ハイキュー!!

基本データ

作品名:
ハイキュー!!
ハイキュー!!シリーズ)
放送:
2014年 4月
話数:
全 25 話
制作:
Production I.G.
みんなの評価:
話題性:
11
累計平均売上:
23,808 枚/
タグ:

動画サイト

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

バレーボールで「小さな巨人」を目指す日向翔陽(CV: 村瀬歩)は、中学最初で最後の公式戦で、「コート上の王様」と呼ばれる天才・影山飛雄(CV: 石川界人)に惨敗する。しかし新たな目標を見つけた日向は、影山にリベンジするべく、烏野高校で引き続きバレー部に入部する。しかし烏野の体育館には、その影山の姿があった。

キャスト

日向翔陽 村瀬歩
影山飛雄 石川界人
澤村大地 日野聡
菅原孝支 入野自由
田中龍之介 林勇
東峰旭 細谷佳正
西谷夕 岡本信彦
月島蛍 内山昂輝
山口忠 斉藤壮馬
縁下力 増田俊樹
清水潔子 名塚佳織
武田一鉄 神谷浩史
烏養繋心 田中一成
及川徹 浪川大輔
岩泉一 吉野裕行
金田一勇太郎 古川慎
国見英 田丸篤志
矢巾秀 河西健吾
花巻貴大 櫻井トオル
松川一静 祐仙勇
渡親治 ランズベリー・アーサー
黒尾鉄朗 中村悠一
孤爪研磨 梶裕貴
夜久衛輔 立花慎之介
山本猛虎 横田成吾
犬岡走 池田恭祐
海信行 星野貴紀
福永招平 長南翔太
芝山優生 渡辺拓海
青根高伸 松川央樹
二口堅治 中澤まさとも
谷地仁花 諸星すみれ
牛島若利 竹内良太
天童覚 木村昴
五色工 土屋神葉
白布賢二郎 豊永利行
大平獅音 丹沢晃之
瀬見英太 寺島拓篤
山形隼人 福田賢二
川西太一 大森大樹
鷲匠鍛冶 中尾隆聖

