タッチ 背番号のないエース

基本データ

作品名:
タッチ 背番号のないエース
タッチシリーズ)
よみがな:
小学館
公開:
1986年 4月
みんなの評価:
話題性:
1
累計平均売上:
データ無し
タグ:

動画サイト

視聴可能な公式サイトが見つかりません。

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

上杉達也上杉和也は一卵性双生児。スポーツにも勉強にも真剣に取り組む弟の和也に対して、何事にもいい加減な兄の達也。そして隣に住む同い年の浅倉南。3人は小さい時から一緒に行動している、いわば幼馴染だった。そしてお互いがお互いを異性として意識し始める。物語のスタート時、3人は中学3年生である。3人は微妙な三角関係のまま同じ高校へ進む。「甲子園に連れて行って」という南の夢を叶えるため1年生でありながら野球部のエースとして活躍する和也だったが、地区予選決勝に向かう途中に交通事故死。そして達也は和也の「南の夢を叶える」という夢を継ぐために野球部に入るが、キャッチャーの松平に嫌われ相手にしてもらえなかった。しかし、浅倉南や周りにチームメイトに相手にするよう強く勧められ遂に松平と達也はバッテリーを組む。

達也たちは2年生になった。達也は勢南高校の西村と須見工の新田と知り合いライバル意識を持つ。彼らとは野球においてのライバル意識のほか浅倉南に共通して恋愛感情を抱き4人の間で四角関係が築かれていた。西村はピッチャーで持ち球のカーブを駆使し甲子園出場を期待されていた。一方新田のポジションはサードで地区最強の打者だった。彼がいる限り須見工の甲子園出場は間違いなしと周囲で騒がれていた。2年生の甲子園の地方予選では西村が所属する勢南高校と対戦して延長戦の末敗れた。

達也たちは3年生となった。その頃、野球部の監督が病気で入院して明青学園の校長は同校OBの柏葉英一郎に監督代行を任せようとする。しかし英一郎は海外出張中であった。その時明青学園野球部に恨みを持つ柏葉英二郎がこのことを知り英一郎の自宅に侵入、明青学園の校長から英一郎宛の電話を受ける。英一郎になりすました英二郎は野球部の監督代行として部員を指導し始め、野球部員全員を疲労させ選手生命を断ち、恨みを晴らそうとした。しかし一人も野球部を去ることなく夏の甲子園の地方予選を迎える。達也はライバル意識を持つ新田に勝ち南を甲子園に連れていく強い意志を持っていて、英二郎の過酷な指導に屈することはなかった。

達也と南にとって高校生活最後の夏を迎える。地方大会初戦で柏葉英二郎は控え選手を先発ピッチャーに起用して明青学園を1回戦で敗退させようとした。しかしチームの結束力は固く失点を打撃でカバーし1回戦を突破した。そして、いよいよ甲子園出場をかけて決勝戦に挑む明青学園。対戦相手は新田の所属する須見工だった。試合は延長に入り、明青は10回表に1点勝ち越し裏の守りにつく。そして、2アウト2塁でバッターは強打者の新田。新田はその前の打席でホームランを打っており観客も須見工の監督もこの場面では新田を敬遠するだろう、と思っていた。しかし上杉達也は自分の力を最大限に引き出してくれるのは新田しかいないと考え、敬遠せず勝負する。新田はファウルで粘る。その力は互角、見ている人すべてが息をこらして勝負の行方を見ていた。その結果新田は三振、達也は南と共に甲子園に行くことができた。

甲子園への出場が決まったのち、原作漫画では達也は河原で浅倉南に愛していると自分の気持ちを伝えている。テレビアニメの最終回では達也は電話で浅倉南に愛の告白をしている。

レビュー・感想

原作にくらべ、展開が荒い。心理描写があいまいになり、原作のよさがはっきりしない。原作のアブストラクトといった感じになっている。一方、最後の和也に代わって達也が決勝戦を投げる場面は、原作にはないが、大きなクライマックスになっている。この部分は、アニメ版にもない映画版のキーになる場面。この部分は、映画版が良いなと感じる部分。アニメ、原作以外のストーリー展開は、見られるので、ファンには楽しめる。
タッチ、初期のダイジェストみたいな作品でタッチをよく知らない人でも抵抗無く見ることが出来るしカッちゃんもたくさん出ているのでタッちゃんカッちゃんと南の関係がよくわかるはず。
ファンの方も楽しめる内容です。恥ずかしながら私は号泣してしまいました…。
予選決勝の日。
和也が死んだ日。
球場に現れた「上杉」は、
一言もしゃべらないまま、
黙々と投球を続ける。
原作と違った展開です。
「背番号のないエース」はタッチ映画版の第1作です。
和也が亡くなるまでを描いており、原作やテレビシリーズとは違った脚色を加えてあります。正直言って、「タッチ」らしくない部分も何箇所か見受けられました。例えば和也だったら絶対に言わないだろう台詞が出てきたり、あるいは「南が本当は達也のことが好きだ」というのは3人の暗黙の了解(言わなくても伝わること)で、わざわざ口に出して言わないだろう。などなど、「タッチ」らしくない部分がありました。
コミックから入った人にとっては、テレビ版や映画版は辛い・・・どうしても細かなディテールが描かれていないからだ(劇場版ともなると尚更)。これではあの作品の良い部分が味わえない。最初からテレビなどアニメから入って「タッチ」を好きになった人ならいいかもしれないが、初心者にオススメするならやはりコミック・漫画から入ってもらいたい。すると恐らく絶対ハマると思うから。
この映画は、中学時代から和也が亡くなるまでの
物語です。
和也の一生が、わかります。

初月無料で大量アニメ見放題音楽聴き放題
ギフト券購入でクレジットカード不要。

おすすめ

タッチ 背番号のないエースが好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。