バチカン奇跡調査官

基本データ

作品名:
バチカン奇跡調査官
よみがな:
バチカンきせきちょうさかん
放送:
2017年 7月
話数:
全 12 話
みんなの評価:
話題性:
2
累計平均売上:
データ無し
タグ:

動画サイト

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

キリスト教、カソリック信仰者の聖地・バチカン市国。その中に、世界中から寄せられてくる『奇跡の申告』に対して厳密な調査を行い、真偽を判別する機関がある。その機関を『聖徒の座』と言い、そこに所属する神父を奇跡調査官と呼ぶ。天才科学者の平賀(CV: 岡本信彦)・ヨゼフ・庚(CV: 岡本信彦)と、良き相棒にして友人である古文書・暗号解読のエキスパート、ロベルト(CV: 諏訪部順一)・ニコラス(CV: 諏訪部順一)。美貌の天才神父コンビが、あらゆる『奇跡』を調査し、その裏側に隠された事件と陰謀を暴いていく。

レビュー・感想

たまたまアニメをみて、原作を読みました。アニメの方が平賀神父の心の清らかさが強調されていると思いました。声優さんの演技のせいでしょうか。原作だと、もっと変人で天然ぽいと思ったのですが。アニメ最終回が「シンフォニア」なのも良かったです。平賀兄弟とロベルトの涙にもらい泣き。
科学的トリックは原作がより詳しく書いてありますが、アニメの尺内でよく纏まってるなと思いました。脚本家の方は大変だったと思いますが、ぜひ2nd seasonもしてほしいです。
3巻全て揃ってあらためて映像を観返し特典を味わっています。
この第一巻の特典
・藤木稟先生書き下ろし小説
…「トラアングロテラのファンタズマ」
トラアングロテラという郊外の町で起こるポルターガイスト現象の原因をロベルトと平賀が解明します。
短編でとても読み易く書かれていますが、この短いお話の中になるほどな科学、ちょっとしたミステリー、そして恒例のロベルトのお料理はなんと2回もあって、ファンにとっては嬉しく楽しい内容です。
平賀は相変わらずペコリとお辞儀してちょこんとダイニングテーブルに座ります。可愛いな…。
読み終わりたくなかったです。
・THORES柴本先生描き下ろしイラスト三方背
…とにかく美しい真っ赤な背景の平賀。十字架の後ろにある羽がまるで彼の背中から生えている様で、手元で踊るロザリオのチェーンの立体感が ...
アニメ1話でハマり、原作小説も読んでる途中です。
バチカンの奇跡調査官が神の奇跡と呼ばれるものの真偽を科学や文献学で解き明かす!
これだけでも面白いのに、主人公の2人が
美貌の天才科学者の平賀 と 古文書&暗号解析エキスパートの美男子ロベルト
…という神父コンビ(笑)
一応、ミステリーホラーなので…殺害現場とかエグいです。
頭部砕かれたり、歯を全部抜かれたり、目玉抜かれたり…諸々と凄惨な場面が出ます。
収録されてる4話は、ちょうど原作1巻「黒の学院」です。
既読としてはかなり早足な展開に思いますけど、余分なモノを省いて
簡潔になって良いのかな?とも思えます。
例のあの人オチと、聖水と見せかけて硫酸ぶっかける平賀神父が見所でしょうか(笑)
OPはミステリーホラーっぽくない、何とも格好良いヒーローな音楽です。
特典の書き下ろし小説はまだ読んでません。
ブックレットには "ロベルト,sキッチン" というロベルトが平賀に振る舞った料理レシピが…
黒の学院編の相関図と用語集も載っています。
1つ残念なのが、パッケージイラスト(THORES柴本さんの)が
サンプル画像と違ってちょっとボヤけた感じの印刷でした。サンプル画像の方が色が鮮明。
あと、妙に音声がデカイよ!!

おすすめ

バチカン奇跡調査官が好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。