新ゲッターロボ

基本データ

作品名:
新ゲッターロボ
ゲッターロボシリーズ)
よみがな:
しんゲッターロボ
みんなの評価:
話題性:
0
累計平均売上:
3,507 枚/
タグ:

動画サイト

視聴可能な公式サイトが見つかりません。

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

突如、人類に牙を剥いた者達がいた。その姿は古来から伝わる伝説の生き物「鬼」そのものであった。ゲッター線研究の第一人者である早乙女博士(CV: 有本欽隆)は、鬼達に対抗するべくゲッター線を動力とする巨大ロボット・ゲッターロボを開発するが、試作型のゲッターロボでは鬼に太刀打ち出来なかった為、新型のゲッターロボの開発とそれを乗りこなせるパイロットの選定を急ぐ事にした。

一方、東京・新宿で借金の取り立て人を相手に喧嘩に明け暮れる一人の男がいた。彼の名は流竜馬(CV: 石川英郎)。後に自分がゲッターロボのパイロットとして鬼との壮絶な戦いに巻き込まれる事になろうとは、この時まだ知る由も無かった。

レビュー・感想

おもしろかったですが挿入歌が飽きます。序盤はまたこの歌かよ・・・ってずっと思ってましたでも終盤になると挿入歌がコロコロ変わるので気にはなりませんでしたストーリーは原作を忠実に再現してたと思います 戦闘とかは普通に面白いです
自分の好きなアニメジャンルは美少女ラブコメやリアル系ロボット、勇者シリーズが好きで、マジンガーZやゲッターロボの様な往年のスーパーロボット作品は避けてました。なぜなら、作品の古臭さや、ロボットのマルっこいメカデザインが嫌いな上、基本的に作品ターゲットが子供なのでストーリー性も無いだろうといった先入観もあったからです。
しか〜し! 本作に触れ、負のイメージは吹き飛びました! カッコイイじゃん!面白いじゃん!
主人公たちの生身肉弾戦からロボットの戦闘シーンまで、とにかく良く動く。特にゲッターロボの戦闘シーンはアクション自体がカッコイイのでゲッターロボのメカデザインが気に入らない方でも話数を重ねる毎に段々ゲッターがカッコ良く見えてきます。ロボ戦闘シーンでは必ずJAMprojectさんの挿入歌が入るので、かなり燃えますよ!
また、主人公たちが、残忍で好戦的な性格で鬼も人間も殺しまくる所に意外な面白さがあります。血が派手に飛び散りまくります! 従来のスパロボ作品は「友情」「愛」を魅力的に描く作品が多いと思いますが本作の魅力はアクション映画の様な爽快感かと思います。
本作の印象は良作な大人向けスパロボ作品といった感じ。ゲッター作品初心者やロボットアニメ作品が好きな方なら、かなり楽しめますよ!
高校生の頃ゲッターロボにはまり、ジャストタイミングに始まったOVA「新ゲッターロボ」、当時迷わずDVD買っちゃいました。
正直この頃はアニメが量産されすぎて低クオリティ・低作画のアニメが多く、本作も作画・演出面では光るモノがありません。
しかし、しかし!!そんな小さいことはどうでもよくなる熱さがこの作品にはあります!!
まず登場人物にまともなヤツが一人もいない!!主人公・流竜馬は口より拳で語る熱血馬鹿、神隼人は完全に頭がいっちゃってるテロリスト、
武蔵坊弁慶は間抜けで泥臭い女好き、早乙女博士はゲッター線にとりつかれたマッドサイエンティストと、どいつもこいつもアクの強い連中ばかりです。
そんな奴らが繰り広げるバトル、バトル、バトル!!「愛」だの「友情」だの「正義」だの、柔な台詞じゃ語れないバイオレンスで熱いストーリーの連続。
原作者・石川賢独特の世界観やデザインもふんだんに盛り込まれており、ファンなら思わずニヤリとする一幕もあります。
決して万人にお勧めできる内容ではありません。しかし、それを補ってあまりある個性のある作品です!
石川賢テイストが一番出ているゲッター作品と言えましょう。
石川賢ファンならニヤリとするモノが豊富に込められていますし、特典映像で生前の賢ちゃんを見れるだけでも石川賢ファンなら買う価値大です。
ゲッターのOVAはチェンジゲッターは監督交代のゴタゴタを引きずりフラグ回収放置や説明不足などがあり、作品の出来としては最低です(真ゲッターを初めてアニメ化した事などの功績は大)
ネオゲッターは話数が少ないのと、始まりが武蔵特攻からなので初見の人だと武蔵特攻の熱さが分からないのがちょっと残念です。
かたや本作は、鬼という敵が現れ、それに勝てるのはゲッターロボだけ。そしてパイロット集めへ。
という時系列の流れがキチンとしているので、OVA三作品の中では一番初見者は見やすいと思います。
終盤の演出面などでここをこうしたらもう少し盛り上がりそうだという所がチョイチョイあるのが残念です。
漫画版ゲッターに一番近いOVAゲッター。
容赦なくバイオレンスな描写もありますし、なにかと面倒くさいことを言う人が多い世の中でこういった作品は貴重ですね。まあブルーレイボックスという高い買い物しようという人は当然内容はご存じだろうから、暴力描写とか全然気にしないんだろうけど。目耳鼻とか。
一応ストーリーは一貫してゲッターという驚異がテーマになっている。
時空を超えるとか同化するとかもそうだが、隼人の探究心と弁慶のゲッターに対する疑問、その二人のやり取りや葛藤が地味に、本作のゲッターとは何かという命題に深みを与えているように感じる。
竜馬は一人でゲッターの核心に到達しちゃったから去るも戻るもあっさりしすぎ。
少し気になる点としては一部の回で作画が悪くなってるところ。
平安時代に行った回の後半、新宿の晴明戦前半や四天王戦の一部はどうしたんだろうという出来。あんまり金が回って来なかったんだろうか?
いや、きっとゲッター線が足りてないんだ!!ゲッター線吸収したら直ったもの!!
漫画の真ゲッターロボにもあったゲッターの世界で、ポセイドンもどきとライガーもどきが出てきたのが嬉しい。でも相変わらず敵。Gに光が当たるのはいつの日か・・・。
新ゲッターロボGとかできればいいのに。

初月無料で大量アニメ見放題音楽聴き放題
ギフト券購入でクレジットカード不要。

おすすめ

新ゲッターロボが好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。