クレヨンしんちゃん

基本データ

作品名:
クレヨンしんちゃん
クレヨンしんちゃんシリーズ)
放送:
1992年 4月
制作:
シンエイ動画
みんなの評価:
話題性:
4
累計平均売上:
データ無し
タグ:

動画サイト

視聴可能な公式サイトが見つかりません。

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

概要

1992年4月13日からテレビ朝日系列で月曜19:00から放送開始。2013年現在は金曜19:30から放送中。開始当初、テレビ欄では『アニメ・嵐を呼ぶ園児クレヨンしんちゃん』と表記されていた。

当初はシンエイ動画社内でも力を入れていた作品ではなく、上層部からも「半年持たせてくれ」と言われていたという。放送初回は4.0%という低視聴率だったが、翌月には10%を超えるようになり、『クイズ100人に聞きました』(TBS)を打ち切りへと追い込んだ。同年の11月ごろには20%台まで上昇し、視聴者の子供がしんのすけ(CV: 矢島晶子)の物真似をするなどの社会現象にまで至る(詳細は後述)。1993年に製作された劇場版第一作『クレヨンしんちゃん アクション仮面(CV: 玄田哲章)VSハイグレ魔王』は22.2億円の興行収入を記録した。

2002年5月25日より、セル画での制作からデジタルによる制作へ移行し、動画の制作効率が向上した(ただし、移行後もしばらくの間は一部でセル画を使用していた)。2005年4月22日よりハイビジョン制作を開始、アナログ放送では2010年6月11日まで14:9サイズで、7月3日から16:9サイズでの放送となっている。

2005年4月15日以降、「放送中のキャラクターデザインと声優を変更をしていないアニメ番組」としては、テレビ朝日系列では最長を誇る。

歴代平均最高視聴率は1993年7月12日に記録された28.2%。同月、4歳 - 12歳の個人視聴率が67.6%に達した(視聴率データはすべてビデオリサーチ調べ、関東地区)。

1996年4月12日から金曜日に移動。そして2002年4月20日からは新アニメ『あたしンち』放送開始のため土曜日に移動。2004年10月22日、バラエティ番組の強化に伴い水曜枠であった2時間特番『スイスペ!』を土曜日に『ドスペ!』として移動させるため、金曜日の放送に戻り現在に至る。このように放送時間の移動が多いものの、放送時間はすべてゴールデンタイムである。

2009年からは、視聴率が一桁となる回が出始めたが、現在も9 - 12%の視聴率を保っており、ゴールデンタイムのアニメ番組の中では高い部類である。近畿(ABC)では毎回15%前後の高視聴率を記録。

現在定期的な再放送を行っている局は、CS放送における系列局のテレ朝チャンネルのみで、毎週土・日の12:00 - 12:30と19:00 - 19:30に行っているほか、2008年10月27日からは毎週月 - 金の朝7:00からも放送している(後者はリピート放送、2009年4月6日から毎週月曜・火曜の19:00 - 19:30と水曜・木曜の8:00 - 8:30に変更された)。不定期に行っている局でも、ABCが「子供アニメ大会」や日曜日の早朝(不定期)に、テレビ朝日で春休み・ゴールデンウィーク・夏休みの平日午前の再放送枠で行っている(2002年 - ‎2004年、2007年)。また、テレビ放送以外でもテレビ朝日の動画配信サービス「テレ朝bb」にて『クレヨンしんちゃん ぶろーどばんど』で過去に放送された話を有料配信している(毎週水曜3話入れ替え更新)。

2009年9月11日、原作者である臼井儀人が不慮の死を遂げ(詳細は「臼井儀人」を参照)、原作漫画は未完のまま絶筆作品となったが、キー局のテレビ朝日など関係者は2009年10月16日分以降の放送方針について、「これから話し合って決める予定である」とした。同年9月29日にテレビ朝日の社長早河洋は記者会見で「(サザエさん方式で)継続の方向で話を進めている」と語っている。原作者が亡くなってから約2年間、「げんこつ」のシーンは使用されていなかった(2011年8月以降、「げんこつ」のシーンは復活した)。

そして、臼井死亡確認後初の放送となった2009年10月16日放送分では、冒頭にお悔やみの言葉を添えて放送された。ナレーションは局アナが担当し、しんのすけは画面右下隅に描かれているものの、無表情で声は出さなかった。

その後は原作エピソードの不足によりアニメオリジナルの話が多くなっている。

原作漫画が連載開始20周年を迎えた2010年途中から「クレヨンしんちゃん20周年」企画が開始、同年秋より外伝作品「SHIN-MEN」が開始され、2011年には、テレビアニメの放送20年(「20周年」は上記の通り2012年3月30日)を記念して、過去の作品の再放送を行った。

