ミス・モノクローム -The Animation-

基本データ

作品名:
ミス・モノクローム -The Animation-
ミス・モノクロームシリーズ)
放送:
2013年 10月
話数:
全 13 話
制作:
サンジゲン
みんなの評価:
話題性:
4
累計平均売上:
1,479 枚/
タグ:

動画サイト

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

アンドロイド(ガイノイド)であるミス(CV: 堀江由衣)・モノクローム(CV: 堀江由衣)は、無機質で大きな城に住んでいた。そんなある日、テレビに映るKIKUKO(CV: 井上喜久子)の姿を見て「もっと前に出たい」という思いから、KIKUKOのようなアイドルを目指そうと努力を始めた。しかしスケジュールは真っ白、世話人のマナ(CV: 神田朱未)もミス・モノクロームの全財産を持って失踪してしまう。城を追われ、路頭に迷ったミス・モノクロームはひょんなことからマネオと出会い、アルバイトを始めることにした。

ミス・モノクロームは、トップアイドルになるために、今日も周囲を巻き込みながら活動する。

レビュー・感想

アンドロイドのミス・モノクロームがアイドルを目指すストーリーだが、それが毎回とんでもない方向に向かうという5分モノのギャグアニメ。世界観やキャラ設定も意外としっかりしており、オチ無しで投げっ放しの新境地ギャグもあれば、ワザと狙ったかのようなスベリギャグもある。そんなことはさておき、やはりEDの3Dダンスが見所。ポリゴンモデルによる人間の動きをした3Dアニメーションが強烈。不気味な第一印象はあったが、毎回見入ってしまい「不気味の谷」を飛び越えて、視線が釘付けになるから不思議。この中毒性はヤバイ。
本放送は文句なしに面白くて、毎週楽しく観れたので購入しました。ただ一つだけ残念だったのは、二巻構成な事です。
値段は多少高くてかまわないので、一枚に全話入れてほしかったです。
とはいえ、ベテラン声優さんの演技はとても素晴らしく、作画はかなり気合が入っているので買って損はないと思いますよ。
とくに藤原啓治さんがよい。
EDのポーカーフェイスのミュージッククリップ(FULLver)でボルテージMAXです。
良かった点
・安定のクオリティ
・ブックレットがすばらしい
・サウンドトラックがすばらしい
・ポーカーフェイスのミュージッククリップがすばらしい(FULLver)!
悪かった点
・なし
特典のことばかり評価してますが、作品のクオリティはかなり高く
どの部分を切り取っても妥協をうかがえる部分は一切ありません。
それだけでも満足なのですが、特典の出し惜しみが一切無い部分に感激しました。
まず、ブックレットは約40ページのボリュームで各話のコンテ、ストーリー
監督コメント、キャラクター設定画などが書かれており、劇中での
ネタの元(KND13は黒猫同盟が元になっているなど)が色々書かれていて
面白い内容になってます。
そしてサウンドト ...

初月無料で大量アニメ見放題音楽聴き放題
ギフト券購入でクレジットカード不要。

おすすめ

ミス・モノクローム -The Animation-が好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。