攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX

基本データ

作品名:
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEXシリーズ)
よみがな:
こうかくきどうたい スタンドアローンコンプレックス
放送:
2002年 10月
話数:
全 26 話
制作:
Production I.G.
みんなの評価:
話題性:
55
累計平均売上:
16,109 枚/
タグ:

動画サイト

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

西暦2030年、電脳化が一般化され情報ネットワークが高度化する中で、光や電子として駆け巡る意思を一方向に集中させたとしても、「孤人」が複合体としての「個」となるまでには情報化されていない時代。複雑化する犯罪に対抗するため、内務省直属の独立防諜部隊として設立された「公安9課」(通称「攻殻機動隊」)の活躍を描く。サイバー犯罪の捜査やテロリズムの抑止・検挙、要人警護、汚職摘発など極秘裏な任務は多岐にわたるが、遂行していくうちにある一つの事件が浮かび上がっていく。

レビュー・感想

アニメにハマるとは思いませんでした★
とにかく夢中になってしまう面白さでした。
かっこいい!!
タチコマのフィギュアが、欲しくなるほどです…
最近アニメの実写化が流行ってますが功殻機動隊に関しては無理。というか考えられない。アニメにしては内容が重い。アニメだからこそ描ける世界観。単なるアニメと位置付けるのはもったいない。アニメは子供のものという考えを根本的に打ち崩した作品だと思う。見ずして語るな。といいたい作品。少々高いけど満足出来ます。
理想と比べて至らない点をあげたらきりがないのが現実です。自分としては、これ程の内容の作品を作り上げた人々の才能と努力におしみない拍手を送りたい。おそらくその英知と労力に見合わない報酬で頭脳と肉体を酷使し続けたはずだから。ピクサーのように素晴らしい環境と収入を約束できない(というか、高い商品価格の大部分が本来行くべき以外の先に分配されているはずの)日本の労働環境から生まれたダイヤモンドに匹敵するような文化財を生み出す人々を日本はもっと大切にすべきではないかと思います。もしかしたらその内、野球選手のようにアメリカに移住しちゃうかもしれないんだから。

おすすめ

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEXが好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。