エウレカセブンAO

基本データ

作品名:
エウレカセブンAO
よみがな:
エウレカセブン エーオー
放送:
2012年 4月
話数:
全 24 話
制作:
ボンズ
みんなの評価:
話題性:
13
累計平均売上:
4,223 枚/
タグ:

動画サイト

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

西暦2025年。日本から独立した沖縄の磐戸島に住むフカイ(CV: 本城雄太郎)・アオ(CV: 本城雄太郎)。彼は幼い頃より周囲の人々から疫病神扱いされて育ったが、義理の祖父のおかげでひねくれることはなく、素直で優しい心の持ち主に育っていった。そんなある時、浜辺にいたところを、運び屋のガゼル(CV: 桐本琢也)一味に遭遇する。そこでアオはトランクから飛び出た緑色のブレスレットを拾うのだった。

中学校の入学式の日、突如シークレットと呼ばれる怪物が現れ磐戸島を襲う。アオは幼馴染のナルを心配してナルの家に行くが、その時ブレスレットが光り「EUREKA AO」という文字が浮かぶ。そこで無くしたブレスレットを探していたガゼルと遭遇。渡すようにと言われるが、アオは拒否する。するとガゼルは同行と打開策を提案、日本軍の輸送艦へ向かい、アオを謎のIFOの元に届ける。それに乗り込んだアオはIFOから「おかえり エウレカ(CV: 名塚佳織)」と表示が出され、苦難の末にシークレットを撃破。そしてアオの髪色も緑へと変化するのだった。しかし、それが原因で島の人々のアオに対する風当たりは更に強くなり、沖縄独立派の大人達に拉致されたアオは、日本との交渉の道具にされそうになるも、それに反発したガゼル達に助け出される。

その後、祖父の診療所は放火される事態にまで陥り、もう島にはいられない事を悟ったアオは、ナルからナマケモノのノアを託され、行方不明になった母を探すべく、母を知る人物・イビチャ(CV: 後藤哲夫)の所属する「ゲネラシオン・ブル」へと志願入隊する。

レビュー・感想

キャラクターは可愛いし、作画も頑張ってる
ストーリーも王道でそんなに悪くはないんだが
沖縄を舞台にしていて
「沖縄ドル」だの「日本軍」だの「独立」だの
明らかにサヨク的な偏った目線が非常にノイズになる
プロパガンダか自己満足かは知らないが
アニメを利用する姿勢には感心しない。
あと新人声優?の叫ぶ演技が下手すぎて萎える
音響監督はもっと粘ってそれらしい演技を引き出すべきでは?
続編♪続編♪と最初期待してみたものの…アレって感じは正直感じました。
でも…それを打ち砕くかのような、あの作画力!!正直なところ驚かせられてばかりです。
みなさんもそこには絶対納得がいってるはずです。ロボアクションの時にもBGM とともにかけあがる爽快感♪今期ロボアニメで一番期待してます。
それにオリジナルなストーリーなので先が予測できない点も評価ありです。
自分は前作を何度も繰り返し見ているので予備知識はあったのですが、それでも先が見えません。
前作、エウレカセブンの雰囲気を残しつつの今回の作品、見なきゃ損だと思います。
雰囲気で頑張ってる印象なかなか前作のエウレカのような熱さがなく各々のキャラの個性が薄い
前作の感じを期待して見ると肩すかしをくらってまうだろう
放送は後半に入ったもののたたみかける展開はなくて思った以上にスローリーな展開
少しずつ核心に迫るような展開ではあるが食いつて見てまうわ!
とはならない物語がどう着地するか見守ろう
ちなみに今回ヒロイン誰なん
1期を見ないで2期の今作品を見始めました。 専門用語は2話時点でまだよく理解出来ていませんが、作品全体を覆う雰囲気と丁寧な描写で世界観は分かり易く、意外とすんなり入り込めました。 主人公のアオは真摯で前向き、内面的悩みや葛藤を抱えながらも一生懸命な所が好感度大。 他のキャラクターも個性豊かで実に印象的、コミカルさとシリアスが上手く混ざり合って良い感じです。 音楽もノリが良く、ロボアクションシーンではワクワクさを盛り上げてくれてgood。 圧巻なのは、ボンズさんならではの素晴らしい作画とロボアクション、空中サーカスです。 気持ち良いくらいのスピードとキレの良さで、思う存分飛び回ってくれます。 (主人公が操縦してて楽しそうに見えてしまう位) 1期のキャラクターや名前もチラチラ出て来て、1期が見たくなるような仕掛けがされているような、その罠に係りそうな予感がします。 オリジナルなので先の展開がとても楽しみ。ワクワクできるアニメって大好きです。
前作は思いっきりはまっていたので、今回の作品が受け入れられるか不安でしたが、とても面白い!!続編としても新作としても楽しめます。前作を知らない人たちがついてこれるかとも思いましたが、続編色は少なくて問題なしかと思います。エウレカがあのエウレカなのか、アオの父親がそのままストレートに彼なのか?…すごい気になります。しかしここまで毎回オープニングを微妙に変えてくるなんてニクイですね。
やはりこの作品、キャラクターデザインが2人なのは
色々と勿体ない。
吉田健一さんの和風で繊細なタッチのアオやエウレカに、
織田さんのエレナとか女性キャラが負けてると思います。
全24話しかないのだから、あまりどうでもいい
話は省いて(宇宙軍メンバーも正直
本当に必要だったのかな??)
もっとアオとエウレカとナルを中心に描いてほしいのに・・・。
(追記)
6巻の表紙ジャケットが公開ですが、てっきり
イビチャやガゼルと思ったら
再びこの3人なんですね。
正直ほかのキャラは全然人気でなかったしなぁ・・・。
今後、ナルが
どう関わるかで
ナルの名前を変えた方が…
もしも
アオとナルの
呼び合う時が来たら
アオ〜ナル〜
きっと連続で聞いたら
アナル〜

合体しそうだし
聞こえなくもないからね。
失礼なレビュー、
すみません。
月光号!!!
おまけにTypeZEROが出てくるし!
鳥肌ものです!!
やっと前作の繋がりが見えてきました〜

おすすめ

エウレカセブンAOが好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。