2012年4月13日にはアニメ放送20周年となり、2010年に同じく20周年を迎えた『ちびまる子ちゃん』と並ぶ長寿番組となった。

1回の構成について

1回に放送される話数は2話(8分×2)か3話(8分×3)で、2013年現在は2話。放送開始当初は3話であり、2001年4月13日に初めて2話として放送されてからしばらくの間は、統一されない時期があった。その後、2002年4月20日の土曜日への放送枠移動とともに3話に戻り、2004年10月22日に金曜日へ戻ると再び2話になった。2000年5月25日の「実家に帰らせていただきますだゾ」以降は1話のみの放送もある(ただし前後編または三部構成)。なお、1話の時間は8分ジャストではなく、数十秒単位で変動することがある。時間が余ったり足りなくなった場合、アイキャッチを省略したりエンディングを短縮する、または1分ほどの短い話を挿入するなどして時間を調整している。アイキャッチは放送時期によって変動する(以下の通り)。

  • 初代(1992年4月13日 - 1995年9月25日)
  • しんのすけが各話終了後に「お」、「おお」、「じゃ」と言う。途中で音声が変更されている(しんのすけの声が著しく変わったため)。
  • 2代目(1995年10月9日 - 1997年9月26日)
  • しんのすけが各話終了後に「O」「OH」「Bye2」という。このときのBGMは他の代と違っていた。
  • 3代目(1997年10月17日 - 2004年9月4日)
  • しんのすけ、ひまわり(CV: こおろぎさとみ)、シロが丘に座っていて、1話目終了後はひまわりが手前に向かって仰向けになる。2話目終了後はシロが吠える。3話目終了後はしんのすけが「じゃあ」と言い、「じゃじゃじゃ〜ん」と全員で歌う。2話構成の場合は1話目終了時か2話目終了時のアイキャッチが省略される。
    2002年5月4日のセル画からデジタル彩色制作へ変更の際は、同じものが使用された上で使用された。ただし、一時期混在したセル画制作の話では従来のセル画版で放送された。
  • 4代目(2004年11月26日 - )
  • 線で書かれたしんのすけの顔が、カラー化して「おっ」と言う。線の状態では「おっ」と何回か言う、アハアハ笑う、ぐるぐる回るなどの数パターンあり、ランダムで使用される。

スペシャル版や長編物、アニバーサリー期間では特別なアイキャッチが使用される(以下の通り)。

  • スペシャル(初期)
  • しんのすけが、「うま」・「たつ」など、十二支のいずれかを言う。
  • グアム旅行編(1993年7月12日)
  • しんのすけが、各話終了後に「ぐ」、「あ」、「む」、「とう」と言う。
  • 1993年クリスマスSP(1993年12月20日)
  • しんのすけが、各話終了後に「ク」、「リ」、「ス」、「マ」、「ス」、「クリスマス」と言う。
  • スペシャル(1994年12月26日)
  • しんのすけが、各話終了後に「あ」、「か」、「ち」、「ゃ」、「ん」、「あかちゃん」と言う。
  • 原始時代しんちゃんだゾ(1995年4月10日)
  • 原始時代調の背景で「お」、「おお」と言う。「原始時代しんちゃんだゾ」自体は2話で完結し、その後のスペシャル内では通常の話だったため、「じゃ」はない。なお、このスペシャルでは「原始時代しんちゃんだゾ」終了後に正式なオープニングが流れる特殊フォーマットだった(番組冒頭ではタイトル部分で中断された)。
  • ひまわり出産編(1996年)
  • 1話目終了後、まずしんのすけが「GO」と叫ぶ。2話目終了後はひろし(CV: 藤原啓治)と加わり二人で「GO」と叫ぶ。3話目終了後には、みさえ(CV: ならはしみき)と加わって三人全員で「GO」と叫ぶ。このときのBGMは2代目と同じ。
  • スペシャル(特別な日)
  • しんのすけが今日は何の日かを数回に分けて言う(大晦日なら「おお」「み」「そか」の等)。近年では省かれている。
  • 20周年バージョン(2010年8月6日 - )
  • 「20」の「0」からシロが出てきて、それからしんのすけが「クレヨンしんちゃん20周年」と言うもの。

BGMについては、初期から長年使用している音楽もあり、中には第1回から現在でも使用されているものもある。また、劇場版で使用されたものが再利用されるなど新曲も増えている。また、劇場版BGMのごく一部を除き、テレビ用のBGMは一切CD化されていない。

2007年6月8日には、『ドラえもん』終了直後に放送される番宣枠(15秒、同時ネット局すべてに送出)で、誤って1週前の放送分の番宣を放送する放送事故があった。2006年11月17日には2度目の番宣枠で翌週の11月24日の内容を流している。

