機動戦士ガンダム00(第1期)

基本データ

作品名:
機動戦士ガンダム00(第1期)
機動戦士ガンダムシリーズ)
よみがな:
きどうせんしガンダムダブルオー
放送:
2007年 10月
話数:
全 25 話
制作:
日本サンライズ
みんなの評価:
話題性:
25
累計平均売上:
33,481 枚/
タグ:

動画サイト

視聴可能な公式サイトが見つかりません。

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

概要

西暦2307年、人類は枯渇した化石燃料に代わるエネルギー源として宇宙太陽光発電システムと軌道エレベーターを実用化していたが、莫大な建造費が必要なこれらのシステムを所有しその恩恵が得られるのは「ユニオン」、「AEU」、「人類革新連盟」の世界三大国家群のみだった。それらの超大国間には全面的な対決こそ無いものの熾烈な軍備開発競争による冷戦状態が継続し、また、いずれの国家群にも属せなかった小国は貧困にあえぎ、紛争や内戦を繰り返していた。

ファーストシーズン

新型モビルスーツ(以下“MS”)の公開軍事演習を行っていたAEUは、突如所属不明のMS2機の襲撃を受ける。額に“GUNDAM”と刻印されたそれらの機体は、圧倒的な機動性と攻撃力でAEUのMSを破壊していった。同じころ、人類革新連盟の宇宙ステーションを襲撃したテロリストを、同様の刻印が施された別の2機が迎撃し、多数の市民の命が救われた。

この騒動にメディアが沸き立つ中、世界に向けて1つの声明が発表される。4機のMS「ガンダム」を所有する私設武装組織「ソレスタルビーイング(以下“CB”)」は、戦争・内乱など世界中のあらゆる武力紛争に同じ武力をもって介入し、戦争根絶を目指す集団であるという。それは「平和のための武力行使」という矛盾を抱える行為であった。

莫大なエネルギーを生み出す「太陽炉」こと「GNドライヴ」を搭載した4機のガンダムを操るのは、刹那(CV: 宮野真守)ロックオン(CV: 三木眞一郎)アレルヤ(CV: 吉野裕行)ティエリア(CV: 神谷浩史)ら4人のガンダムマイスター達。武力介入を行ないながらも、その最中に人命救助を行なうなど、彼らの存在に世界は混乱。存在を否定するかのごとくテロが起きる一方、彼らを正義だと称える声もあり、賛否両論が巻き起こる。また、日本に暮らすごく普通の学生、沙慈(CV: 入野自由)も世界の変革へと徐々に巻き込まれていく。

各国家群は己の威信をかけ、ガンダムを手に入れようと様々な作戦を実行。各国家群のエースパイロット達も出撃するが、ガンダムとの性能差の前にことごとく敗北、CBは着実に武力介入を達成していった。そうした中で、各国家群は合同軍事演習を名目に、大規模なガンダム鹵獲作戦を決行。圧倒的な物量を前についにガンダムも敗北するかと思われたその時、「トリニティ」を名乗る新たなガンダムマイスター達が出現する。彼らによって窮地を救われた刹那達だったが、彼らはこれまでの武力介入を手緩いものとし、より過激な武力介入を始めた。

民間人をも巻き込むトリニティの武力介入に疑問を感じた刹那達は彼らと決別するも、彼らの介入による市民達の憎悪がCBに向けられていた。そんな中、CBの監視者の1人であるアレハンドロ(CV: 松本保典)の裏切りにより、「擬似太陽炉」こと「GNドライヴ」が各国家群へと渡る。トリニティによる過激な武力介入は、CBの計画を掌握しようとする彼の計略であり、CB討伐のための国連軍結成を促するための布石だった。用済みとなったトリニティは始末され、さらには謎の少年リボンズ(CV: 蒼月昇)の協力によって、計画の要の量子コンピュータ(量子型演算処理システム)「ヴェーダ」も掌握されてしまう。

擬似太陽炉搭載機を手に入れた各国家群は、国連軍を組織し、ガンダム殲滅作戦を決行する。CBの計画は破綻し、仲間を次々と失いながらも、戦いの果てに平和があると信じ、刹那達は最終決戦へと挑む。死闘の末にアレハンドロは倒されるが、CBも壊滅的な打撃を受けメンバーも離散することとなる。

セカンドシーズン

西暦2312年。各国家群は地球連邦として統一を果たし、世界は1つになりつつあった。しかしその裏では独立治安維持部隊「アロウズ」によって、反連邦主義や思想への弾圧や虐殺が行なわれており、世界は未だに歪んだままであった。夢を叶えて宇宙技術者となった沙慈はアロウズによる弾圧に巻き込まれ、国連軍との決戦を生き延びるも孤独となった刹那は再び戦いへと身を投じていた。

