信長協奏曲

基本データ

作品名:
信長協奏曲
よみがな:
のぶながコンツェルト
放送:
2014年 7月
話数:
全 10 話
みんなの評価:
話題性:
0
累計平均売上:
850 枚/
タグ:

動画サイト

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

勉強が苦手な高校生のサブロー(CV: 宮野真守)は、ひょんなことから戦国時代、天文18年(1549年)にタイムスリップしてしまい、そこで出会った本物の織田信長(CV: 梶裕貴)に、病弱な自分の代わりに信長として生きてくれと頼まれ、信長として生きていくこととなる。信長は明智光秀を名乗り、病弱だが聡明な人物としてサブローを支えている。

サブローは、礼儀作法には疎く現代の言葉を使い周囲を困惑させることもあるが、独特な発想と高いカリスマ性や行動力を発揮させ、織田家拡大につれ武将としての風格を備えていく(朝廷に参内する際は、サブローが明智光秀の姿をして、光秀に信長として参内してもらっている)。一方でサブローは、裏切り者の弟となる信行に手を差し伸べたり、長益にねだられれば物を買い与え、母親になっても信長を過剰に慕うお市(CV: 悠木碧)には強く物を言えないなど、織田家の身内に甘い面を見せている。

周りからは意味不明な言動が多く変人と見られることも多いが、家中や領民から絶大な支持を受け、13代将軍家義輝との謁見をはじめ、楽市楽座・産業振興・兵農分離などを推し進めた。領地経営も成功している。なお、本作では側室や子供は登場しておらず、清洲同盟における徳姫の徳川家輿入れは省かれている。ただし、正史における側室芳乃は、明智光秀の正妻となっている(光秀が織田家に仕える前に死去している)。

サブローは、足利将軍家・浅井・朝倉・武田家等隣国大名を打ち破っていき、天下人へ駆け上がりつつある。安土城築城を開始するも、本能寺の変で自身が死ぬことについて悩み始めている。しかし、史実の本能寺の変で信長が誰に殺されたかは思い出せないでいる。

キャスト

サブロー 宮野真守
織田信長 梶裕貴
帰蝶 水樹奈々
木下藤吉郎 中村悠一
お市 悠木碧
池田恒興 興津和幸
柴田勝家 小山力也
前田利家 浅沼晋太郎
佐々成政 三宅健太
丹羽長秀 高橋伸也
沢彦 緒方賢一
徳川家康 福山潤
竹中半兵衛 櫻井孝宏
浅井長政 木村良平
森可成 杉崎亮
森長可 吉野裕行
森蘭丸 村瀬歩
足利義昭 杉田智和
松永久秀 黒田崇矢
織田信行 内山昂輝
平手政秀 清川元夢
斉藤道三 秋元羊介
ナレーション 小栗旬

