ノブナガン

基本データ

作品名:
ノブナガン
放送:
2014年 1月
話数:
全 13 話
制作:
ブリッジ
みんなの評価:
話題性:
2
累計平均売上:
427 枚/
タグ:

動画サイト

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

2013年。修学旅行で台湾に訪れていた女子高生・小椋しお(CV: 武藤志織)は、突如出現した怪獣「進化侵略体」に襲撃を受ける。軍隊も歯が立たない中、そこに現れた謎の男達。彼らは超国家機関「DOGOO」のエージェントで、偉人の魂を受け継ぎその力で戦う「E遺伝子(イー・ジーン)ホルダー」だった。そして友人の危機に、しおの「偉人の魂」も覚醒するのだった...。

キャスト

小椋しお 武藤志織
ジャック 鈴木達央
ガンジー 島﨑信長
ニュートン 浅川悠
ウィドック 石田彰
ガリレオ 上坂すみれ
ジェロニモ 斎藤千和
ハンター 保村真
キャパ 津田健次郎
スーホ 田村睦心
ガウディ 村瀬歩
浅尾かおる 井上遥乃
指令 さとうあい
サンジェルマン 遊佐浩二
土偶 渡辺明乃
織田信長 飛田展男

レビュー・感想

元々原作漫画のファンで、あの独特の絵柄をアニメにできるの?と不安でしたが良い意味で裏切られましたねー。
原作の魅力はしっかり生かされているし、付け加えられたアクションやエピソードも良かったです。
原作者の久先生がノリノリでコメントしているのも微笑ましいです。
総力戦となる終盤はより一層面白いので下巻が楽しみです。
1話の前半を見損ねたんですが、少し前に書店でお試し小冊子を読んでたんで内容は把握できました。
巨大な銃と美し…くない地味な少女。信長のDNA(と言うより魂)を持ち、化物相手にガンガン撃ちまくる!熱いです!
ナイスバディなおねーさんはいるけど、萌え要素は無し…かと思ったら、予告で主人公の胸ポロリ?百合が少々。エロよりバトルの印象です。
主人公の苦悩を独白ではなく、周囲(マスコミ)の対応や変化で描く。情報化社会らしい描写でした。親友とのやり取りは泣けましたよ!思いっきりベタで熱い作品です。
しお役の声優が新人なのか微妙な演技力ですが、いきなり戦う事になった少女の成長を描くにはいいのかも。「マク○スF」のラ○カの例もあるし。
偉人とEジーン、土偶とDOGOO等、掛詞(かけことば)が良いですねえ。遮光器土偶=宇宙人説、久々に思い出しました。
正確には偉人じゃないのもちらほら。切り裂きジャックは正体不明の殺人鬼だし、サンジェルマンはタイムトラベラーだという伝説がある謎多き人物。ま、本当の偉人だけじゃ似たり寄ったりになりますからねー。
平和主義者のガンジーに防御のバリア、万有引力を発見したニュートンに重力制御能力。他にはどんな…?
敵は、地球の生物の進化をなぞってる。…て事は、最終的に人型になる筈。
いろいろ楽しみですね♪
「偉人を武器にする設定は男心をすごくくすぐらせるな」と感じたアニメ。
1話~13話まで視聴済み。原作は未読。
内容は、普通の女子高生が仲間と共に謎の敵と戦う話。
偉人の魂を武器にして戦う設定が非常に面白く、
それぞれ偉人の特徴を反映させた個性的な武器で戦うシーンは
見応えがある。
またそれぞれの武器の能力を生かして、
迫り来る敵をチームで協力して戦うシーンは
とても見ていて熱くなった。
色々な謎が残ったまま続きが気になる形で終わってしまったのが
残念だが、偉人を武器にする設定、熱くなるアクション、
未知の敵との戦いなど、ワクワクさせる要素が色々詰まっており
見ていて楽しめた。
世間の注目がかなり低いように感じますが、今期一番のお気に入りです。
確かに1話は目新しい所も無く、途中までは惰性で見てましたが、
主人公の覚醒+戦闘シーンが圧巻で引き込まれました。
普段の、のほほんとした雰囲気とのギャップも良いです。
進化していく敵というのも、緊張感がありますね。
現在、クライマックスへ一直線という場面で、
日曜の夜が楽しみでしょうがありません。
アニメを観てからコミックを買って、とても良かったのでソフトを購入しました。原作が追いついてしまうので、直ぐには無理と思いますが、2nd.シーズンを切望したい作品でした。
テレビではまりました。
ケースが迷彩柄に見せた進化侵略体の影絵っていうのがかなり凝ってる。
特典の0巻はアニメで出てきた他のホルダーを垣間見れて、うれしい。
CDドラマも続きが楽しみ。
本編とオーディオコメンタリーも楽しみながら見てます。
早く下巻も見たい。
あと熱い物語ぽぃな
なんかこう言う熱い物語好きすぎる。
なんかキルビルは駄目でしたがね

初月無料で大量アニメ見放題音楽聴き放題
ギフト券購入でクレジットカード不要。

おすすめ

ノブナガンが好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。