概要・あらすじ

概要

アニメはラブコメ路線に変更されたため、独自の話や演出からなるラブコメやギャグ要素が強調された作品となっている。監督によれば「モチーフは『きまぐれオレンジ☆ロード』や『キックオフ』など直球で少し恥ずかしい往年の週刊少年ジャンプ系ラブコメ」とのことで、原作とは趣きがやや異なる。

ストーリー・設定
第1期は第1部第5巻までの話を元に作られているが改変もなされ、第2期はほぼアニメオリジナルとなっているために原作とはストーリーが大きく異なり、主人公・月音は吸血鬼化や屍鬼化はせず戦うこともないという、原作とは対照的なキャラクターになっている。反学派以降の主要な敵も登場せず、クラスの席順や大結界の鍵、萌香の封印周りや三大冥王についても原作とは設定が異なっている。学園と地上を行来するバスは定期便となり、バンパイアはS級の大妖怪とされ、赤い瞳だけでなく銀色の髪もその特徴だとされている。
演出
エロティックな要素や、昭和テイスト、ギャグテイストな要素が強調され、特にパンチラの量は原作より極めて多い。1980年代のカバー曲がBGMとしてよく使用され、萌えを意識した演出も多く、月音と萌香が見つめ合うことが多い。また、心愛の式妖・こーちゃんが第1期から登場し、言葉巧みに状況や用語の解説、登場人物へのツッコミ、敵との戦闘時間を計測する役目などを務めている。萌香の覚醒場面では第1期・第2期共にそれぞれ独自の変身シーンが用いられ、バンクシステムとして利用された。原作の戦闘時に見られる流血シーンなどもない。

第1期

主に2008年1月から同年3月まで独立UHF局他で放送された。全13話。ジャンプ系新作アニメとしては初の独立UHF局放送作品。第4話のオリジナル話を除き、第1部第5巻までの話を元に作られているが、時系列や各エピソードが若干異なっている。

みぞれは2学期からではなく1学期途中からの登場となり、不登校の元凶である教師との関わりもなくなっているため、彼に纏わる話はない。瑠妃の話(魔女の丘編)は、行き先が人間の街から海水浴に変更されたために出会いからオリジナルとなり、お館も死去済みという設定のためにお館とのやりとりもなく、その代わりに瑠妃が死を受け止めきれずに暴走するというものになっている。

公安の話は1学期終盤から2学期序盤の話へと変わり、黒幕の石神が存在しないために月音が人間だと独自で調査して処刑は公開処刑へ変更され、戦闘の流れもほぼオリジナルとなった果てにバンパイア化した月音ではなく裏萌香が九曜を倒す。また、独自のお色気やパロディが描かれることも多い(第5話の水泳大会、第6話の胡夢と紫の推理小説パロディ、第9話の海水浴へ行く話、第11話のスーパー戦隊シリーズパロディや超新聞部とお色気で新聞配り対決など)。

テレビ大阪やテレビ愛知など一部の局では、テレビ放送時に露骨な部分の幾つかを謎こうもり(CV: 子安武人)で見え難くする修正が加えられた。また、第2・3話のOP・EDと第4話以降のOP・EDでは、アニメーションが修正されており、曲もわずかにアレンジ(リミックス)されている。

第2期

2008年10月から同年12月まで、独立UHF局他で放送された。全13話。第1期とはネット局や放送順に変化が生じており、テレビ愛知が外れた代わりに三重テレビとぎふチャンが新たに加わった。

月音が2年に進級してからの話となるが、第2話の後半・第7話・第11話以外はアニメオリジナルとなり、心愛の性格はよりきつい性格になっている。第7話と第11話の話は原作では月音が1年の時の話であり、第7話の一時帰宅の話には月音の従姉妹・響子も絡むこととなる。また、第11話のリリスの鏡の話は学園祭から平日での出来事となり、黒幕となる石神が存在しないために彼女に纏わる部分もなくなり、萌香が分裂したり大結界が壊れるというアニメオリジナルの結末となる。

第1期より更にラブコメやギャグテイストな話や演出となり、スラップスティック要素も加味された。パンチラも更に増やされ、テレビ放送時の修正も強化され、テレビ大阪では大半の部分に謎こうもりやクマのプリントが挿入されて見えなくされた他、TOKYO MX、チバテレビ、三重テレビなどでも、数か所は見え難くされた。

OPアニメはOPテーマに合わせて踊るプロのダンサーの振り付けをモーションキャプチャで撮り込んだデータに、アニメーターがキャラクターを合わせて描いたものが用いられた。また、第2話以降のOPではスタッフロール字幕が第1期の字幕と異なり、カラー付角字体に改定された。