2006年以降は、本編の終了後に着ぐるみのしんのすけがさまざまな場所に行って、さまざまな体験をするコーナーが放送されている(コーナー名はない)。回によっては、テレビ朝日系で放送される番組や、同局が制作に関わっている映画とタイアップして、芸能人が登場することもある。また、オープニングテーマの前にも数秒間同様のものが放送されることや、オープニングの途中に挿入されることもある。このコーナーの登場によってエンディングテーマが省略され、スタッフはこのコーナー内で表記される事になった。近年はこのコーナー内でスペシャル版の番宣をすることがあり、スペシャル版の内容もその影響を受けることが増えてきている(タイアップする作品の宣伝や、スペシャル版をその作品のパロディにして、芸能人をゲスト出演させるなど)。

2008年6月6日以降は、毎回最後に78秒のおまけが放送される。ヤキトリ屋デスペラートのマスター(2008年6月6日の後半に初登場)と、その回の本編に登場したキャラクター1人(状況によっては複数)が出来事の後日談をしている(主役となる野原家も含む)。

なお、2010年8月6日以降はミニコーナーからスタッフクレジットが省略されるケースも見られるようになり、その場合キャストはオープニング、各話スタッフ(脚本・絵コンテ・演出・作画監督・原画)はサブタイトル画面で表示され、動画・仕上げ・背景・撮影・アフレコ系・制作部等のクレジットは表示されない。これに伴い、長らくエンディングの最後に表示されていた製作会社のクレジットもオープニングに移行した。

1年に数回、ホラー系の話が放送されることもある。2000年8月4日の放送分の、「知らない誰かがいるゾ」や、1997年8月8日の放送分の「恐怖の幼稚園だゾ」など。1997年8月8日の放送回では、「クレヨンホラー劇場」と称して、全話怖い話が放送された。2008年12月5日から不定期に放送された「しんこちゃん」のシリーズは、1か月に一度程度のペースで徐々に謎が明かされていくという構成がとられた。

2010年10月15日には、『ちい散歩』のパロディで「しん散歩」が放送されていた。

2012年11月9日より、エンディングにてみさえの料理コーナーが開始された。

評価

原作が青年向漫画誌上での連載であることもあり、初期のころは大人向けの皮肉表現やきわどい性表現がストレートでアニメ化されることもあり、しんのすけが男の性器(登場人物は「ゾウさん」と表現する)やおしり(登場人物は「ケツだけ星人」と表現する)を見せるギャグや、口調を子供が実際に真似する社会現象を起こした。また、大人や親を馬鹿にする言動が子供に悪影響とし、日本PTA協議会主催の「小中学生と親のテレビ番組に関する意識調査」の「子供たちに見せたくない番組」アンケートでは毎年上位にランクインし、低俗番組として槍玉に挙げられることがある。

2006年には、青少年育成広島県民会議(青少年育成国民会議の下部団体)が、当番組と『めちゃ×2イケてるッ!』・『爆笑問題のバク天!』・『ロンドンハーツ』・『土曜ワイド劇場』などのサスペンスドラマ・『水10!』の放送自粛を求める要望書を在広局と在京キー局に提出した。

しかし、この作品が当初PTAによる指摘で騒がれても、スタッフはその事態をパロディにしてみせることもあった(放送初期の『エンピツしんちゃん』というエピソードで、本作に酷似した劇中の架空のアニメに影響を受けて言動を真似る子供が増加し、それを評論家が非難する、という内容)。

原作者が作風を変えてからはあからさまな下ネタや大人や親を馬鹿にしたような言動、ブラックなギャグは少なくなっており、ホームコメディを主体にした作風になっている(非現実的な話も見られる)。

このアニメに対して否定的な見解が残る一方で、「幼児の本音を表す国民的漫画」などと評される場合もあり、教科書や子育て参考書に掲載されたり、映画の評価も高まっていることもあって、「子供と一緒に見たいアニメ」として再評価される向きにある。週刊朝日は2003年の調査結果を受けて「クレヨンしんちゃんのどこが悪い」という反論記事を掲載している。

2005年には公共広告機構(現:ACジャパン)の新聞広告にしんのすけが起用されたり、2007年には内閣府・気象庁の緊急地震速報の一般情報提供開始の児童向け予告リーフレットに野原一家とかすかべ防衛隊が採用されたりするなど、官公庁や放送関連団体のイメージキャラクターとしても採用されることが多くなっている。

