モーレツ宇宙海賊

基本データ

作品名:
モーレツ宇宙海賊
モーレツ宇宙海賊シリーズ)
よみがな:
ミニスカパイレーツ
放送:
2012年 1月
話数:
全 26 話
制作:
サテライト
みんなの評価:
話題性:
15
累計平均売上:
7,337 枚/
タグ:

動画サイト

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

概要

海明星(うみのあけほし)に住む高校1年生の茉莉香(まりか)は、ある日、死んだと思っていた父親が実はつい最近まで生きており、宇宙海賊船・弁天丸の船長だったと知らされる。さらに、弁天丸が海賊として活動を続けるうえで欠かせない私掠船(しりゃくせん)免状の継承のためには、直系の継嗣である茉莉香が船長になるのが条件と告げられた。茉莉香は女子高生兼宇宙海賊船船長としての生活を送ることになる。

各巻あらすじ

第1巻『ミニスカ宇宙海賊』
茉莉香は弁天丸クルーの訪問を受け父の死亡を知らされるとともに船長就任を要請される。返事を保留したままオデットII世に乗りヨット部の練習航海に出たが、船が電子攻撃を受けたり、幽霊船に追跡されたりする。オデットII世は茉莉香の機転とヨット部の先輩リン(CV: 日笠陽子)のクラッキングの腕で、電子攻撃を仕掛けてきた『幽霊船』を返り討ちにするが、思いもよらない方法で逆襲される。
第2巻『黄金の幽霊船』
弁天丸船長として学業と海賊業の両立を始めた茉莉香。豪華客船襲撃の「営業」を終えた弁天丸船内で密航者が発見される。密航者はセレニティ王国の皇女グリューエル(CV: 戸松遥)で、建国時の移民船でもある「黄金の幽霊船」の捜索を弁天丸に依頼する。
第3巻『コスプレ見習海賊』
茉莉香以外の乗組員が感染症で隔離されてしまった。所定期間以内に次の海賊行為をしないと免状が失効するため、茉莉香はリンたちヨット部員を弁天丸に乗せて「営業」することを決意する。ヨット部員を即席の白凰海賊団に仕立てて弁天丸を動かし、なんとか依頼された豪華客船襲撃の「営業」を成功させるが、今度はリンが「営業」どころではない危険な仕事を依頼してくる。
第4巻『漆黒の難破船』
120年前の独立戦争時に行方不明になった海賊船「黒鳥号」からの救難信号がオデットII世と弁天丸に届く。翌日、ヨット部の部室に税務局員を名乗る男が現れ、税の滞納を理由にオデットII世の差し押さえを通告してくるが、ニセ税務局員だと見破ったリンたちは対抗策を講じるべく部員を緊急招集する。
第5巻『白銀の救難船』
前巻の続き。オデットII世を狙う敵と対決すべく、茉莉香の母である梨理香が指揮するオデットII世と弁天丸・バルバルーサは、赤色巨星ガーネットAへ乗り込む。しかし、オデットII世は制御ステーションと連結したまま何処かへ跳躍させられてしまう。
第6巻『真紅の海賊船』
第4巻から続く物語の完結編。辺境区の七つ星連邦に跳ばされたオデットII世と梨理香やヨット部の仲間を救うため、茉莉香は弁天丸で後を追うが、そこには一連の事件の黒幕である辺境海賊ギルドの大物が待ち受けていた。
第7巻『蒼白の髑髏星』
帝国第五艦隊との演習を終えた茉莉香は、帝国情報部からの依頼と辺境海賊ギルドからの招待状を受け、クーリエ(CV: 堀江由衣)や帝国情報部員のナッシュ達と共にサイレント・ウィスパーで辺境の海賊の本拠地があるという髑髏星へ向かう。
第8巻『紫紺の戦魔女』
髑髏星に滞在していた茉莉香達だったが、グリューエルが誘拐騒ぎに巻き込まれ、その中で賞金稼ぎのノエルと出会う。いつもの「営業」を終えて帰還中に救難信号を受信した茉莉香は、駆けつけた客船でノエルと再会し、彼女の追う賞金首ジャッキーの動向を知らされる。
第9巻『無法の御免状』
海明星の近くで救難信号を受けた茉莉香達は現場に駆けつけるが、輸送船を襲っていた謎の艦隊は弁天丸にも矛先を向けた。辛うじて猛攻から逃れて海明星へと戻ったが、輸送船を襲ったのは他ならぬ弁天丸であると濡れ衣を着せられ、銀河帝国から指名手配をされてしまう。

キャスト

加藤茉莉香 小松未可子
チアキ・クリハラ 花澤香菜
遠藤マミ 小見川千明
グリューエル・セレニティ 戸松遥
加藤梨理香 甲斐田裕子
ミーサ・グランドウッド 伊藤静
ケイン・マクドゥガル 松風雅也
百眼 藤原啓治
クーリエ 堀江由衣
シュニッツァー 三宅健太
ルカ 水原薫
三代目 松岡禎丞
グリュンヒルデ・セレニティ 金元寿子
ジェニー・ドリトル 佐藤利奈
リン・ランブレッタ 日笠陽子
ミレーネ・セルトン 早見沙織
ベリンダ・パーシー 三森すずこ
アスタ・アルハンコ 安野希世乃
イズミ・ユノモト 内田真礼
小林丸翔子 野村香菜子
エイプリル・ランバート 巽悠衣子
リリィ・ベル 佐藤聡美
原田真希 赤﨑千夏
ウルスラ・アブラモフ 西明日香
サーシャ・ステイプル 高森奈津美
ヨートフ・シフ・シドー 斧アツシ
アイ・ホシミヤ 茅野愛衣
ヤヨイ・ヨシトミ 南條愛乃
ナタリア・グレンノース 伊瀬茉莉也
ショウ 安元洋貴
親父さん 松山鷹志
クォーツ・クリスティア 三瓶由布子
ケンジョー・クリハラ 松本保典
フェイ 腹筋善之介
ジョン 遠藤大智
鉄の髭 小山力也
選手達 ももいろクローバーZ
ナレーション 小山力也

