御先祖様万々歳!

基本データ

作品名:
御先祖様万々歳!
よみがな:
ごせんぞさまばんばんざい!
みんなの評価:
話題性:
1
累計平均売上:
データ無し
タグ:

動画サイト

視聴可能な公式サイトが見つかりません。

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

悪婦破家
高級マンションに住む高校生・四方田犬丸(CV: 古川登志夫)(よもた・いぬまる)は、ホームドラマ的な日常に退屈していた。
そんなある日、マンションのベランダから黄色い一輪の花を目撃する。その後、玄関のチャイムが鳴るが面倒臭がって出ない両親に変わって犬丸は、しかたなく出ることにした。玄関の扉の覗き穴を見るとそこには、先程見かけた黄色い花がいた。
迷いに迷った挙句扉を開けると、犬丸は黄色いドレスの少女に抱きつかれる。その少女は、四方田麿子(CV: 勝生真沙子)(よもた・まろこ)と名乗り自分が犬丸の孫娘であり、彼に会いたいが為に未来からやってきたと言う。
犬丸と甲子国(CV: 緒方賢一)は麿子を受け入れたが、多美子(CV: 鷲尾真知子)は受けれることなく、家を出てゆく。
酒池肉林
甲子国は麿子のために新たに一戸建て住宅を購入。気がかりと言えば、家を出て行った妻の多美子と孫娘であるはずの麿子に色目を使う息子の犬丸。
朝から家族団らんで鍋をつつく四方田家に、タイムパトロールを自称する室戸文明が麿子を捕まえに乱入してくる。室戸文明を退けた犬丸は麿子と手に手を取って2人で逃避行へ。
虎視眈眈
アパート暮らしの犬丸、麿子を訪れたのは父、甲子国の住宅ローン返済を迫る室戸文明(むろと・ふみあき)と名乗る男であった。
前話と異なり、犬丸の攻撃をかわした文明は犬丸、麿子を捕える。
捲土重来
季節外れの大洗海岸の海の家で、犬丸は借金返済のためにトウモロコシを焼かされていた。
そこへ、多々良伴内を伴った多美子が訪れ、麿子および文明が詐欺師であるという調査結果を突きつける。
甲子国もそこへ現れ、久方ぶりの四方田家再会となる。……が、メタルフェイスのドライバーを手にした銀行強盗のニュースとパトカーのサイレンの音で、四方田家そろっての逃避行が始まる。
一蓮托生
万引き、置引き、かっぱらい、食い逃げといった手段で生活をするようになっていた四方田家+伴内。
大量の食品をスーパーから万引きし、一夜の宿にと逃げ込んだのは廃業したドライブイン。
だが、ドライブインは警察に包囲され、刑事のふりをして室戸文明が三度現れる。すったもんだの末、犬丸、甲子国、多美子、伴内は気絶。
文明は麿子を相手に衝撃の独り語りを行い、銃声と共に幕が降りる。
胡蝶之夢
犬丸は立喰師に身をやつしてまで、麿子を探していた。
放浪の末にたどり着いたのは、以前に住んでいた高層マンション。欠陥工事が露見してすっかり廃墟となった高層マンションに黄色いセイタカアワダチソウを見た気がした犬丸は、小雪舞い散る中、廃墟マンションへと走り、そして倒れて動かなくなった。

