デッドマン・ワンダーランド

基本データ

作品名:
デッドマン・ワンダーランド
放送:
2011年 4月
話数:
全 12 話
みんなの評価:
話題性:
17
累計平均売上:
データ無し
タグ:

動画サイト

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

10年前に東京を襲った大災害「東京大震災」により長野県へ疎開していた五十嵐丸太(CV: 朴璐美)は、クラスメイト達と平凡な生活を送っていた。しかしある日、丸太の通う中学校に「赤い男」が現れたことで彼の運命は一転することになる。 「赤い男」によってクラスメイト達を目の前で殺された丸太は、何故かクラスメイトを殺した犯人に仕立て上げられ、無実の罪で死刑を宣告されて完全民営化刑務所「デッドマン・ワンダーランド」(以降、「DW」)へ送致されてしまう。そこで丸太は自分が「赤い男」の手により「罪の枝」と呼ばれる特殊能力を持つ人間「デッドマン」になっていたことを知り、やがて幼馴染みの少女シロ(CV: 花澤香菜)との再会、そして他のデッドマン達との戦い・交流を経て「赤い男」を巡る陰謀に巻き込まれていくことになる。

レビュー・感想

私はなぜか、このアニメを見てハマってしまいました。たしかに、最初の話の展開が早すぎるし矛盾だらけですが、、、。でも、もっとじっくり知りたいと思い、漫画を購入。あぁ、なるほど。漫画なら、ガンタの気持ちが痛いほど伝わる。シロへの気持ちが痛いほど伝わって、、泣きました。アニメはOPがかっこよすぎて、好きです。とりあえず、特典コミック?がついているので、買います。
アザミがなぜ出てこないのかが、不思議。彼女によって、ガンタは成長するし、シロへ対する想いも複雑になってくるキーパーソン的な存在なのに。
二期をする予定で、6巻で初めてガンタとアザミが出会ったことにするのかな?と考えてみましたが、 二期までしないと、謎がわからないし、キャラの気持ちも伝わらないと思います。全12回は短すぎる。
アニメ化しない方が良かった。
端からアニメで完結させる気のないものを、アニメにするな。
どう決着をつけるのだろうと見守り続けた結果がアレとは……こんなもんの存在に気づかなければ良かったと思った。時間の無駄。
※考えさせるような最終回という訳でもない。完全なる不完全。尻切れとんぼ。駄作もいいところだ。
アクションもちゃんとしてて良かったです。 千地さんの声もあっていました。 ただ…作画が原作より落ちてる気がします。これは仕方ないけど。 あと2期はやんないでしょ…。アザミは消しちゃったし…。 変更しなきゃいけないのはわかるけど2期やんないのはやだ…。 どうして2クールにできなかったのか謎です。
この巻に収録されている1,2話が放送されたのでレビューを書かせていただきます。
2話観た感想としては作品を要点を抜き出して原作で足りないところは補っていて無駄がない。原作で後々活躍するキャラクターが出ていないと言って文句を言っている方がいますが1クールでは出来る範囲も限られてくるのでここで登場しても結果的に不自然な形で終了してしまいそうなので今は必要ないかと個人的に思っています。 OP・EDも非常に作品にあっています。
全体を通してかなり原作に忠実ですし上質な出来なのではないでしょうか。 ただ一つ不満点をあげるとしたら水無月の肌が若干黒いような印象があったことでしょうか。
決して原作は汚されていません。 安心して観てほしいです。
まず、原作を知らないので違いは気にならないです。 最近の作品にしては珍しく過激な描写があって単純に面白いと思ってました。 が、自分はグロいのは大丈夫な方だと思っていたのですが最初のバラバラ死体とかは全然平気だったけど話が進むと眼球を取られたり身体が溶けて死んだりと見ていて不快になりました。
DVD、ブルーレイの単価が高いし面白いと思っていただけに残念です。

初月無料で大量アニメ見放題音楽聴き放題
ギフト券購入でクレジットカード不要。

おすすめ

デッドマン・ワンダーランドが好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。