乃木坂春香の秘密

基本データ

作品名:
乃木坂春香の秘密
乃木坂春香の秘密シリーズ)
よみがな:
のぎざかはるかのひみつ
放送:
2008年 7月
話数:
全 12 話
制作:
スタジオバルセロナ
みんなの評価:
話題性:
13
累計平均売上:
5,638 枚/
タグ:

動画サイト

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

白城学園に通う綾瀬裕人(CV: 羽多野渉)はごく普通の男子高校生であり、平凡な日々を過ごしていた。一方、同じクラスメイトである乃木坂春香(CV: 能登麻美子)は容姿端麗・才色兼備な深窓の令嬢であり、学園のアイドルであった。特に接点があるわけではない二人であったが、ある日、裕人が親友の朝倉信長(CV: 高木礼子)の代わりに図書室に本を返却しに行った際に春香がアキバ系であることを知ってしまう。

この一件から、裕人は自分の秘密を周囲に知られることを極端に恐れる春香をフォローすることになり、彼女の実家である乃木坂家とも交流を深めていく。そんなある日、春香は自分のドジで自分の趣味を衆目に晒してしまう。裕人のフォローにより事なきを得るものの、春香はショックのあまり学校を休んで家に閉じこもってしまう。春香が中学時代に同様のミスを犯したことで周囲から孤立してしまい、それが深いトラウマになっていることを知った裕人は、これからも彼女を支えていくことを心に決める。

レビュー・感想

乃木坂春香の秘密は、原作しか知りませんが 原作と違うのも 面白い 原作を無視して また 違うストーリーで なかなか良いと思います 特典もいいので 私は、購入します!
原作の持ち味がいまひとつ生かしきれていない感じ。
ダダ甘のこそばゆいラブコメなんだけど、さらっとした感じが持ち味なのに。
100点満点とはいかないが、とりあえず合格点、70点くらいはあげられる出来ではある。
作品としては、原作→アニメ→コミックと劣化が激しくなっているが、ストーリー忠実度はコミックの方が上。
オリジナルストーリーを入れてのかさ上げは予想していたが、キャラクタと文化祭イベントを登場させるために序盤の話(自宅強襲拉致ロンドン強制連行)とかすっ飛ばすのにはまいった。
ネタ減らしてどうするの。
原作1巻分で3〜4話普通に作れるので、1クールつくるのに4巻(3巻で切れば次期に引っ張れる)あれば十分のはず。
このまま続きで二期制作よりも、昔なら「花右京メイド隊」今なら「HELLSING」のように一から作り直し(再構成)の方がいいかと思うが。
いや、決して悪くない。というよりも、ちょっといいかもしれない。思わず応援したくなるようなストーリー展開です。
ごく普通の目立たない少年と学園のアイドル的存在の少女との運命的な出会いと恋の行方を綴った物語。しかし、少年は思った以上に気骨があり、少女には意外にも人には言えない秘密の趣味があった・・・。(別にとりたててやましい趣味とは思えませんが。)そのあたりはこれまでにもあった設定。しかし本編のアニメーションそのもののクオリティーは高く、脚本も演出もウィットに富んでいて小気味いい。
加えて登場人物らのキャラクター造形が面白く楽しく、作品に相応しい好感度を与えていて嬉しい。特に主人公カップルである裕人と春香の互いの趣味趣向、あるいは立場や家柄などを気持ちいいまでにすっきりと度外視したハートオンリーの初々しい純愛には、お世辞でなく和み心が洗われます。この二人の清らかな純真さと心の美しさには素直に好感が持てますし、実に学ぶこと多し。カップルの行く末を見守る周囲の人々の優しい視線と温かな心遣いも実にきめこまやかに描かれているところにも作り手のこの作品に対する情熱と愛情を感じさせます。春香と仲良くしている裕人を妬んで、からんでくる意地悪な男子生徒を春香が「裕人さんは温かくて優しい素敵な人です!」と一喝するあたりや、共に出かけた秋葉原やイベント会場で二人が互いをいたわりながらも真っ赤になってはにかむ ...
3巻(6話)あたりになると、手抜きが見えてきます。
水泳大会で’2年女子のリレー’に男子(水着)の絵を
入れてまでしての時間稼ぎ。
原作にない話のため、シナリオは吟味不足。
乃木坂春香の秘密は、何が面白くて原作が売れているのか
全く理解していないとしか思えない。
この第一巻だけ購入して、その後は???かな。
今どきのアニメ作品だなと思い見てまして、どこのアニメスタジオが作っているのかとエンディングを見たら、(ディオメディア)というスタジオでした。
あまり聞いた事のないスタジオ名でしたので調べて見ると、なんと、あの自分的に評価の高かった作品、(ななついろ★ドロップス)や、去年のある意味一番の問題作、(こどものじかん)を手がけた スタジオバルセロナ)が改名したスタジオだとわかりました。
これは、前の2作品が良かったので、大いに期待してもよいのではないかと思います。(前のスタジオ名の方がよかったけど)
期待を込めて★四つ。
(総合5/10点)
第1話「もう、ダメです・・・」★★★☆☆5/10点
瞳が大きく等身が低めのキャラとはいえ、
「エクセルサーガ」「らぶげ」の石野聡デザインを生かした
立体感のある作画が好感触でした。OP,EDの作り込み具合にも感心。
限りなく視聴者寄りのギャップ萌え、「パンピー」からの視点、
またはある意味アンチテーゼ、皮肉ともいえる多角的な着眼点を
どう生かすか期待大です。・・・図書館カードの履歴って、すぐバレるのでは?
第2話「初めてなんです・・・」★★★☆☆5/10点
見るのも触るのもイクのも初めてで緊張の嵐。
かなり綿密に街並みが描写されていて驚きでした。
よくある場面、絶対ありえない展開がいい感じで混ざっており、
写実的でありながら、非現実的な(アニメらしい)要素の均衡が取れていて
楽しめました。ただ街全体を俯瞰で遠巻きに描写する展開があれば
もっと良かったのでは。本当はもっと裏通り側が面白いんですよ〜
普通の男子高校生が知り合ったのはお嬢様。実は彼女はアニメオタクだった…。
実際には無さそうな設定のこの作品も、そのギャップ、つまり世間体では才女を見せているが、その趣味がバレそうになるシーンを見るとハラハラしてしまう。そして恋の行方も気になるところである。
だが、あれだけキャラクターが多く、それぞれが個性的であるにも拘らず、何故かパッとしないのである。
これはよく考えてみると話数が少なく、いわゆる1クールにとどまっているからだと思われる。つまりは未消化のまま終わっているのである。ノベルでも人気の作品なだけに惜しいところだ。ここは「乃木坂春香の秘密2」の登場に期待したい。
既にDVD版が発売中なので内容に関しては特に書きませんが、
BD版になってどれ位画質が良くなるかという事が気になりますね。
私は本作のキャラが好きなのでDVD版を処分してでもBD版を購入予定です。
ストーリー的には原作に沿った無難な作りで決して出来が悪くないですが
派手な展開も無いので良くも悪くもキャラの魅力に惹かれるかどうかで評価
が分かれるこの作品、やっぱり気に入ったキャラを少しでもキレイに見たい
というのは人情ですからBD化は素直に歓迎したいと思います。
ただ、BD版の特典が無いようなので★は3つということで。

初月無料で大量アニメ見放題音楽聴き放題
ギフト券購入でクレジットカード不要。

おすすめ

乃木坂春香の秘密が好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。