夏雪ランデブー

基本データ

作品名:
夏雪ランデブー
よみがな:
なつゆきランデブー
放送:
2012年 7月
話数:
全 11 話
制作:
動画工房
みんなの評価:
話題性:
13
累計平均売上:
302 枚/
タグ:

動画サイト

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

花屋でアルバイトをしている青年・葉月は店長の六花に恋心を抱いていたが、彼女は後家であり、三年前に病死した夫・篤がいた。

幽霊ながら葉月の恋路を邪魔し、妨害行為を繰り返す篤との三角関係が始まる。

レビュー・感想

今時のアニメにはないあたたかく、切ないストーリーです。
私は福山さんが好きで出演されると知り、リアルタイムで観てました。
商品の説明にもあるように一途な青年と病気で夫を失った花屋の店長、そして亡くなった夫の幽霊の三角関係のラブストーリー。
プレスコで収録され、よりリアルに近い間や喋るペース…すっかり見入ってしまいました。
ラブストーリーではありますが、ほとんどラブラブな感じはなく、切ないシーンや店長の旦那さんとの思い出のシーンなんかが結構あります。
OPやEDも歌詞が素晴らしく、聞くだけで泣いてしまいます。
もう…本当に言葉ではあらわせないほど素敵な世界観で、この作品はぜひ多くの人に観てほしいです。
涙なしでは観られない、本当に素晴らしい作品です。
芝居、演出、背景など、
細かな部分を丁寧に作っている作品です。
アニメという先入観を捨てて、
まずは観てみてください。
原作にはない魅力を引き出していて、
非常に面白い作品です。
久しぶりにとても良質なアニメを見たと思えました。
アニメにありがちな現実離れした思考回路の人物はおらず、葉月・六花・島尾それぞれに共感できる、だからこそ切ない。
とても人間味のある登場人物ばかりで、ふとした呟きや心の声に共感し、はっとさせられます。
すべてのキャラを愛しいと思えるような、素晴らしい作品だと思います。
また、手や花の描写がとても繊細で、丁寧に作られている作品なのだと感じました。
葉月役の中村悠一さんは二枚目役や熱い役も出来ますが、こういった平凡な役もよく似合っているように思います。(同時期の氷○の影響もあるかもしれませんが…。)
他の声優さんの演技も心にすっと沁みる好演です。
自分は男ですがこのアニメは女性だけではなく男性でも楽しむことができると思います。
夏雪ランデブーは20代女性向けの漫画雑誌「FEEL YOUNG」に連載されていて、内容もいかにも女性向けだったので視聴前は少し抵抗がありましたが視聴したらかなり楽しめました。
女性向けなので男性(自分だけかもしれませんが……)からしたら「え!それはちょっと……」とひいてしまう描写もありましたが男性でも十分に楽しめる内容になっています。
毎回、思うのですが1話ごとの終わり方がとても上手いです。
次の展開がとても気になる終わり方をするのです。
毎話、終わると「このあとどうなるの〜!?」と気になってしまいます。
脚本が素晴らしいです。
アニメ全体のクオリティも高く特に花がとても繊細に描かれていて綺麗です。
女性だけではなく男性も楽しめる本作、男性も女性も見るのを迷っている方は1話で良いから見てみてください。
このアニメは非常に見易いですね!!
前期の坂道のアポロンと同様毎週楽しみに見せてもらいました。
ありえないのに平凡…この平凡さが恋愛感に妙にリアルに見せてきます!!
役者様のお力でしょうか、それだけじゃありません…当然役者は本当に素晴らしかったのですが…背景の移り変わりがすごくよかったように感じます。
不思議な心がぽかぽかする、物語です!!
三人称で見た方が良いのかも知れないのかも…わかりませんが
2012年夏のノイタミナ枠のアニメーションです。
私は男ですが、とても楽しめました。
最初、絵柄が苦手だったのですが、ノイタミナということもあり、見始めました。
原作者が女性ということもあり、抵抗と不安があったのですが、
1話を見終わった後、それは杞憂だという事に気づきました。
話のテーマは重いのですが、シリアスになり過ぎず、コメディータッチで進行していった点も好感が持てます。
主要な登場キャラはたったの3人。
誰の視点で楽しむか、それがこの作品を見る醍醐味であると感じます。
女性作者特有の言い回しも、私には非常に新鮮でした。
最後の終わり方には、賛否両論があるようです。
私個人としては、とても好きなエンディングです。
『めぞん一刻』とは異なった、現代ならではの斜め上を行った最終回に、
最初色々と考えさせられましたが、そういった考察の余地を残した終わり方にむしろ納得させられましたね。
恋愛ものとしてではなく、舞台劇として秀逸な作品であると思いますので、
ぜひ先入観を持たずにたくさんの方に見てもらいたい作品だと感じました。
原作はまったく見てませんが、作画の雰囲気も良く
幽霊が恋のライバルって点も面白いと思いました
OPとED曲もいいですね
原作未読。
テレビコマーシャルで旦那と思しき男性に寝取り宣戦布告を敢行しているシーンを偶然目にし「うへぇー今度は愛憎劇かよ・・・亭主むっちゃガンバレ」と
少しの抵抗を感じながら視聴に臨みました。
物語はテレビコマーシャルから連想した昼どら的内容とはちょっぴり同異があり
現実世界ではあまりお目にかかれない幽霊が登場する何ともフィクションチックな
設定でした。つまり、ヒロインである花屋の店長は若き未亡人ということです。
なので、生者である男性二人が一人の女性を巡り攻防戦を繰り広げるわけではなく
文明人らしいもっと静かな方法で決着を試みています。簡単に言えば
「チャンスを一回やるから、それで無理だったら手を引いてもらおう」という大人な解決策でございます。
死去した存在である者に対して寝取りを宣言し実行する(ただ、実際は ...

初月無料で大量アニメ見放題音楽聴き放題
ギフト券購入でクレジットカード不要。

おすすめ

夏雪ランデブーが好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。