シスター・プリンセス RePure

基本データ

作品名:
シスター・プリンセス RePure
よみがな:
シスター・プリンセス リピュア
放送:
2002年 10月
話数:
全 13 話
制作:
ZEXCS
みんなの評価:
話題性:
1
累計平均売上:
7,007 枚/
タグ:

動画サイト

視聴可能な公式サイトが見つかりません。

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

翼多(つばた)市と呼ばれる海に面したトラムの走る街で、家庭の事情により(CV: 三浦祥朗)と離れて暮らす12人の妹たちの日常のエピソードを、街の広場にある古びた時計台の謎を織り交ぜながら描いている。ストーリー上では前作との関連性は無いように見受けられるが、登場人物の一部の再登場や天使のオルゴール、2度目のクリスマスなど非常に微妙な形ではあるが、設定的なリンクが一部されている。前作『シスタープリンセス』では12人全員に最低でも1話はスポットが当たっていたのに対し、本作では花穂(CV: 望月久代)をメインに据えたエピソードと咲耶(CV: 堀江由衣)をメインに据えたエピソードが多くなっている。

ストーリーズパートの主題歌はオープニング・エンディングともにcan/gooが、作中で流れるBGMはI'veが担当した。しかし、BGMの多くはI'veの外注スタッフであるwataが手掛けたものである。

レビュー・感想

懐かしさのあまりに購入。萌の原点となったと言っていいほど有名な作品です。内容は12人(アニメでは13人!?)の妹達とのハートフルラブコメで当時は珍しいジャンルだったような印象を受けました。(あの頃はまだ中坊だったなぁ…。)今だに根強いファンも多く最近のアニメとしても遜色なく観れる良作です。最初は少し恥ずかしい気もしますが、そのうち感覚が麻痺していくので大丈夫。おそらく自分自身は、この作品のおかげでダークサイド堕ちたんだと改めて認識してしまいました。シスプリに感謝です。
私も松山市在住ですが、シスタープリンセス第二期を見るために、当時地元のCATVへの
再加入を諦めて、TVQ九州放送受信のために県外波遠距離受信の大型アンテナを立てまし
た。西の方面に障害物が少ししかなかったので選択しました。
しかしアンテナの標高が10mくらいだったので、山口朝日放送との混信に悩まされました。
今治市内から西宇和郡三崎町(当時)の瀬戸内海側で小倉方面に障害物がなくて標高150m
以上の場所はTVQが綺麗に受像できるのが羨ましかったです。
また東予地方のほぼ全域にわたってはテレビせとうちで、普通の中型アンテナを岡山方面に
向けているおうちが大半でそれで楽しめたので、同じ愛媛県内でも地域格差を感じたもの
でした。
12人の妹たちの内面に重点を置いた一本8分程の短編集です。
基本的に原作通りの展開なのですが監督毎のアレンジが加えられていて見ごたえがあり、
作画もTV放送されたものとは思えないほどクオリティが高いです。
新規OPもシンプルな作りながら作品のイメージを損なわない良い出来になってます。
“シスプリ”と出逢ったのは高校の2年か3年頃でした
当時はフライ級のオタクでしたが、シスプリ観て急成長
ヘビー級のオタクになってしまいました
01年に始まったアニメ版のシスタープリンセス
内容は12人の妹と兄が送る心温まるストーリーです
つっこんだら負けです。細かいコトは考えないで下さい
しばらく観てると気にならなくなります
気にならなくなるというより、脳が侵されていきます
そんな狂気(狂喜)に満ちたアニメが放映開始
何故かアニメ僻地の愛媛県でも放送がされてしまいます
それを観てしまった哀れな少年(私)はもう大変
ゲームにキャラクターズにCDにDVDに散財散財の毎日
思えば、DVD揃える為にバイト始めたっけなァ
G'sにハガキが載って狂喜乱舞したよなァ
アニメ2期は放送局が変わり、2期観れずに涙したなァ
カラオケで全キャラのキャラソンメドレーしたなァ
その他、思い出は多すぎて数えられないほどです
今は当時の情熱は残っていませんが
これにはボーナストラックも収録されてるみたいですし
当時を思い出しながら観たいと思います
一時は全てを手放してしまった私。しかし最近急にヒートアップ!!ゲームは全て買い集め、DVDをそろそろ買おうかなぁ…と思っていたところに!!これは神が私に買いなさいと言っているのでしょう。
特別版サントラCD?が付いてくるので買わないと聴けないよ(笑
もちろん、既発売の「ストーリーズ」も入手しとかないとね(ぉ
前作と合わせると、かなりの金額になりますが、
それでもファンなら頑張るしかないよね(^^;
短編とは言っても、12話を一度に収録するので、DVD2枚に付録サントラCD1枚の計3枚構成。一度に全部片付けようとするとかなり時間を食います。
アニメとしての出来はいいんですが、完全に「シスプリ」世界にはまりきった意欲的問題作、という感じがしなくもなく、ファン絶賛、一般ピーポー置いてけぼり、なので、取扱注意という危険アニメ^^;;だったりします。
その点、最初のアニメ版ができるだけ間口を広げようとしていたことも改めてうかがえる訳ですが。
「ウニメ」で有名なプロミストアイランド版シスプリと、リピュア版のシスプリ。
さらにはイベントの様子が納められています。
惜しむらくは、キャラクターパートが入っていれば完全無欠なBOXになったかもしれません。

おすすめ

シスター・プリンセス RePureが好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。