシングなど、、、。
普遍的な感情である「殺意」をまるで異常者のみしか持ち得ない素質として完全に無視し、排除 ...
漫画は面白くなかったし、アナログ人間なのでゲームはやり方がわからないのでアニメを選びました。
前作の謎がどんどん解かれていって面白かったです。
サスペンス要素を前面に打ち出した宣伝をしている割に、肝心のサスペンスは破綻しており
スプラッタで客を驚かせる、喜ばせる内容になっている点に注意。
これをサスペンスと言っている人は、一度西村京太郎でも小杉健治でも読んで欲しい。
本物のサスペンスを味わえる事は間違いない。
ひぐらしの元ネタになっている「七夕の国」という作品の方が、もっと怪奇サスペンスだった気がする。
「解」と呼ばれるくらいだから、謎解きがされるのかと思いきや
最終的には、神だの病気だのという話になっている。
神の所業や、実は病気でしたっていうのは、謎解きではない。
サジを投げた感が半端なかった。
ただ、それを補って余りある展開の怒涛さには恐れ入った。
昔からある手法(YU-NO等)だが、さすがに循環シナリオは熱い展開が多くて見ていて楽しい。
原作では ...
この商品を持っている分けではありませんが、某衛星放送で放送していたのを見たので内容の方を評価させていただきます。
率直に言うと、スプラッタ系ホラーです。推理的な要素はほぼありません。しかし、うまく言葉で説明するのは難しいですが、「解」の方も見ると、タイトルを繰り返すようですが、かなり奥が深いです。 泣ける要素もあります。
ともかく、購入を検討されている方は過激な表現が多くあることを覚悟した上で購入したほうがいいでしょう。
ちなみに、個人的には12禁かなと思います。

初月無料で大量アニメ見放題音楽聴き放題
ギフト券購入でクレジットカード不要。

おすすめ

ひぐらしのなく頃に解が好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。