宇宙をかける少女

基本データ

作品名:
宇宙をかける少女
よみがな:
そらをかけるしょうじょ/''SORA Kake GIRL
放送:
2008年 1月
話数:
全 26 話
制作:
日本サンライズ
みんなの評価:
話題性:
3
累計平均売上:
3,349 枚/
タグ:

動画サイト

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

人口増加、資源の枯渇、環境破壊など、地球が様々な問題を抱えた結果、人類は生活圏を宇宙空間にまで広げ、スペースコロニーへ移住することを決意。新たに軌道暦(Orbital Era)が定められることとなった。

宇宙に無数のコロニーが浮かぶようになったO.E.311年。主人公の獅子堂秋葉(CV: MAKO)は、明るく幸せな毎日を過ごしながら、自分にしかできないことを探し求めていた。ある日、秋葉は突如出現した人工知能搭載型コロニーレオパルド(CV: 福山潤)と出会う。そして秋葉を「宇宙をかける少女」と呼ぶ謎の少女河合ほのか(CV: 牧野由依)に促されるがまま、各地からレオパルドの修復に必要な機材を盗み出すことになる。一方、レオパルドの出現を受けて、ICPに所属する神凪いつき(CV: 遠藤綾)も動き出す。

そして物語が進むにつれて、レオパルドと敵対するネルヴァル(CV: 銀河万丈)、重犯罪人のアレイダ、獅子堂財団の謎など、様々な秘密が明らかとなっていく。

キャスト

獅子堂秋葉 MAKO
神凪いつき 遠藤綾
河合ほのか 牧野由依
レオパルド 福山潤
獅子堂妹子(イモちゃん) 野中藍
ソルジャーウル 黒田崇矢
獅子堂風音 田村ゆかり
獅子堂高嶺 ゆかな
獅子堂ナミ 南里侑香
獅子堂桜 斎藤桃子
神楽 中原麻衣
ニーナ・ストラトスキー 進藤尚美
ブーゲンビリア 菊地美香
ミンタオ 小清水亜美
エリカ 矢作紗友里
リリー 喜多村英梨
大倉ネネコ COON
フリオ・スール 下野紘
エル・スール 木村亜希子
エミリオ・スール 石田彰
真宮寺時雨 小野大輔
昴白夜 鹿野優以
馬場つつじ 沢城みゆき
ネルヴァル 銀河万丈
ゆぴたん 市来光弘

レビュー・感想

キャラや声優は最高だったんだが、なにがあった? 意味不明な野球の話はあれはあれでいいとして
この意味不明さはつまらないよ エニグマだの、どっかの勢力はなんだったんだ
獅子堂のマジキチツインテールもわけのわからない壊れ方をし、ほったらかしで終わるとは
超楽しみに見ていたのに結構ショックだ ちなみにオープニング エンディング最高です
脚本さえしっかりしていれば!
ちょっとネタバレになりますが、微妙に納得できない部分があったので書きます。
21話の「小さな勇気」でイモちゃんが身を挺して秋葉達を救います。
反物質弾から秋葉達を守る為、自らを犠牲にする感動するも悲しいシーンです。
・・でも23話で実は生きていた事が判明します。
ネルヴァルがミサイルを打ち落としてイモちゃんを助けた・・って事になってますが、おかしいです。
確かに心情的に生きていてくれて嬉しいですが、物理的におかしい。
絵ヅラで見るとイモちゃんの乗っていたポッドの数十倍はあろう大きさのミサイル。
大きさから見て搭載されている反物質の量を考えると、星すら吹っ飛ばせる威力だと思うんですよ。
状況を考えてもネルヴァルが助ける時間の余裕もないし、爆発の威力の範囲から瞬間的に離脱する方法もないし・・。
完全にご都合主義だと思うんですよね。
生きていてくれて嬉しい事は嬉しいですが、なんか納得いかない・・。
悲しいけど別れもストーリーの一部だと思うんですよ。
「やっぱ、生きてました」って後から復活するのは、体裁を取り繕っている感じがするんですよね。
決して悪いことじゃないけど、感動的に死んだままの方がいい事もあると思います。
スタッフの方には、心を鬼にしてイモちゃんをきって欲しかったかなと思います。
このアニメはもうレオバルドという変態ロボットのアニメと言っても過言ではないです。
なのでレオパルドを面白いと感じない人は序盤の展開はちょっとつらいかもしれませんが、段々と他のキャラも魅力的に見えてくるし、ストーリーにも引き込まれていくので、とりあえず最初の何話かを見てみる事をオススメします。
後、特典映像がかなり入ってるみたいなのでお得だと思いますよ。
(総合7.5/10点)
Mission 01「孤高の魂」★★★★★10/10点
物語の概要はすっ飛ばし、勢いと緻密なSF設定を惜しげも無く
魅せ付ける展開の速さといい、宇宙空間で展開する日常生活含む
スケール感といい、28分のはずが1時間くらい経過したかのように
錯覚してしまう圧倒的な要素、濃度に感動しました。
作品プロモとしても、大画面にも耐え得る情報量としても
全く非の打ち所が無い抜群の完成度に拍手「万雷」。見なきゃ損ですよ
Mission02「異界からの使者」★★★☆☆5/10点
前回で視聴者を釘付けにした分、今回は事後処理、
主役達の周囲や事態の紹介程度なのでまだまだこれからという感触です。
あくまで手描きにこだわるお家芸・メカの戦闘描写も冴えています。
個人的に見た目とのギャップが燃えるソルジャーウルの格好良さが
好感触でした。誰も突っ込まないあたり、時代背景を物語っているのでしょうか。
当初はかわいいキャラを見るのが目的で視聴を開始したアニメでした。
しかし、それは話数を重ねるごとにどんどん変わっていき、本当におもしろい作品へと認識が変わりました!
そんな話しの一番最初のこの巻は、出だしということでこの話し自体はまぁまぁといったところですが、1クールを過ぎたころにははまっているはずです。
OPについては、よ、1期のOPと絵があっていないといわれますが、作品の中身を知っていくとあのOPはやはり合っていると感じます。
ピクチャードラマの秋葉とイモちゃんの出会いは、21話・22話を見たあとにもう一度みると泣けてきます。必見です!!
ボロクソ言われてる本作品ですが、キャラ萌えものとして見れば、圧倒的な良作ですよww
女性キャラはもちろん、某ギアス能力者がいい味出してます。
作画も安定してますし、そこら辺は評価に値すると思います。
まとめると、
キャラ萌えに割り切ろう。
これだけですw
「なして?」とか言わないでまず見ましょう。
美少女が沢山出ます。
みんな可愛いです。
最初は秋葉でしたが途中からブーとミンに鞍替えしました。
ですが個人的には凡百のキャラ萌えアニメというのが
現時点での正直な感想です。
アニメを観るというよりただ美少女キャラを見る作品という。
しかし毎話毎話の作画レベルも高く、まだ色々と謎も多いので
ここから化ける可能性も捨てきれず、期待を込めるという意味で星3つです。
初めてOPの曲を聴いた時に、流されてる映像と歌が全く合ってなくてビックリしました。最近のサンライズのアニメは作品に全然マッチしてない歌が多すぎませんか?中身の方とEDは良いと思うんですけど、OPは……。

初月無料で大量アニメ見放題音楽聴き放題
ギフト券購入でクレジットカード不要。

おすすめ

宇宙をかける少女が好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。