問題児たちが異世界から来るそうですよ?

基本データ

作品名:
問題児たちが異世界から来るそうですよ?
よみがな:
もんだいじたちがいせかいからくるそうですよ?
放送:
2013年 1月
話数:
全 10 話
制作:
スタジオバルセロナ
みんなの評価:
話題性:
18
累計平均売上:
1,494 枚/
タグ:

動画サイト

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

自分たちの能力をもてあまし、現実世界に飽き飽きしていた逆廻十六夜(CV: 浅沼晋太郎)久遠飛鳥(CV: ブリドカットセーラ恵美)春日部耀(CV: 中島愛)――3人の問題児たちのもとに1通の封筒が届く。手紙の文面に目を通したのと同時に、3人は見たこともない風景が広がる異世界――さまざまな種族や修羅神仏の集まる箱庭の世界へとやってきていた。そこで彼らは、呼び出した張本人の黒ウサギ(CV: 野水伊織)ジン(CV: 五十嵐裕美)・ラッセル(CV: 五十嵐裕美)、彼らが所属するコミュニティ“ノーネーム”に出会う。

“ノーネーム”は3年前、ある魔王に挑まれた『ギフトゲーム』と呼ばれるゲームに敗北し、名も旗も多くの仲間たちも奪われ残るは子供たちだけ、という逆境の真っ只中にあった。そんな中にあって浮上のきっかけを掴めず絵空事を唱えるばかりのジンを見かねた十六夜は、今後の“ノーネーム”の柱として打倒魔王を掲げる。

手持ちの町も畑も滅び、蓄えも労働力も足りない。失われた仲間の奪還など、やらねばならないことはあまりにも多い。そんな状況を跳ね除けるべく、問題児たちはギフトゲームに参加していくことになる。問題児たちの絶大な力は、『破竹の快進撃』という言葉を形にするに足るものだったが、“魔王”という存在はやはり圧倒的なものであった。知恵も力も出し尽くさなければ勝てない戦いの中で、“ノーネーム”メンバーは己を磨いていくことになる。

様々な戦いや出会いを経て、かつての仲間を取り戻し、コミュニティの規模を拡大させ、“ノーネーム”としてはありえないほどの功績を残していくが、三年前の魔王襲撃事件を彷彿とさせる魔王連盟(後述)が動き始めた。“アンダーウッド”において、“ノーネーム”主力と互角の力を持つ彼らとの邂逅は、両者を避けることの出来ない壮絶な闘いへと導いていく。事態は“煌焔の都”において、前“ノーネーム”メンバーの行方の手がかりとなる彼らとの、全面戦争へと発展していく。(6巻現在)

レビュー・感想

日本で全巻をそろえるのは非常に散財になりますが、北米版なら5千円台で購入できます。画質もサウンドも良質ですよ。一部製品にあるような強制字幕もないし、OVAまで収録されており文句無です。
TV版全話とOVA1話をこの値段で買えるのは素晴らし過ぎ。画質も自分は気にならなかった。
北米版に、はまりそう。
1ケースディスク2枚で場所も取らず良いですね。OP&EDタイトルは日本語表記で英語字幕も入っていないので見やすいです。本編中の日本語タイトルの上に英語タイトルが重なって鬱陶しいですが、、、、、北米版仕様ですので仕方無いですね。
満足です。

おすすめ

問題児たちが異世界から来るそうですよ?が好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。