ロボットガールズZ

基本データ

作品名:
ロボットガールズZ
ロボットガールズZシリーズ)
よみがな:
ロボットガールズゼット
放送:
2014年 1月
話数:
全 9 話
制作:
東映アニメーション
みんなの評価:
話題性:
1
累計平均売上:
1,915 枚/
タグ:

動画サイト

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

2009年から2012年まで展開された『東映ロボット(CV: 佐藤聡美)ールズ』を引き継ぐロボットガールズプロジェクトの再始動企画であり、東映ロボットアニメとマジンガーシリーズ(および永井豪原作作品)の主役ロボット達が美少女キャラクター(萌え擬人化)となって活躍する。2014年1月4日より東映チャンネルで30分枠(1本10分を3本)・全3本(全9話、リピート放送あり)が放送予定。この他、ニコニコチャンネルでも配信される予定。

放送に先駆け、2013年7月30日より公式サイト、YouTube、ニコニコチャンネルで0話PVが配信。同年10月18日より公式サイト、ニコニコチャンネルで1話前半の先行配信が行なわれている。また、放送前特番として2013年12月6日 5:00 - 5:30に「放送直前!『ロボットガールズZ』特番」が東映チャンネルにて放送される(リピート放送あり)。

キャッチコピーは「無敵の力はアタシのために 正義の心は二の次、三の次」。舞台は東映アニメーション本社の近くの東京都練馬区大泉学園町をモデルとした「大泉学園光子力町」とされている。

キャスト

マジンガーZ(Zちゃん) 本多真梨子
グレートマジンガー(グレちゃん) 水瀬いのり
グレンダイザー(グレンダさん) 荒浪和沙
ゲッターロボ(ゲっちゃん) 内田真礼
リョウマ 稲田徹
ハヤト 竹本英史
ムサシ 川津泰彦
ジーグ(ジーグさん) 津田美波
ガイキング(ガイちゃん) 高岡香
ガ・キーン(ガッキー) 佐藤聡美
バラタック(バラたん) 辻あゆみ
ダンガードA(ダンダン) 喜多丘千陽
あしゅら男爵 久川綾
ガラダK7(ガラダちゃん) 森下由樹子
ダブラスM2(ダブラスちゃん) 東山奈央
グロマゼンR9 谷口夢奈
ガイアQ5 松井桃子
キングダンX10 後藤沙緒里
グロッサムX2 宮本佳那子
ポセスO2 洲崎綾
バランガM2 畑中彩希
ミネルバX 菊地美香
ラインX1 古谷静佳
ベルガスV5 山村響
ドクターヘル 島田敏
暗黒大将軍 田村ゆかり
ゴーゴン大公/ゴーゴン大公娘 野中藍
獣魔将軍/獣魔将軍娘 山本彩乃
ジャック 荒井聡太
暗黒大将軍、闇の帝王(ミケーネたん) 田村ゆかり

レビュー・感想

黄金時代を創り上げた人たちがもうそこにいないのは分かっているけど、それを引継いだ人たちにプライド(と才能)の欠片もないのか。こんなのを見ると、悲しくなります。
東洋のディズニーを目指して創立された東映動画(東映アニメーション)はその初期においてむしろロシアのアニメーションの影響を強く受け、芸術性の高い作品を次々と劇場映画として公開した。
やがて手塚治虫率いる虫プロの「鉄腕アトム」という「テレビアニメ」の登場と隆盛に東映もテレビアニメに参入、第一弾作品こそ「狼少年ケン」というターザンの翻案的少年冒険ものだったがすぐさま「レインボー戦隊ロビン」や「サイボーグ009」等、日本テレビアニメ界初期の傑作SFを製作した。
そして70年代、天才「永井豪」の原作の下、画期的ロボットアニメ「マジンガーZ」は登場した。
ロボットアニメというカテゴリーを日本アニメ界に定着させた功績について今まで何度も論じられてきたが、現在のアニメファンたちにどれほどの実感をもって迎えられているのか?そのあまりに伝説的な偉大さは決して大げさな誇張でもなければ美化された過去でもなくむしろ抑え気味に伝わっているのが真相であると言える。例をあげるなら、数年前某テレビ局のアニメ特番において世界一視聴率の高いアニメはフランスで放送されたドラゴンボールZの67パーセントという発言があったが同じフランスで100パーセントの視聴率を記録したグレンダイザー(フランスでのタイトルはゴールドラック)については触れられていなかった、マジンガーZもスペインで80パーセント台の視聴率をあげておりどちらにせよ ...
一見ロボットを美少女にしただけの萌えアニメと思いきや、表面的なパロディだけでなくカット割りやキャラクターの仕種など随所に永井豪先生のナンセンス漫画っぽいテイストが散りばめられておりとても楽しめました。名前だけ知っているというスパロボ世代の方にも是非、元ネタであるアニメ・原作を見てから観賞して頂ければより一層楽しめる作品になっています。あと1巻のおまけ番外編にはこの作品一番の美少女も登場しますので東映チャンネルやニコニコ動画で見られた方にも是非見て頂ければと思います。
期待を裏切らないお約束が、次から次へと出て来る。
大体、こういう作りをされると、だんだん嫌になるものだけど、気にならない。
崩しなどの絵柄の選択や、寒いギャグをさらりと受け流す方法や、台詞のタイミングの取り方が、うまいのかな?
相変わらずのメチャクチャぶり。
暇を出されたアシュラさん、心配した部下達が怪しい奴からメカを手に入れ、Z達に挑みます。
そのメカはZたちの攻撃をものともしない。グレンダさんが捕まり、グレンダさんの服が一瞬で剥ぎ取られます。節操が無いにもほどがある。(そこが、面白いんだけど。)
その後、下着姿のグレンダさんを地面にめり込ませ、股間を叩き、更にめり込ませます。
更に、グレートの服を引き裂いたり、スタッフの欲望か、観ている私達の願望かは知らないけど、もう歯止めがききません。
残り2話で最終決戦! ...
初回特典仕様でドラマCDやら色々付いて良かった。
機械獣ガールズの元ネタも書いてあるブックレットは重宝です。
2と3も欲しくなりますね。

初月無料で大量アニメ見放題音楽聴き放題
ギフト券購入でクレジットカード不要。

おすすめ

ロボットガールズZが好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。