レビュー・感想

タイトルから受ける印象でキワモノ?と思って視聴し始めましたが、きっちりSFの考証がなされた最近では
珍しい作品です。特に河森監督デザインのオデット2世号は、美しさと機能美に溢れています。
2クール構成でじっくりと背景を描きながらストーリーを進めているのも良いです。
次巻からは4話構成でお得ということもあり全巻購入予定です。
SF物です
主人公の性格がとてもいいです
うじうじしてないし前むきでとてもみていて気持ちいい主人公だとおもいました
久しぶりにはまれるアニメだなとおもいました
2クールのアニメですがどことなく90年代アニメを思い出す
雰囲気を持った作品ですね。
ちょっとしたお色気である見えそうで見えないシーンなど
昨今の湯気や光などがなく自然と溶け込んでいると感じます。
原作からの入りですが、内容はとてもよかったです。原作付きのアニメの場合かなり削られてしまいスピードの有りすぎる展開になります。しかし、この作品はしっかりと原作に忠実に描かれているとおもいました!予約購入して良かったと思いました。
5巻に収録されている話は15話〜18話である。
この部分はヨット部のメンバーが海賊稼業をお手伝いするところから
ジェニー前部長のお家騒動にヨット部員が巻き込まれるところまでを描いている。
この巻は描写不足やそれまでの巻との矛盾点が目立ち、このアニメの長所だった緻密な描写がやや崩れている。
具体的な点を挙げると以下のとおり。
・ヨット部のコスプレ海賊が好評だったということで終わっているが、どう見ても滑ってるようにしか見えない。
・それまで「船員を危険に晒すことはしない」と言っていた船長が、勝算もないのに「面白そうだから」と事件に首を突っ込む。
・お家騒動の決着の仕方が稚拙。結果オーライでしか無い。
さらにこの巻では前部長と現部長のガチレズ描写がある。
これまでの巻では百合要素はソフトな描写しかなかったので、これは確実に好き嫌いが分かれそうだ。
このページを見ている人は1〜4巻まで買い進めていることだろうから、多少不満点があっても買うだろう。
私はつなぎの回だと思って買った。
放送前、タイトルからは「ドタバタコメディのようなもの?」としか読み取れなかった本作品。
しかし、蓋を開けてみると中身は本格的SFアニメ。
「モーレツ」はどこにいったのか、ものすごい地味でした。
いい意味で。
さて、本作品はご紹介の通り普通の女子高校生「加藤茉莉香」が様々な事情により宇宙海賊として活躍していく、といったお話なのですが・・・
「様々な事情」に5話程度使っています。
最近のアニメではいきなり騒動に巻き込まれて成り行きで活躍しちゃう、といった内容の作品が多いような気がするのですが、
本作品では茉莉香やその周りの人々の心情をしっかり描かれていて、意思の変動の様子が手に取るように分かります。
決意を示した場面ではうるっときてしまったぐらいでした。
前述の通り、戦闘は主に大変地味な情報戦です。
ただ、この情報戦 ...
ただの女子高生だったはずの主人公が、自分の両親の過去を知り、宇宙海賊の船長として、そして女子高生としての道を歩みだすスペースオペラ作品。
一話の出だしでは少々古臭いのでは? と感じていたものの、何のことはなく、三話四話と見続ける度に面白くなり、最近のアニメ特有の展開の速さがない部分が、むしろ尺が足りな過ぎると感じさせるほどの引き込みを感じさせる。
コアなSF世界観ながらに序盤のノリは軽めで、ナデシコ以来の佐藤竜雄監督独特の演出も健在。
タイトルやOP等のイメージに騙されて見ていない人は大いに損する作品。ぜひとも腰を据えてじっくり見続けて欲しい。
いかにも宇宙でドンパチしそうなタイトルですが、騙されました。
本作では、そのドンパチやってた時代の後の時代のお話が描かれています。
その時代では、主砲が勝負を決めるのでなく、交渉力と駆け引きが勝負を決定づけています。
それを象徴するのが電子戦。電子戦とは敵戦艦に対するクラッキングで、これに勝利すれば
相手戦艦のコントロールを乗っ取ることができます。
なので、戦艦同士の争いではこの電子戦が前提となってきます。物語の前半ではこの電子戦
の話が丁寧に説明され、そして死人の出ない宇宙戦艦同士の争いを描いています。こうした
大人の決着のつけ方が、後半でもブレることなく展開していきます。映像化の必要性がなか
なか見えてきませんが十分面白い内容です。
作画もなかなか綺麗。原作でも登場したであろうオブジェクトやアイテムのデザインも秀逸で、
個人的に今期で一番オシャレな作品だと思います。

初月無料で大量アニメ見放題音楽聴き放題
ギフト券購入でクレジットカード不要。

おすすめ

モーレツ宇宙海賊が好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。