フレームアームズ・ガール

基本データ

作品名:
フレームアームズ・ガール
放送:
2017年 4月
話数:
全 12 話
制作:
ZEXCS
みんなの評価:
話題性:
3
累計平均売上:
8,400 枚/
タグ:

動画サイト

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

近未来の地球で人類は未知なる可能性を求めて、地上、海底、高空そして宇宙といった各領域を開拓する「プロジェクトRe:スフィア」を立ち上げた。これは枯渇し始めた資源の代わりとなる新たな資源「Tクリスタル」の発見、確保により新たなる動力源「UEシステム」が発明され、全世界に普及したことでエネルギー問題が解決され、同時に増えすぎた人口の生活領域の拡大を目的として、人類の明るい未来を見つめて超国家的に世界規模で行われる一大プロジェクトであった。

この計画が考案される一つの要因が、「フレームアーキテクト(CV: 山村響)(Fa)」の存在である。Faは、世界中の企業、技術者、グループで設立された世界連盟科学技術機構の開発した駆動骨格であり、人間を拡大させた姿の特殊汎用重機としても運用され、人間の動きを完全にトレースし、装備を追加することで様々な領域での行動が可能となった。試作型Faは10年の歳月をかけて試験を実施し、「Fa/TYPE001」として日の目を見ることになる。Fa/TYPE001は、人間型の重機だけでなく、各部位に動力や燃料電池を搭載することで独立稼動することも可能であり、状況に応じたコントロールソフトの変更で人間型以外の形態や部分的な使用も考えられており、通常の重機ユニットとして部品も生産されていた。

しかし、本来の目的が実現されることはなく、その汎用性が「戦争」の道具として使用されることとなる。その背景には、プロジェクトRe:スフィアの中心人物が消息不明となり、彼が月に残した月面プラントの制御AIが突如暴走。そこで製造されていたアーキテクトがプラントごと人類に牙をむき、敵性アーキテクトである「アント」を降下艇で地球に送り込んできたことがあった。人類はこれに対抗するため、地球防衛機構を設立し、プロジェクトの領域開拓用に用意されていたフレームアーキテクトを戦闘用に改造した「フレームアームズ」を開発する。月側のフレームアームズと、地球側のフレームアームズの戦いが始まった。

