グリザイアの果実

基本データ

作品名:
グリザイアの果実
グリザイアの果実シリーズ)
よみがな:
グリザイアのかじつ
放送:
2014年 10月
話数:
全 13 話
制作:
エイトビット
みんなの評価:
話題性:
2
累計平均売上:
3,795 枚/
タグ:

動画サイト

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

物語の舞台は三嶋崎という名の海辺の町である。2011年5月現在、三嶋崎には約1年前に設立された「私立美浜学園」という全寮制の学校が存在している。同月24日、主人公の少年・風見雄二(CV: 櫻井孝宏)がここへ転入生として訪れることから物語は始まる。

外界から隠すように、そして守るように高くそびえる塀に囲まれた美浜学園。生徒はわずか5名しか在籍しておらず、その誰もが女子であった。唯一の男子生徒となった雄二は、個性豊かな女子生徒達に囲まれ、賑やかで平和な毎日を過ごしてゆく。

だが、そうした一見明るい日常とは裏腹に、美浜学園の5人の女子生徒達には、それぞれ他人には聞かせられない暗い過去が秘められていた。雄二は学園生活を送るうち、5人のうち1人の女子生徒が抱える秘密を知ることになる。

レビュー・感想

最近の流行なのでしょうが、「進○の○○」とか「テ○○○○○○ズ」とか、気色悪いのが多くなったなと感じていましたが、
絵面で安心して観てたら、「マジ勘弁!」を連呼したくなりました。
原作、ゲーム等は全く知らないのですが、いつの間にかホラー作品を見せられていた気分で、当分、肉が食べたくありません。
神経の細い人には、お勧めできません、夢でうなされそうです。
そういうのが好きな人にはいいのでしょうが・・・、私は観たことをひどく後悔してます。
こういうのがファンの人には申し訳ありませんが、こんなことを感じさせた作品は初めてです。
(あ、ちなみに5巻までは、普通に観れました。)
この作品は原作がゲームで、果実・迷宮、そして楽園――と三部作になっています。
これはその一つ、主人公である風見雄二がそれぞれの諸事情を抱える5人の少女たちを救う話です。
やって良かったと思える作品が、遂にアニメ化されることで期待感と同時に不安感もありましたが、いざ放送されると脚本・進行・構成、作画・演出など、このスタッフ陣なら大丈夫だと確信しました。(自分が作品・人を評価しても良いとは思えませんが、何しろ好きな作品ですので少しばかり偏執的になってるのは否めません…)
一作品20時間以上は掛かるであろうものを、1クールに収めようとするには流石に無理があるだろうと思っていましたが、個別√を一話に無理やり突っ込んだというよりも、アニメ組にはなるたけ違和感なく話が分かる用に、原作組には原作の補完として上手く構成されていま ...
opは原作を忠実にアレンジしており、最高でした。
原作をプレイ済みですが、1人のアニメファンとして アニメの出来は評価できます!
迷宮と楽園もアニメ化するということでいまから楽しみです。
原作未プレイ。それでも各ヒロインによって話数が調整されているのが分かる。確かに天音ルートはリアリティがあり壮絶な話ではあったが、どちらかというと前半の方が気軽に観れて面白かった。特にサメさんポーチのくだりは最強!「なるほど」「すごいな」「悪いのは君じゃない」と「睡眠の重要性」は後世に残る名言だと思うw。あと、キャラクターデザインが「化物語」と同じ渡辺明夫氏なので、作画に対しても抵抗無く観ることができた。
主人公とヒロインたちの会話も面白く、テンポも良いです。
今後どうなるかわかりませんが、とてもオススメできるアニメです。
原作をプレイ済みなので迷わず予約しました。
アニメは色々とカットされていますが話の進行にそこまで疑問を残さないので気になりません。
やはり原作をやっている上でアニメをいい作品だと思う人はぜひ買うことをおすすめできる作品です。
原作のゲームの方は未プレイなんでどれくらいアニメで原作が
再現されているかわかりません。
とりあえず、まず言えることはシナリオがダイジェストになってしまって
いるため、各キャラのエピソードが薄味すぎること。
マキナのエピソードなどは2話でやるには無理があります。
あと、11~13話に関してもいろいろ意欲的に挑戦しているのはわかりますが
全部空振りです。印象に残るのが「何となくグロい」程度。
カニバリ、脱糞、サバイバル、ホントいろいろ要素は入っていますけどね。
全部が記号どまりで物語に絡んでる気がしません。
大体、バス事故からカニバリにいたるところが説得力に欠けます。
何で事故から10日以上もほっぽっておかれたのか説明がなされていない
ため、極限状態に置かれた生徒達のシーンにリアリティが感じられません。
とりあえず ...
グリザイアの果実のBD第6巻です。
通常BD版の場合、TV版では映らないところが映っていると嬉しいものですが、
エンジェリック・ハゥルⅢに関しては、
「あ、やば」
という感じでとっさに目をそらしてしまいました。
うん、あれはきっつい。
そして収録されている特典「お医者さんごっこをしましょうか?」ですが、
間違いなく完全にガチのお医者さんごっこです。
これを見ていると、やっぱりグリザイアはエロゲー原作なんだなーとしみじみと
思い、かつ坂下父をバカに出来ない状態になってしまいます。
とりあえずに一姫には、これは全年齢版なので「脱ぐな・喘ぐな・最後までしようとするな」
の三原則を注意しておきたいところです。多分聞いてはくれないでしょうけど(笑)

おすすめ

グリザイアの果実が好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。