レビュー・感想

まだ発売までだいぶありますが
収録話を視聴完了した感想でレビューさせていただきます。
原作ファンとしては大満足のクオリティの
良アニメに仕上がっていて素晴らしいです。
原作マンガは、特に序盤は作者の古舘氏の技術が荒かったこともあり、
決して読みやすいとは言えなかったのですが、
アニメでは線をスッキリ整えたキャラデザに加え、アニメの長所である動きの表現も冴え、
非常に見やすくわかり易くなりました。こういうアニメ化は幸せですね。
ストーリーはというと、
未熟ながらも抜群の運動神経と不屈(マジでびっくりするほど不屈)の精神という、特別な才能を秘めた少年・日向と
一流の技術を持ちながらも負けず嫌いがマイナスになって、それを活かしきれなかった不器用少年・影山という、
誰よりもバレーを愛してやまない2人の少年が、
かつての強豪校・烏野高校のバレー部で出会ったことから始まる、青春スポ根漫画です。
最近の少年ジャンプっぽくない地に足がついたリアルな展開、
チームメイトや先生、多種多様なライバル達と織りなす人間ドラマ、
挫折と、それをバネに飛躍する主人公達の成長、
王道中の王道を行くストーリー。
原作既読の私が見ても、毎話毎話が見どころの、今後がとても楽しみなアニメです。
原作ファンとして、「この製作スタッフにアニメ化して頂けて本当に良かった」としみじみ思っています。
まず脚本は、原作に沿って丁寧に進めています。
その中で、アニメとしての尺に合わせて話の順番が入れ替わるシーンや、アニメオリジナルの追加描写も多いです。
ただし、それらの改変による原作との差異や違和感は全くと言っていいほどありません。
むしろキャラクターの描写に深みが加わっていたり、今後の効果的な伏線になっていたりと、原作の良さをさらに引き出しています。
作画の面では、バレーの動きを再現した試合描写や、躍動感のあるカメラワーク、美しい背景と細部までとにかく丁寧。
体育館の床に見える映り込みまで描かれているのを見て、「ここまでこだわるか」と感嘆しました。
その他にもシーンに合ったBGMやキャスト陣など良い点は尽きません。文句なしの☆5です。
私はもともと原作のファンなのでドキドキしていたのですが、期待を裏切らない、素人目ですが原作を大事にしてくれているアニメだぁ、と思っています。
(原作の書き込みの多さは、バレー経験者には“バレーあるある”が沢山詰まっていて、かなり面白いです。)
メインの台詞の後ろで誰かがしゃべっていたり、原作の小さい字の台詞も入れてくれたりしていて、普通だったら当たり前にあるごくありふれた場面が演出されていたり、これからさらに出てくるキャラクターが、どれだけすてきになって出てくるのかが楽しみです。
これからへの期待も込めて、☆5つです。
酷い内容だった
身長160そこそこの主人公が超驚異的な跳躍力を武器に大活躍!
背の低い日本の子供達も努力すれば大丈夫!バレーやろうぜ!みたいな大嘘
日本(アジア)人は跳躍力がない
逆立ちしたって運動神経のいい黒人には勝てないよ
それは努力云々ではなく骨格や腱の構造自体の問題
持久系は努力でかなり伸びるが、瞬発系はすぐに頭打ちになる
私がスラダンや黒子のバスケ(あと一応あひるの空)を評価する理由は
一見、夢のある青春スポーツものにみえるが
バスケ(バレー)というスポーツは長身が一番の才能。チビが生き残るには王道(高さを活かし点取る)は避け工夫するしかない
という事実ははっきり示しているから
というか低身長がハンデをおしのけ頑張る題材って女性作家がやたら好むが
普通にスピードやらテクニックがあればPGとかセッターになればええだけの話やんっていうね
「つか名塚佳織が普通に生き残ってるの何でやろ」←地味にこっちの方が凄い
やっと購入しました!
漫画でみるより、アニメの方が
迫力もありますし、
バレーがわからない方にも
わかりやすく見れるんじゃないかと思います。
アニメ→原作でハマりました。
バレーはやった事もないしルールも知らないけど(武田先生の解説に助けられてる)
今時珍しく真っ直ぐと言うか純粋直球な主人公で、
日向の体当たりなコミュニケーションは見てて気持ちが良いです。
漫画の方のレビューでも書きましたが、アニメが始まる前まで
「なんだ高校のバレー部漫画か」位にしか思ってなかったのですが…
アニメ第一話の
中学で最初で最後の大会で大敗し、
リベンジを誓った相手と同じ高校で再会、おまけにチームメイトになってしまった。
「何これ面白い♪」で、ハマってしまいコミック1〜10巻を買いに走りました(笑)
王様こと影山の変化も良いですね。
変な必殺技とか出ないもの良いです。
プリンヘッド物語と言うタイトルになっていますので、ジャケット手前の人がメインですね。あと、アイキャッチ集は、田中バージョンです。
まず、レビューに4話から5話と書いている方がいますが収録話数は4話から6話です(*'ω'*)
各話のおおまかな話と感想を書かせていただきます!
--------
4話はいよいよ月島たちとの対戦の話。
日向と影山の変人速攻が完成するシーンは見ているこっちまで口がにやけてしまうほどです!頂の景色のシーンもとても綺麗です。
5話はバレー部に1年生4人がバレー部に入部し、いかにも部活って感じのシーンがたくさんあります。肉まんを頬張る日向が可愛い(笑)
6話は日向が初めての練習試合で緊張しまくる話。
青葉城西と練習試合をするのですが日向の緊張で1セット目を落としてしまいます。そこから2セット目にどう立ち上がるのかとても面白いので是非たくさんの方に見ていただきたいです(笑)練習試合に向かうバスの中でのやりとりや全体的に笑えるシーンが多いので6話はとても好きです。そして最後に登場するのは…
----
リアルタイムでもハイキューは見ていますが本当に面白い久々のスポ根アニメと言えると思います。笑いあり感動ありで何度も見返してしまいます(笑)
ハイキューを面白いって言ってくださる方がたくさん増えたらいいな〜って思い、レビューを書きました!
見たことない方もこの機会にぜひ購入してハイキューの世界を体感してみてください!!!

初月無料で大量アニメ見放題音楽聴き放題
ギフト券購入でクレジットカード不要。

おすすめ

ハイキュー!!が好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。