バカとテストと召喚獣にっ!

基本データ

作品名:
バカとテストと召喚獣にっ!
バカとテストと召喚獣シリーズ)
よみがな:
バカとテストとしょうかんじゅう
放送:
2011年 7月
話数:
全 13 話
制作:
SILVER LINK.
みんなの評価:
話題性:
51
累計平均売上:
3,800 枚/
タグ:

動画サイト

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

科学と偶然とオカルトによって開発された「試験召喚システム」を試験的に採用し、学力低下が嘆かれる昨今に新風を巻き起こした文月学園。

振り分け試験の成績で厳しくクラス分けされるこの学園で自信満々にテストの結果を受け取った主人公・吉井明久(CV: 下野紘)を待っていたのは最低クラスであるFクラスの、学び舎とは思えない最低の教室だった――。

この状態を改善するにはテストに応じた強さを持つ「召喚獣」の戦争「試召戦争」で勝ち上がるしかない!新感覚、バトル学園ラブ?コメディ!!

キャスト

吉井明久 下野紘
姫路瑞希 原田ひとみ
島田美波 水橋かおり
坂本雄二 鈴木達央
木下秀吉/木下優子 加藤英美里
土屋康太 宮田幸季
霧島翔子 磯村知美
工藤愛子 南條愛乃
久保利光 寺島拓篤
清水美春 竹達彩奈
島田葉月 平田真菜
根本恭二 宮崎寛務
小山友香 五十嵐裕美
平賀源二 岡本信彦
中林宏美 高山ゆうこ
三上美子 真中桂子
須川亮 後藤啓介
常村勇作 岡野浩介
夏川俊平 小野友樹
小暮葵 三石琴乃
吉井玲 井上喜久子
坂本雪乃 永田依子
藤堂カヲル 仲村かおり
高橋洋子 かかずゆみ
西村宗一 大塚明夫
福原慎/ナレーション 津田健次郎

レビュー・感想

本作はアニメ「バカとテストと召喚獣」の2作目になります。
基本的には続編モノなので、一期を予習していたほうが楽しめると思います。
(でも一期も設定説明は少ないんですよね。。そこが一部不評でもあるようです。)
ただ「複雑高度な設定で視聴者置いてけぼり」、そんなアニメではないです。
私は最初にこのアニメを見たとき「狙ったギャグなのか、演出に失敗しているのか」
判断に困るシーンがありました。「狙っている」とわかってからはとても楽しくなりました。
こういうとだいぶ語弊があるかもしれないですけど「シュールなお約束ギャグ」
が多くて、人によっては「全く笑えないギャグが多い」という方も多いのではないか
と感じました。「笑いどころがわからない、気付かない」といった感じで、、
あえてサラッと流したり、説明をしないクセある演出が多い ...
絵があんまり動かないって言われますけど私は別にそれに違和感を感じなかったんですが。口だけ動くシーンは確かに多いですがそれでもなんの問題はなかったと思います。カラフルなOPとED、奇麗な絵で見るだけでも十分に楽しめます。その上にあんな面白い内容ですから私はこれが良い作品だと思います。
原作未読です。
アニメは一期の頃からずっと視聴してきましたが、
8話は特に秀逸なエピソードです。
明久の底抜けなバカっぷりと、
底抜けな優しさに涙腺堤防決壊寸前・・・。
アニメで涙腺緩んだの久しぶり、
予想してなかったから効果倍増だった。
原作は読んでいないので、比較はできません。
1期以上に動きが硬い。
色々試行錯誤して、動画にしないように努力している。
つか、動けw
あとやっぱりギャグが寒い。
ギャグそのものは面白いだけにもったいない。
間の悪さが駄目にしている。
売上が半減している時点で、質の悪さに気付くべきだったのかもしれないが
全部見ない事には評価できない信念なので。
今期のバカテストは原作をベースにアニメでできる演出を持って上手く料理できてたと思います。
オマケの「それが僕らの日常」は絵が元の漫画と微妙に違って、やや下手っぽいのが残念ですが。(漫画の方は好きです)
あと「魔法秀吉ひでよし」は入れた意味がわからないくらい短いですね。専用のOPくらい観れるかと思ったんですが製作時間がないなら無理に入れなくてよかったと思います。
小冊子は個人的には楽しめました。
にっ今期は原作でも結構面白い作品からチョイスされてきてまして、召還獣とか戦争に捕らわれすぎない製作方向が功を奏した感じです。
始まる前は不安でしたが今期は全体的に楽しめました。
「あまり動かない絵」という意見は今のアニメ業界全体にいえるのではないかと思います。
動かさず、静止画に近い絵を、長年の蓄積された手抜きの技とセンスで少ない人員でも製作できる方向に技術が確立されつつある気がします。
それは売れるかどうかわからないアニメを毎期大量に製作し「下手な鉄砲も数撃てばあたる」といわんばかりですが、ほとんど当たらず轟沈してるように見え
それなら本数を減らしてひとつひとつのクオリティーを高めてもらえる方がいいのですが・・・・売れないモノを沢山つくっても商売として成り立っているのでしょうか?
良い物が必ずしも売れるとは限りませんし。商売とは難しいといったところでしょうか。
原作既読者です。
一期の頃から本巻に収録されている第08話「ウチと日本と知らない言葉」
が映像化されるのを心待ちにしておりましたが、
大変満足しています!
この話は本作品を通して個人的に一番好きなエピソードで、
原作を読んだ時も号泣しましたが、
アニメでも同様、この話し内容を知っていても何度でも泣けます。
『バカ』だけど底抜けに優しい明久、
そして誤解に気付いた後、何とかその優しさに答えようとする美波に
とにかく心打たれます。
この話しを見た後に第03話「僕とあの娘とぬいぐるみっ!」を視聴すると、
また違った味わい深いものになりますよ!
メインヒロインの一人、島田美波が主人公を好きになった
馴れ初めが描かれている回が収録されています。帰国子女だった
彼女が誤解を解消して主人公と仲良くなる。
主人公、吉井明久の善良さがなかなか清々しいです。
第1話オンエア時に、旧知の演出の家(このシリーズとは無関係)で飲みながら視聴。
二回目のTVアニメ化とのことだが「原作未読で前回のシリーズ未見」と言う条件で観てた。
キャラクターの名前一つ知らない状態だったが、アバンとOPフィルムと車内の会話により、大まかな人間関係は十分把握出来る。
特に冒頭の車内の会話はキャラクターの個性が出ていて判りやすく、私同様に一見さんでもすんなり入っていける演出だと思う。
原作読者以外も考慮したシナリオはほめられる。
演出も面白く、富野さんのカットインが動くという感じは個人的には好ましい。
OPアニメもそうだが、デジタル時代ならではの演出だと思う。
自分はデジタル制作になってからのアニメ制作に関わったことはないのだが、こういう事が出来るのなら「もう一度やってみたいね〜」と盛り上がった。 ...

おすすめ

バカとテストと召喚獣にっ!が好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。