レビュー・感想

押井守監督の作品は、実写とアニメではかなり印象が違う(実写はアニメっぽく、アニメは実写の)ように感じますが、舞台劇風アニメの体裁をとった「御先祖様万々歳!」はその中間といった趣きで、一番バランスがいいのではないでしょうか?
個人的には押井監督作品で、いちばん好きな作品です。
1960年代後半のセリフ過剰なアングラ舞台演劇(そんな物観た事ないが…)というフォーマットをアニメに持って来ただけで、これだけ斬新な表現になるのかと感じられる映画。舞台というメディアそのものをパロッてしまった感がある。実に効果的で愉快な演出(舞台でやったら面白いかもしれないがアニメとかじゃないと出来ない、といったタイプのものが多い)が、要所に盛り込まれており、「立ち喰いそば」、「犬」、「大洗海水浴場」、そしてセリフの洪水と、オシイ・ワールドのレギュラーも盛り沢山。オシイストでなくとも表現者必見の一作。
決して一般受けする内容ではない。舞台劇的な印象があるのに、キャラクターのアップなどで表現されたカットも多く、背景や奥行きなども感じさせる映像で、映画的でもある。脚本も押井さんなので、彼独自の世界が築かれていて、ギャグのセンスや不条理な展開など、押井ワールドが好きな人には勧められる。が、そうでない一般の人には、まったく訳の分からない作品と映るに違いない。個人的には大好きな作品なので、星5つにしてしまいましたが、押井守に全く興味が無い人にはお勧めしません。
作画も脚本もいい。絶妙にバランスが取れているといって良いと思う。
まさに押井作品といったところなのだが、そこが問題点だと私は考えている。
抱腹絶倒するわけでもなくそこそこおもしろい。ぽろぽろぽろぽろ泣いて感動するわけでもなくそこそこ切ない気分になる。感情が中途半端にゆれるだけで一本の作品が過ぎ去ってしまう...。なんてこった、これが良くボツにならなかったものだとつくづく思う。
けれど目新しいものがふんだんに盛り込まれていてアニメーションとしてとてもおもしろかったので☆四つ。この部分は流石押井だと思う。よいクリエーターだ。
アニメーションなのに小劇場の舞台を思わせる環境下で、
あくの強いキャラが、
あくの強い台詞を、
あくの強い声優で演じる。
言葉を積み重ねることによって生まれる、
混乱、
悲劇、
おかしみ、
呆然。
破綻し続けながらも次回へと続く物語。
唐突に訪れる劇的なる終幕。
第5話のテーマはまさに「物語を終わらせること」
前半で徹底的に「犯罪者集団と化した一家」を悲惨に、あるいはコミカルに描きながらも、
後半は玄田哲章演じる室戸文明の一人語りが延々と続き、後半の後半だけで強引に四方田家(+1)を片付け、
最後に(以前から一応の伏線はありながらも)唐突なオチをつけて物語が終わる。
第6話は最終話ではあるが、基本的なストーリーはすでに第5話で終わってしまっており、
この話では立ち喰い蕎麦、「現実か虚構かはっきりしない世界」など押井監督が現在も追及し続けている永遠のテーマが描かれる。
また、押井監督の作品にはたびたびあることながら、この話に登場する声優は基本的にたったの二人である。
全話を通じて監督や声優、スタッフがやりたいことを徹底的にやった怪作、
押井守という強烈なキャラクターが表れた実験作の完結編。
「とどのつまり、俺は長年温めている怨念の爆弾企画、『立ち食いそば列伝』がやりたいんだよね。本気で。本当だよ。」と、押井監督が言ったかどうか不明だが、この作品に於いてある意味それを実現してしまったのではないか、そう思える程、かなり濃厚なレシピで調理されている。楽しい一家団欒物語であればイイモノを「理不尽にも現れる、未来からの美少女演出家」により、家族は崩壊、破綻、離散、消失し、それまで家族という記号の下で羊の皮を被って、父、母、息子、を演じて見せていた各キャラクターが、危険な事に自分自身を演じ始める。さらに、役柄としての父、母、息子にではなく、本人達、その者への攻撃に打って出る。家族に於いてさえ、最終的に自分自身をそのままさらけ出しそれを演じて見せる事は賭け以上のリスクを伴なう。何故なら、家族相手には『言葉という名の銃弾』が無効になるからだ。そう、家族ほど言葉に耐性がある組織はない、家族に何を言っても駄目な場合がよくあるが、それは、お互いに、本当の正体はすでに隠しても知っていて、ネタバレだからだし、あうんの呼吸なのだ。そして同時に、経験値が足りない言葉も場合によっては見抜かれてしまう。だから、言葉の説得力を得る為に、改めて自己の代役として押井監督が用意した舞台に各登場人物が上がり、独白する。この作品の真髄は、「感情のままに何もかもさらけだすのは最悪なおこない、俺は嫌い。だから舞台を用意 ...
この作品は押井守監督の「劇場版パトレイバー」公開と同じぐらい
の時期に創られました。
そして「劇パト」に負けないくらい大好きです。

初月無料で大量アニメ見放題音楽聴き放題
ギフト券購入でクレジットカード不要。

おすすめ

御先祖様万々歳!が好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。