アニメ監督の富野由悠季は「エンターテイメント作品として完成している」と高評価をしている。富野は『OVERMANキングゲイナー』の製作中のインタビューにおいて、「今回のライバルは、『クレヨンしんちゃん』です」「だから、目標値はものすごく高いです」と語っており、特に劇場版作品である『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』に関しては、「視聴者側が、このエンターテインメントの面白さを理解を出来ていないようではいけない」と絶賛した。

キャスト

しんのすけ 矢島晶子
みさえ ならはしみき
ひろし 藤原啓治
ひまわり こおろぎさとみ
シロ、風間くん 真柴摩利
ネネちゃん 林玉緒
マサオくん 一龍斎貞友
ボーちゃん 佐藤智恵
酢乙女あい 川澄綾子
よしなが先生 高田由美
まつざか先生 富沢美智恵
上尾先生 三石琴乃
園長先生 納谷六朗
アクション仮面 玄田哲章
カンタム・ロボ 大滝進矢
ぶりぶりざえもん 塩沢兼人
風間ママ 玉川紗己子
ネネママ 萩森侚子
マサオママ 大塚智子
まつざか母 麻生まどか
もえP 野川さくら
むさえ 根谷美智子
ゴゥ 矢島晶子
ヒュー 水島大宙
スィ ゆきじ
ニョキ 吉野裕行
カン 斎賀みつき
パラボン かないみか
ブリットニー 甲斐田裕子
赤ぶりぶり 中田譲治
黒ぶりぶり 小杉十郎太
金ぶりぶり 拡森信吾
青ぶりぶり 辻親八
白ぶりぶり 楠見尚己
大原ななこ 紗ゆり

スタッフ

原作 臼井儀人
総作画監督 小川博司
キャラクターデザイン 小川博司
色彩設計 野中幸子
美術監督 星野直美
音楽 荒川敏行
撮影監督 高橋秀子
梅田俊之
チーフプロデューサー 太田賢司
杉山登
松下洋子
茂木仁史
堀内孝
高閑者清光
生田英隆
高木智悌
加藤良雄
和田泰
プロデューサー 岩本太郎
梶淳
本井健吾
福吉健
西口なおみ
今川朋美
松久智治
すぎやまあつお
鶴崎りか
山川順市
和田泰
吉田有希
監督 本郷みつる
原恵一
ムトウユージ
背景 アトリエローク07
ミキサー 田中章喜
大城久典
柴田信弘
山本寿
内山敬章
アシスタントミキサー 山本寿
小沼則義
村越直
アシスタントプロデューサー 吉川大祐
西口なおみ
湊亜弥子
菅野あゆみ
中世古裕美
おおさわまさたか
馬渕吉喜
脚本進行 金井浩
脚本 阪口和久
きむらひでふみ
ムトウユージ
静谷伊佐夫
平井峰太郎
翁妙子
中弘子
川辺美奈子
うえのきみこ
小川真
もとひら了
西園悟
桜井正明
本郷みつる
原恵一
湯浅政明
荻田寛子
北条千夏
小松崎康弘
絵コンテ 義野利幸
平井峰太郎
貞光紳也
高橋渉
ムトウユージ
横山広行
ささきひろゆき
水島努
湯浅政明
米谷良知
池端たかし
川崎逸朗
堤規至
浜名孝行
須永司
本郷みつる
原恵一
青山ヒロシ
寺東克己
小川博司
高倉佳彦
市野文隆
釘宮洋
井硲清高
しのゆきひろ
演出 義野利幸
平井峰太郎
貞光紳也
高橋渉
ムトウユージ
横山広行
ささきひろゆき
水島努
湯浅政明
米谷良知
池端たかし
川崎逸朗
堤規至
浜名孝行
須永司
本郷みつる
原恵一
青山ヒロシ
寺東克己
小川博司
高倉佳彦
市野文隆
釘宮洋
井硲清高
しのゆきひろ
作画監督 大塚正実
高倉佳彦
小川博司
末吉裕一郎
林静香
針金屋英郎
門脇孝一
大森孝敏
原勝徳
樋口善法
間々田益男
木村陽子
松山正彦
橋本とよ子
湯浅政明
堤規至
松本朋之
色指定 飯島理恵
佐藤実麻
早川恵美
宮田佳奈
横井未加
石原裕介
稲村智子
岩本ちえ
蝦名佳代子
大谷夏代
楠本みゆき
小島真喜子
小平梨加
小林めぐみ
下浦亜弓
須川恵
竹田明代
中島和子
西澤真理子
野中幸子
福谷直樹
堀越智子
松谷早苗
三関江美
吉田小百合
渡辺陽子
コンポジット撮影 アニメフィルム

レビュー・感想

レビュー・感想のデータがありませんでした。

初月無料で大量アニメ見放題音楽聴き放題
ギフト券購入でクレジットカード不要。

おすすめ

クレヨンしんちゃんが好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。