レビュー・感想

一つのストーリーが15分弱なため、やや内容が薄く、肝心なプラモの組み立てに関する話は第一話でしか語られていない。なぜ脚本家にプラモ未経験者を採用したのか全く理解不能です。
バトルシーンはどの回をとっても中途半端で、ストーリー前半は主砲一撃で勝ってしまうし、ラストバトルの空中ドッグファイトに至っては2色の流れ星がぶつかり合うだけという低コスト演出で片づけられている。
この驚きの内容の薄さを補完するためか、所々にちょっとエッチなシーンや一枚絵を入れ込むなど変なトコに力を入れている。FAGプラモファンの私からしても、「劣化版武装神姫」としか言い様がない。
ちなみに、公式ガイドブックやプラモ雑誌のインタビューなどを読んでみると制作の経緯がわかってきて面白い。
付属のキットは既出のキットを組み合わせたものであり余程の轟雷ファンでない限り、正直いらない。(キットが付くから買えなかった人も居るのでは?)
素組み+スミ入れ+合わせ目消し だけでこの仕上がり。
素晴らしいプラモデルだと思います。
部品点数がそれなりに多く、難易度は他のFA:Gシリーズより高めと思いますが、ガンプラを作った時とはまた違った満足感があります。
なお、脚部の素材はABSですが、合わせ目消しはタミヤの普通のプラスチック用接着剤(Tamiya Cement)で綺麗に消えます。ABS用接着剤は、乾燥が早いのと接着力が強過ぎるために、合わせ目消しにはやや使いにくかったです。
※写真追加。
PETボトルのキャップをステージ代わりに使用。素体は、フライングベースを使わなくても自立可能で、もの凄くバランスが良いです。
マーケットプレイスで購入です。
外箱が若干つぶれていましたが、中箱は問題ありませんでした。
轟雷(白黒、ジョイント追加、チークフェイス、ただしフリースタイル抜き)+追加装甲+レールガンです。
パン2デカールは一種類です。
追加装甲にはノーマル轟雷の欠点の一つだった脛のパーツを可動式に変えるパーツがありますので
若干可動域が増えます。
余るのは旧脛パーツと、汎用ポリキャップ多数(いい加減なんとかしろブっキ)です。
上半身をイノセンティア化とかスカートとか修正が欲しかったところですが、
実際に出るかわかりませんが、製品版轟雷改(仮)がでるのを期待することにしてます。
BDのみの評価なら☆2つです。
ラストバトルとエンディングは不満ありませんが、最終話後半の展開が受け入れられません。
他でやってください。CD売りたいなら特典映像で別にしてください。
でも、まあ、轟雷改の付録ですから、シーズン2がでても購入するでしょう。
こういうのでいいんだよこういうので
特典のプラモの箱はアニメ準拠でファンには嬉しい。それでいいんだよ。
アニメ自体も素晴らしい。それがいいんだ。
だが転売屋、てめーはダメだ。
基本的に通常の轟雷(成形色違い)+改の装甲や武装のパーツのキットです。
轟雷本体の変更点としてはスティレットから付属してる股関節のABS製ボールジョイントは入っているので通常版の轟雷よりは関節が緩みにくくなってます。
表情パーツは右向き顔が無く代わりに叫び顔が入っています、アニメ版に準拠した瞳のカラーで、チークも入ってます。
武装はレールガンのみで、フリースタイルバズーカは入っていません、レールガン+バズーカの2丁拳銃にしたいと思っていた方はご注意。
武装が追加でなく変更なのが公式の説明などを見てもわかりにくいのはどうかと思う(画像を見ればわかりますが)。
進化の早いFAガールのプラモの中で最初期の轟雷そのままでなので部分塗装しなければならない部分は多い、1,2巻の素体のような肩関節では有りませんしスカートも分割ではないので可動も物足りないですが、「改」のパーツやマーキングは自作するにはハードルがかなり高いので轟雷改を作るには現状ではこれを買うしかないです。
とは言え、成形色と追加パーツによって通常の轟雷から大きくイメージが変わり、ジョイントが増えてプレイバリューも広がり、楽しいキットではあります。
特に目立った傷や痛みは無く問題なし。
特典の方もアニメを見ているとニヤリとしてしまうような遊び心があり、とても良い品を購入できた。
表題通り、クリアファイルですが底じきになっている二枚の段ボール板の間に挟まっています。
完全に隠れていて最初はどこに入っているのかわからず、もしかしたらそのまま捨てていたかもしれないので注意してください。
内容に関しては言うまでもなく安心のクオリティです。OPは8話以降の手書きバージョンに差し変わっていました。
そして付録(本体?)の素体轟雷ちゃんですが、大方の予想通り色を変えたイノセンティア(メイン)、アーキテクト(胸部等)、マテリア(手足)のミキシングとなっています。なのでアーキテクトの頭部装甲などは二巻のスティ子と併せて2セットほど予備ができることになります。
また、これは当方の勘違いでしたがコトブキヤショップ限定の付録はユナイトソード(迅雷の装備)であり、Amazon版でも轟雷カラーのリボルビングバスターキャノンはしっかりと付いてきます。
なお、パッケージはアニメ1話であお邸に届いたものと同じデザインになっており、スタッフの分っている感を感じ取れました。
お値段は少々張りますが内容は値段に見合った…というよりもお値段以上のものになっていると思います。
購入された皆さんは良い品届きました?私のは最悪でした(ーー;)開封したらキットの箱上部に少し谷折り後と右側の角から際までバッチリ谷折り後・・・
キット事態には何も破損は無いのですがバーゼラルドファンとしてはいささか不服です!だって!アニメ番顔パーツ欲しさに買ってるのにまんまバーゼラルドきたよ・・・
ボディーパーツ変更じゃ無くてキャッキャのバーゼちゃんが欲しかったんよ(ノ_<。)
だから★4つ!ブキさんに一言!企画映像を商品化したなら外箱も金額に含まれる商品だよね?
中身の箱が折れ曲がってるって入れ方悪くない?アニメ番が好きなので仕様もその様にして!
因みにこのレビューはAmazonの梱包ではないので間違えないようにお願いします!
本店で購入したら大丈夫だったのかしら?

おすすめ

フレームアームズ・ガールが好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。