ロケットガール

基本データ

作品名:
ロケットガール
放送:
2007年 2月
話数:
全 12 話
制作:
ムークDLE
みんなの評価:
話題性:
1
累計平均売上:
データ無し
タグ:

動画サイト

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

とある宇宙開発団体「ソロモン宇宙協会(通称SSA)」は、南太平洋にあるソロモン諸島の島・アクシオ島で、日本初となる有人ロケットの打ち上げを計画していた。しかし、計画は思うように進まず失敗の連続。責任者である所長・那須田勲(CV: 菅生隆之)の元に日本政府から「失敗したら計画を打ち切る」との通達が届く。

失敗続きの新型ロケット「LS-7」の代わりに、実績がある旧型ロケット「LS-5」を導入する決意を固めた那須田たち。しかしLS-5はパワーが不足しており、宇宙飛行士の1人である安川晴行(CV: 田中一成)の体重を78kgから50kgに減量するよう指示するが、当の安川は恐れをなして逃亡する。

那須田と医学主任の旭川さつき(CV: 柳沢真由美)は、安川を追う途中、森田ゆかり(CV: 仙台エリ)に遭遇。彼女は東京在住の女子高校生であったが、彼女の父親がこの島で失踪したことから、それを探しに来たのである。ゆかりの体重が40kg以下である事を知った那須田たちは、ゆかりを言葉巧みに勧誘し、簡単なバイトと称して無理矢理宇宙飛行士の訓練を受けることを認めさせる。

彼女は父親が見つかるまで、ということで訓練に取り組むが、その最中のサバイバル訓練で地元住民の部落に入り、そこで父親が酋長になっていることを発見。ついでにそこで妹に当たるマツリ(CV: 生天目仁美)を見て、自分とほぼ同じ体格であることから、彼女を自分の代役にしようと勧誘、彼女も同意する。ゆかりはこれを機に訓練をやめようと考えていたが、父親に帰るよう説得したときに、「お前がその仕事をやり遂げたら」と言われ、やむなく続ける羽目に。

あまり乗り気でなく訓練を続ける二人だったが、次第に周囲の人々のロケットにかける情熱や熱意を知り、積極的にそれに向かうようになる。そして初めての発射が迫る。数度の中止の後、初めてゆかりは宇宙に出る。しかしアクシデントが生じ、予定通りに帰ることが出来なくなる。様々な試行錯誤のあげく、とうとう予備機でマツリが救出に向かい。二人は無事に帰還する(以上一巻目「ロケットガール1 女子高生、リフトオフ!」)。

このように、順調ではなかったとはいえ、無事に宇宙に出て帰還することが出来たSSAは、機動性の高さ、安価なこと、そのスキンタイト宇宙服の敏捷性と併せて世界の注目を浴び、様々な注文が来るようになる。それにどのように取り組み、遂行するかが以降巻の物語である(以下小説版)。

ゆかりとマツリが宇宙から戻ると、そこはなんとゆかりの母校、そこで宇宙帰りの実験動物の世話をしてもらったことから三浦茜(CV: 長谷川静香)が知り合いになり、茜は宇宙飛行士を目指すことに。彼女は天才的頭脳を持っていたが、体力に難があった。そこでSSAがわはゆかりも体験したサバイバル訓練を実施、彼女は何とかこれをクリア。こうして宇宙飛行士が三人体制となったところに、アメリカから冥王星に向かう予定の無人探査機の修理の依頼が来る。修理中に部品が狭いところに入り込んで、通常の宇宙服では修復不可能になったのである。さっそく茜にその任が下される。ミッションはあっさりと成功。彼女らはアメリカ船のクルーに歓迎される。しかしまたもトラブル発生、無人ロケットが勝手に暴発する。このままでは無人探査機の計画が失敗するが、すでに無人機はさらに高い軌道に入っており、そのままでは近づいて修理することが出来ない。そこで茜のアイデアが活路を見いだす(以上第二巻「ロケットガール2 天使は結果オーライ」)。

ロケットガールたちのデビューから1年、そのアイドル的人気と軽量の利点を売りにSSAが造った路線にフランスが乗り出した。国内のリセエンヌから選りすぐりの五人、スキンタイトではないものの体の線に近い宇宙服で宇宙活動に乗り出した。そして打ち出した計画が月の極への有人探検の計画で、これにサポートとしてロケットガールたちが参加することに。その基地への移動中、飛行機事故に遭遇、うまく切り抜けるがここでフランス宇宙飛行士のリーダー、ソランジュと遭遇、鼻っ柱の強い同士のゆかりと対立が始まる。さて、基地に入って訓練を始めると、フランス側二人が脱落。人気者になったので遊び回り、妊娠していたのである。絶望して投げ出そうとするソランジュをゆかりがいさめ、細部の変更で何とか計画を実行に移す(以上第三巻「ロケットガール3 私と月につきあって」)。

レビュー・感想

他のアニメと比べて絵がすばらしいわけでもなく、CGが凄いわけでもない。
なのに見ているとそんな事が気にならない…
ストーリーと展開の軽快さがそうさせていると思います。
原作は小説なのですが、小説を読まないと内容がわからなくなる事もなくとても楽しめました。
こんな楽しいアニメがWOWOWでのみ深夜にやっているなんて…
と、コメディタッチでテンポ良く描かれているアニメです。
内容は主人公の素人女子高生と、その妹の島の住民少女と、貧弱だけど秀才の主人公の後輩女子高生がわずか数ヶ月でNASAエリートパイロットと共存作業する領域まで一気に到達してしまう話しです。
現実では到底有り得えないことが出来るのがアニメです。
気楽に楽しんでくださいな。
女子高生が宇宙飛行士、でもしっかりSFしてます
野尻抱介著「ロケットガール」が原作
有人飛行を成功させる為、体重の軽い者つまり女子高生を宇宙飛行士に任命
女子高生が宇宙飛行士という一見いかにもライトノベル・アニメ的設定だ
しかし、その設定にも(ハード)SF的に合理的な理由がある
また、有人ロケット打ち上げの技術・スキンタイト宇宙服などなども非常に興味深い
原作は読んでいないので偉そうなことは言えませんが、このアニメの魅力のひとつはロケットのリアルな描写でしょう。
ストーリーの方は、体重がちょうどいいという理由だけで、ただの女子高生が日本初の有人宇宙ロケットの飛行士に
選ばれるという「そんなの実際にはあり得ない」というアニメらしい内容です。
登場人物もまともじゃありません。ロケット打ち上げのためには、文字通り手段を選ばないディレクター。燃料を燃
やすことに生きがいを感じる女マッドサイエンティスト。「こんな連中に重大なプロジェクトを任せていいのか?
いやそれ以前にこんな人間いないだろう」と思わせる面々が非現実的なドタバタ劇を繰り広げます。
ところがロケットの描写になると、一転してリアルになるのです。宇宙航空研究開発機構の協力は伊達ではありません。
液体燃料と固体燃料の ...
前回のような派手な宇宙のミッションはないのですが、
新しいキャラクターの登場により、
ゆかりたちの運命がすこしづつ動いていく様子、
心の変遷を繊細に描いています。
このあとの、怒濤の熱い展開の始まりです。
むっちりむうにい先生のキュートな絵の
半透明材質ポストカードがオマケについてます。

おすすめ

ロケットガールが好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。