学園戦記ムリョウ

基本データ

作品名:
学園戦記ムリョウ
よみがな:
がくえんせんきムリョウ
放送:
2001年 5月
話数:
全 26 話
制作:
マッドハウス
みんなの評価:
話題性:
2
累計平均売上:
データ無し
タグ:

動画サイト

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

2070年春、東京上空に謎の巨大飛行物体が出現し、全ての都市機能を麻痺させてしまう。世間が大混乱に陥りかけた矢先、今度は謎の巨大ヒーローらしきモノが現れ、飛行物体をやっつけた。そして翌日の朝、「えー、宇宙人は、実はいました」と政府の広報官があっさりと言い放った一言をきっかけに、地球人類の歴史が大きく動き始める。

村田始(CV: 野島健児)は神奈川県天網市の御統中学に通うごく普通の中学生の少年。宇宙人の実在が明かされた日、その話題で盛り上がる始のクラスに、とっくの昔に廃れた「学生服」を着た不思議な少年「統原無量(CV: 宮崎一成)」が転校してくる。物珍しい転校生に興味津々の始だが、さらに翌日、無量が生徒会副会長で武道有段者の守口京一(CV: 杉田智和)から屋上に呼び出されたと聞く。教室を飛び出した始が目撃したものは、体育館の屋根の上、不思議な「チカラ」を応酬して決闘する二人の姿。未知の現象におっかなびっくりしながら、体を張って止めに入った始に興味を持ち、その理由を尋ねる無量に、始は「そりゃ、学級委員長だからね」と答えた。

そんなこんなで謎の転校生無量と友達になったことをきっかけに、始は地球と宇宙を巡る大きな流れと、天網市に暮らす人々の使命の物語に深く関わっていくのだった。

キャスト

統原無量(スバル・ムリョウ) 宮崎一成
村田始(ムラタ・ハジメ) 野島健児
守山那由多(モリヤマ・ナユタ) 朴璐美
守口京一(モリグチ・キョウイチ) 杉田智和
峯尾晴美(ミネオ・ハルミ) 浅野真澄
津守八葉(ツモリ・ハチヨウ) 上田祐司
守機瞬(モリハタ・シュン) 小林由美子
統原瀬津名(スバル・セツナ) 山崎和佳奈
阿僧祇(アソウギ) 石森達幸
村田今日子(ムラタ・キョウコ) 日髙のり子
村田双葉(ムラタ・フタバ) 釘宮理恵
山本忠一(ヤマモト・タダカズ) 石原凡
ヴェルン星人 ジルトーシュ 小野健一
真守百恵(サネモリ・モモエ) 京田尚子
磯崎公美(イソザキ・ヒロミ) 佐々木瑶子
川森篤(カワモリ・アツシ) 小野健一
成田次郎(ナリタ・ジロウ) 阪口大助
三上利夫(ミカミ・トシオ) 遠近孝一
稲垣ひかる(イナガキ・ヒカル) 松本さち
ザイグル星人 ウェンヌル 渋谷茂
ソパル星人 肥後誠
ザイグル星人 ヴェロッシュ 長嶝高士