レビュー・感想

アニメを楽しく見ていましたが、DVDを買うかは迷っていました。が、皆さんの評価を見て買っちゃいました!
最初に見たときはロトスコの動きが気持ち悪くて視聴をやめようかと思いましたが、内容が面白くて気にならなくなりました。というか慣れました。
エンディングがめちゃくちゃカッコイイですよね!ここ最近ではランク上位にくるカッコよさ!曲もスタイリッシュ。特に最終話の特別ver.はさらにカッコイイ!
私はコメンタリー大好きっ子なのですが(内容よりもコメンタリーの出来によってDVDを買うくらい)、なかなか良かったです。
サブロー×光秀が3回
秀吉×常興が2回
利家×佐々が3回
お市×長政が2回
時には監督を加えながら(これがまた良い)
同じ組み合わせのみなのが残念と思いましたが、1回目より2回目の方が、こなれてたり、はっちゃけたりして聞き応えがありました。
残念ながら、帰蝶、家康、半兵衛、足利義照、森長可、堀秀政などなどはコメンタリーには参加してません。して欲しかった!10話は少ない!
原作漫画も買いましたが、アニメでは見られなかった魅力的なキャラやエピソードが勿体なさすぎる〜。はぁ〜完全版が見たい!
久々に気持ちの良いアニメに出会いました。
ドラマとの連動、10話という制限の中、作品、原作への敬意と、一つの作品を作り上げようという勢いがあります。
脚本構成は無理がなく、声優さんのレヴェルも二重マル。音楽も疾走感と作品の読み込みを感じました。
アニメの作り方は、一話では微妙に違和感を感じましたが、信長協奏曲が現代ではない設定ということもあり、
引き込まれるように見終わりました。
衣裳、背景の作りこみは美術としても一見の価値があると思います。また、制作過程の裏話を知ると、なるほどと
納得できます。
監督、声優さん、俳優さんがこだわりをもって作ると、こういう良作ができるのかと、本当にうれしくなりました。
良質のアニメに出会うことができて本当にうれしいです。まあ、できたら長編でみたかったというのはもちろんあるのですが。
二期を待ち望んでおります。
最近信長が流行りなのか、色々信長系作品が多い
俺が見た中でも、この作品は群を抜いて面白かったです
主人公が信長の時代に飛ばされ、本物の信長に成りすますという一見有り触れた展開ですが、
きっちりとした時代考証に、無理なく入り込んでくるオリジナル要素
オリジナル要素に関しては重大なネタバレになるので省きますが、題名の「コンツェルト」設定には頭が上がらない思いです
よく考えたなぁと感心しました
主人公が「歴史を知らない」というのも面白かった
別に史実通りにやろうとしているわけではないのに、最善を尽くしていたら史実通りになってしまったという展開は
作者の歴史観を思わせて楽しいものだった
数え切れないifの中で、人間は、知らず知らずのうちに最善の方向へ向かって進んでいるのだという
主人公の性格が自由奔放で面白く、現代から持って来たベビースターやウィダーインゼリーのシーンは笑わせてもらいました
確かに現代の感覚でも自由奔放な主人公は、当時でみればそりゃ「うつけ」に写ることでしょう
原作はもっと丁寧に作りこまれているらしいですが、アニメも十分面白いです
惜しむらくは、ドラマのための宣伝アニメに近いので、2期は絶望的だという事です
宣伝アニメとは思わないほどの高クオリティだったに、本当に残念
実写畑からアニメの制作にチャレンジじた冨士川監督をはじめ、モーションアクター、声優、美術、音楽それぞれの分野の真摯で情熱的なプロとしての仕事が見事に結集した見事な作品。
原作を大胆に割愛しながらも本流を失わずスピード感ある展開で一気に見ることができます。アニメを見た後に原作で補完しても違和感のない作りになっているのも素晴らしい。
監督のキャラクターの読み込みの深さ、声優さんの真剣な役づくりなど、本編に沿って語り尽くせないほどの思いを語っっているコメンタリーは必聴です。
また、サントラは別売りでもよいくらいのボリュームと名曲ぞろいで、特にメインテーマは重厚でドラマチックで素晴らしく、是非多くの人に聴いて頂きたい。
実写では現代人の価値観で主観をさらけ出すサブローだったようですが、アニメは原作同様、独白も弱音も本音も吐かないある意味異様な存在感で周りを翻弄していきます。そこがまた史実の信長としてのリアリティに不思議に通じるものがあるので、ドラマ派の方々にも是非見て欲しいと思います。
この作品ではミッチーの物語として締められていますが、二期があれば最終的には秀吉の物語として帰結しそうな気がします。
是非、いつの日かチーム冨士川の再結集と二期を実現させてもらいたいと願っております。
関西なので、昨年夏の深夜の放送でハマりました。録画したものをもう何度みたか…。原作を電子書籍で購入して、改めてBOXまで購入するくらい好きです(笑)
個人的にはドラマよりアニメです…。
ちょっとレトロに見えて、でも新しい感じが今までにないアニメです。特に白黒アニメを思い出すような瞬きの動きが好きです(笑)
実は絵柄が好みじゃなかったんですが、うまくまとめられて充実した内容と、制作技術、声優さんのうまさが詰まった作品だと思います。
後で原作を読んだんですが、だいぶカットされてたんだと思いつつ、違和感を感じないまとまり方があっぱれです!
映画にならないかなぁ…。原作全てアニメにして欲しいです…(*'∀`*)
とにかく制作陣の愛が隅々まで感じられます。
放送後、円盤化するかも不安だったので発売が決まったときは即予約しました。
いざ開けてみると期待以上の内容で、本当に買ってよかったと思っています。
まずキャストコメンタリーですが、これは全話あり、各話にキャスト2名+時々冨士川監督です。
制作の流れや現場の裏話、監督のキャスティングのこだわりなどトークがてんこ盛り。
皆さんエンディングが流れ始めても語り足りなそうなことがしばしば(笑)
作品に対する愛がひしひしと伝わってきます。
初回限定ブックレットは縮小絵コンテ、美術(小物、背景、部屋の間取りをざっと)
制作の流れなどがコメント付きで掲載されています。
美術においては流石としか言えません。襖の柄に込めた意味、小物へのこだわり、
改めて本編を見直してチェックしたくなる内容で ...
まず、BOXのパッケージが、表にサブロー裏にミッチーで、DVD盤面も全てサブローとミッチーの絵柄です。(全部違う絵柄)おそらく書き下ろしだと思いますが、とても綺麗でこれだけでも買って良かったと思います。
中身ですが、ロトスコのメイキングが結構長めに収録されています。アニメのキャラと実写の役者さんを比べながら見ると、色んな意味で笑いが込み上げてきて面白かったです。
そして、ノンクレジットのEDですが、こちらはなんと全話分収録されています。ミッチーの追加や、旗の変化、最終回の特殊EDなど、見比べられてとても良かったです。
特典のサントラCDは、別売りでも間違いなく買いでしょう。
DVD本編のオーディオコメンタリーは、サブロー&ミッチー、秀吉&恒ちゃん、犬千代&成政、長政&お市の組み合わ ...
ストーリーはとても面白いです
EDも細々変わり、かなりスタッフに愛されているのが分かります
ただ、DVD版しか出なかったことがとても不満です
ドラマ版はブルーレイもでているので・・・
このせいでテレビ版よりも画質が若干落ちてます
また、BOXで発売したのだからDVDの枚数をもう少し減らせなかったのかなと思います
そして、ノンクレジットEDは各話で選べるメニューがあるとよかったです
不満点はいくつかありますが、初めてアニメのDVDを買ってしまうぐらい面白い作品です
制作過程の映像も豪華ですから、嵌まった人にはおすすめです

初月無料で大量アニメ見放題音楽聴き放題
ギフト券購入でクレジットカード不要。

おすすめ

信長協奏曲が好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。