悟空の大冒険

基本データ

作品名:
悟空の大冒険
悟空の大冒険シリーズ)
よみがな:
ごくうのだいぼうけん
放送:
1967年 1月
制作:
虫プロダクション
みんなの評価:
話題性:
0
累計平均売上:
データ無し
タグ:

動画サイト

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

概要

1967年1月7日 - 同年9月30日にフジテレビ系にて『鉄腕アトム』(アニメ第1作)の後番組として放映された。カラー作品である。提供スポンサーは、『アトム』に引き続き明治製菓(現:明治)一社。

手塚治虫の「ぼくのそんごくう」は『西遊記』を元に描かれた漫画である。この漫画を原作に虫プロダクションがスラップスティックなギャグアニメとして作り上げたのが本作である。

キャラクターや話の内容が現代風に風刺されており、三蔵法師が、天竺まで教典を取りに行く、という基本設定を除いて、ほとんど作り替えている。登場人物も、竜子という女性キャラが追加されている。

当初は高い視聴率を稼ぎ、最高視聴率は1967年2月18日(土)に30.7%を記録している。しかし、4月から同じ時間帯に裏番組として『黄金バット』がスタートしてからは視聴率の低下に苦しんだ。劇中の各キャラクターの"大げさな表現"は時代を先取りしすぎた部分(時流にのった“妖怪連合シリーズ”などの路線変更が行われたが、後半の視聴率不振の盛り返しには至らなかった)もあり、3年間続いた「アトム」の後番組にもかかわらず、9か月(39話)で放映を終了した。

番組内容にマッチした主題歌・副主題歌も印象的なもので、特に副主題歌は2000年代になってからテレビCMに流用されたりもしている。例えば、「牛乳が好きな人のメグミルク」のCMでは、歌詞を「牛乳が好き」に変えて使っている(俗に言う「替え歌」である)。

パイロットフィルム

この作品にはパイロットフィルムがある。しかし、その内容はどちらかというと、東映動画制作の劇場アニメ『西遊記』(1960年)に近い。たとえば、パイロット版では、悟空が三蔵法師を呼ぶ呼び方が「おっしょうさま」(これは『ぼくのそんごくう』においても同様)なのに対し、本編では「坊さん」である。

なお、この内容変更に関しては、総監督の杉井ギサブローが、完成したパイロット版を見るなり「自分の作りたかった物はこれじゃない」と手塚治虫に直訴し、手塚から「なら好きなように作って良いから」と了解を得たためとのちに発言している。また、音楽もパイロット版と本編とは異なる。本編は宇野誠一郎である。

レビュー・感想

レビュー・感想のデータがありませんでした。

初月無料で大量アニメ見放題音楽聴き放題
ギフト券購入でクレジットカード不要。

おすすめ

悟空の大冒険が好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。