レビュー・感想

昨今のアニメには忘れられがちなのではないかという気がする、「見てる人の心をわくわくさせる」ことの出来るアニメだと思います。キャラに媚びとかがなくて子供にも大人にもオススメ出来る良作でしょう。
真面目に考えると宇宙規模で滅茶苦茶大変なこのになってるはずなんだけど何か日常的にほのぼの〜としてる雰囲気の味のある作品です。
知名度は低いかもしれませんが中々の名作だと思います。
果たしてムリョウくんは何者なのか?
それは…
物語の描くシリアスな世界とは裏腹に、非常にほのぼのとした
雰囲気がいい。エヴァとかに代表される「日常の中の非日常」
というやつを非常にうまく表現できていると思う。個人的には
エヴァより好きです。
NHKで放映されたジュブナイルSFアニメーションの、待望のボックスセットである。
コナン、ナディアなど、NHKの伝統芸とも言えるジャンルの名作だ。
学園戦記、というタイトルから、ありがちなバトルアクションものを想像されるかも知れない。
しかしそんな予想は、観始めればすぐに裏切られる。
平凡な日々のかけがえのなさ、許し合う事の大切さを訴える、穏やかな優しさを湛えた稀有なアニメーションだと気付かされるのである。
オープニング曲のアニメで描かれるとおりの、静かな優しさに満ちた世界観が展開されてゆく。
バトルアクションも勿論あるが、そういったシーンはむしろ少なめで、物語の主眼がそこではないことは明らかだ。
──主人公・ハッちゃんが通う海沿いの街の中学校に、不思議な雰囲気の男の子・ムリョウ君が転校してくる。
その日を境に、 ...
まさか、この作品がBD販売を開始しているとは!期間限定に動かされ、即買いしてしまいました。この作品は2001放送作品ではありますが、今、この作品に勝てるアニメはなかなかありません。間違いなく私のアニメランキング上位作品に入る名作です。たまに何故か見たくなる、それが何度もあるので購入しました。凄いクオリティがあるわけでもなく、迫力ある映像があるわけでもない。でも、作品に細部にいたるまでこだわりを感じ、センスを感じ、愛を感じ、感動を感じます。見てないアニメ好きは一度はみましょう。気に入ったら是非購入を!
・NHKアニメ(子供向け)
・無難なキャラクターデザイン
・知名度の低さ、レビュー数の少なさ
上記の理由等で本作をスルーしている方は結構多いはず。
自分もその中の一人でした。ある日ふと試しにネットで視聴してみると妙に興味を惹かれ遂にはBOX購入へ。先程全話観終わったのですが、イヤー良かった!何と言うか大人の視聴に充分耐え得る高い作品性を持つ良作です。別に圧倒的なエンターテイメント性がある訳では無いのに夢中で観てしまう不思議な魅力があります。
うん、正に掘り出し物、もしくは隠れた傑作と言うべき出来のアニメでした。オススメです!
あと映像特典よりぬきムリョウさん「Girls Selection」はただの総集編です。
2001年放送のNHKアニメがBlu-rayBOXで登場です。本来は去年(2011年)発売する予定だったようですね。おそらく放送10周年を記念したメモリアルアイテムであったのでしょう。ホームページで予告があったときはワクワクしたのですが、それ以降音沙汰がなく「所詮はマイナーアニメの宿命なのか…」とガッカリしておりました。
しかし、1年の沈黙を破りついに発売です! よかった!! …と、書くのはファンなら当然の感想ですし、そうお考えの方々は既に購入済みでしょうから(笑)このレビューは本作品をご存知でない方に向けて綴ってみたいと思います。
本作は「宇宙人と地球人の戦い」を描いていますが、戦う場所はなぜか特定地域で、立ち向かうのもなぜかその地域の中学生…つまりこれは「学園SFモノ」というジャンルです。ところが内容は全体に「ほのぼの」としており、殺伐としたものではありません。状況のわりに、のんびりとした展開なので最初は違和感があるかもしれませんが、それこそが本作のユニークな部分なのです。
のんびりしている理由は見ているうちに少しずつ明かされてゆきます。刺激のある展開は少なめですが、それゆえに各登場人物(宇宙人も含む)が「穏やかな世界を皆で保っている」ことが判ってきます。
キャラクターの見た目も、良く言えばそれに合わせたようなものになっているわけですが、逆に言えばモエモエな美少女も格好いいメカも ...
放送当時はデジタルアニメが目立ち始めた頃で、絵作りも、時代から見ると古めな印象。
お話も、宇宙人の襲来よりも緩やかな学園生活にふらっと現れたムリョウ君に焦点が向けられていて、
良く言えば暢気な、悪く言えばいささか退屈な序盤で、おそらくはそこで篩にかけられ、
そもそもが衛星放送のみでの配信ということもあり、夕方六時台、関東地区ですとテレビ東京のアニメ枠との競合も影響してか、
あまり話題に上らずに埋もれてしまった作品と記憶してます。
地上波での再放送で目にし、面白いと気付いた人も多いと思います。
自分もそんな中の一人です。
話数を重ねていくと、お澄まし顔の彼や彼女がドンドン地を露わにし、気が付くと人間味溢れるお隣さんになってる。
ふと見渡すと物語もいつの間にか凄い状況になっていたりして、なんとも妙な味わいがある作品で ...

初月無料で大量アニメ見放題音楽聴き放題
ギフト券購入でクレジットカード不要。

おすすめ

学園戦記ムリョウが好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。