レビュー・感想

一期はそれでも原作基準で話の短縮のためオリジナル要素もありという感じでしたが、この二期はほとんどオリジナルそのものです。人によっては賛否あるかもしれません。更にラブコメが強くなってるので月音のグール化無しも含め個人的にはどっちつかずな感じです。まあ面白いんだけどね!パンチラも相変わらず見せまくりです!今回は1巻から裸(下半身含め)も見せ放題!封入特典もジャケとリバーシブルの下敷き付。一期と同じくEDもまたカッコいい!コメンタリーは折角の新変身シーン時はずっと制服の話はやめてほしかった・・・(笑)
見た後に何も残らない作品ですね。私は一期の最初の方を見てました。二期が始まったのを知って、そんな人気あったの?と二期を見たけど馬鹿の一つ覚えのようにパンツばっかり見せて、何がしたいのか?そんな風に感じました。シナリオも面白い訳でもないし、キャラにも魅力を感じない。水樹奈々のシングルついでにアニメ作っちゃいました的な作品だろう。会社などの都合でアニメ化された原作者が可哀相だと思った。
ロザリオとバンパイア。第一期も二期もすべて楽しませて頂きました。まだ最終回は見てないですけどね^^;そう、ロザリオとバンパイアの原作の漫画、オリジナルのアニメ全部見ていて楽しいです。いろんなレビューも拝見させて頂いて思ったのですが、原作での月音のバンパイア化がアニメでは出そうにない。これはこれで別に問題ありません。バンパイア化すると話がまだ続きそうで出てくるにこしたことはないのですが、あくまでオリジナル。私はオリジナルということで原作にない場面をアニメで体験できる。これはすばらしいことです。必ずしも月音がバンパイア化しなければならないということはありません。第二期でも予想外な面もありましたし、緊迫感も感じられます。また、パンチラ等ででてきている謎こうもりと熊?(笑)等も頻繁に使われるようになりましたね。隠しているつもりが見えていたりする場面もあったり毎回笑わされます。この製品のレビューに書かれていましたがパンチラが謎こうもりで隠されていても見えていたら隠す必要がないと。なるほど、確かにその通りなのですが、私が思うに一期では頻繁に出現してましたが、二期では心愛の登場により謎こうもりの出番が少なくなっています。そこで頻繁にパンチラの場面に使われるようになったのでしょうね。私はそう思います。しかし、そこで謎こうもりがパンチラを隠しきれていないというが問題であって、かつ純粋に面白いです。パン ...
アニメのこの作品はお色気シーンが多々あり、見ていて非常に良い。僕はアニメのロザリオとバンパイアしか見てないけど、アニメも凄く面白いと思います。
パンツをわざとらしく見せまくるカット割が続くと、途端に萎えるというのが良く分かる作品。
不可抗力で見えたのか、わざと見せる演出かの違いもある。
別にパンチラは否定しないけど、
やたらとわざとアングルいじって見せ過ぎるというのは萎え現象を加速させる状況を生む演出となる。
パンチラさえあれば何でもいいという人にはおすすめ。
あまりにも直球過ぎるエロ演出がコテコテに続くものには萎えるという人にはおすすめ出来ない。
直球に頼らないと萌えを演出出来ないという時点でレベルが低い。
サプカルチャーとはそんなに奥の浅いものなのか。
バランスがあってこそ魅せるとなる。ただの連発ならバーゲンセールと同じで価値も色あせる。
演出のレベルの低さから星1つ。
こういうハーレムアニメは決して嫌いではないんだが…いくらなんでもヤリ過ぎだろう?
パンチラだよ パ ン チ ラ !
あまりにも強引し過ぎる見せ方には嫌気がさしてくるぞ(-_-#)
まあ見方のを変えればそれなりに楽しめる作品ではあるのだが、見せればいいてもんじゃないんだから、そろそろ気付いてもいいんじゃないだろうか…
内容がヒドイです!原作の様ないい意味での緊迫感が感じられません!主人公月音が原作の様なバンパイア化をしないのも原作の様な緊迫感を出せない要因ですね!オリジナルにするのはいいですけど月音のバンパイア化は普通に考えてもロザリオとバンパイアという作品ならオリジナルアニメだろうと外すべきではなかったと思いますよ!実際次週CAPUシリーズ最終回ですけど月音のバンパイア化は無さそうなので結局1期の最終回で一瞬バンパイア化したかしなかったか程度だけなので本当に残念です!
あとはパンチラの時のコウモリ邪魔です!隠してるようで結局見えてるので邪魔以外ありません!ダメならパンチラやらなければいいんですよ!あのパンチラの性で大作と言える原作のロザリオとバンパイアが安いモノに見られそうでイヤになります!
第2期の続編では、裏モカお姉様に敵わずに捨てられたことを後悔させてやると勢い込んだはいいが、やはり
返り討ちにされてしまう妹(なぜかちんまりツインテール)が登場。更につくねを巡るライバルとして、
ストーカーな雪女のみぞれが参戦、クール&スパイシーでいい味出してます。途中、両親が登場してつくねとの
結婚式を強制的に設定しようと画策するも、つくねもモカのことを心から好きであることが分かると無理強いはせず、
愛娘のやりたいようにやらせようと、潔く引いて見守ろうとする姿は大人だねぇ。
モカのかぷっちゅーはあまり目立たなくなり、って更なる絡み合いが暴走を招いての、つくねとの2人だけな状況
が作れなくなってしまうのが、少々残念ではあるが。。。
やはり最後に「試練」(つくねを陽海学園に置いていては両方の世界が崩壊する)があるが、5人娘のパワーを結集
して決着したらしく。最後までつくねは、「モカさん!」と言いつつ、3+1人に抱きつかれて、モカもどうすれば、、、?

初月無料で大量アニメ見放題音楽聴き放題
ギフト券購入でクレジットカード不要。

おすすめ

ロザリオとバンパイア CAPU2が好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。