アロウズによって捕えられていた沙慈と偶然再会した刹那は、彼を救出し満身創痍のガンダムで戦うが、すでにアロウズの機体は従来のガンダムの性能を超えており、苦戦を強いられる。しかし、そこに水面下で活動していたティエリアを始めとする新生CBが救援に現れ窮地を脱した。先の戦いで死亡したロックオンことニールに代わり、弟のライルを加え、アロウズに捕えられていたアレルヤを救出し、新しいガンダムでCBは再び歪んでいく世界に戦いを挑む。

戦いの中で反連邦組織「カタロン」と合流するが、CBの介入がガールフレンドのルイス(CV: 斎藤千和)との別れと、姉の絹江(CV: 遠藤綾)を失う間接的な要因を作ったと思う沙慈は、未だ戦いをやめようとしない彼らに反発し逃亡、そこを連邦正規軍に拿捕されてしまう。事情を説明し潔白を証明しようとしたが、その行動が原因でカタロンの基地がアロウズに襲撃され、多数の人命が失われてしまう。その軽率な行動を「無自覚な悪意」だと沙慈はティエリアに責められ、戦いから目を逸らし続けてきた彼はその償いのためにCBに同行する決意をする。

調査の末、アロウズを影で操っていたのは、イオリア(CV: 大塚周夫)の真の計画のために生み出された人工生命体「イノベイド」達であることを突き止める。倒すべき敵を見つけたものの、アロウズは日増しにその力を強め、ついには衛星兵器「メメントモリ」によって、中東の一国を滅ぼすほどとなっていた。情報統制によって真実は世界に伝えられぬままではあったが、歪みは連邦内でも確実に広まっていた。沙慈は戦いの中での偶発的な要因から、ダブルオーガンダムの支援機であるオーライザーのパイロットとなり、ダブルオーとの合体を成功させCBの危機を救うが、直後の未知なる現象により、ルイスが家族の復讐のためアロウズに所属していることを知る。激しく苦悩する沙慈だったが、彼女を救うことと無意味な戦いを止めるための「守るための戦い」をすることを誓った。

CBがメメントモリの破壊に成功してから数日。連邦内でクーデターが起こり、市民6万人が人質にとられアフリカの軌道エレベーターが占拠される。彼らの目的は人質達にアロウズの蛮行を伝え、真実を世に知らしめることだった。しかしアロウズは真実が露見する前に、密かに建造していたもう1基のメメントモリで、人質ごと軌道エレベーターを破壊し隠滅を図る。刹那達は再びメメントモリの破壊へと向かうが、メメントモリの攻撃によって軌道エレベーターは崩壊し、地表には無数の破片が降り注ぐ大惨事へと発展した。この時には、CB・連邦正規軍・アロウズ・カタロン・反乱軍が協力して破片落下阻止に当たった。後に「ブレイク・ピラー」と呼ばれるこの事件は反連邦勢力の仕業として公表され、アロウズは強硬な姿勢を強めていくが、その一方で皮肉にも人々の意思は1つとなっていた。

「ブレイク・ピラー」事件から4か月。CBは2基目のメメントモリの破壊を成功させ、「ヴェーダ」奪還のために動き出した。CBの下にはカタロン、更に様々な事件を機に決起した連邦正規軍も加わり、アロウズ・イノベイター勢力との最終決戦が行われる。ダブルオーのトランザムバーストの発動によりヴェーダは奪還され、ルイスも憎しみの感情から解き放たれた。

戦いは、自分こそが人類を導く存在だと自負するイノベイター勢力の首魁リボンズと、未来のために戦う刹那の一騎討ちによって締め括られる。イノベイター勢力は敗北し、数々の所業を暴かれたアロウズは解体され、CBは今後も紛争の抑止力となって戦い続ける道を選択する。

キャスト

刹那・F・セイエイ 宮野真守
ロックオン・ストラトス 三木眞一郎
アレルヤ・ハプティズム 吉野裕行
ティエリア・アーデ 神谷浩史
スメラギ・李・ノリエガ 本名陽子
アレハンドロ・コーナー 松本保典
王留美(ワン・リューミン) 真堂圭
紅龍(ホンロン)/ハワード・メイスン 高橋研二
ラッセ・アイオン 東地宏樹
フェルト・グレイス 高垣彩陽
クリスティナ・シエラ 佐藤有世
リヒテンダール・ツエーリ 我妻正崇
イアン・ヴァスティ 梅津秀行
ハロ/ソーマ・ピーリス 小笠原亜里沙
ビリー・カタギリ うえだゆうじ
グラハム・エーカー 中村悠一
レイフ・エイフマン 土師孝也
ダリル・ダッジ 西凛太朗
ジョシュア 金野潤
パトリック・コーラサワー 浜田賢二
カティ・マネキン 高山みなみ
沙慈・クロスロード 入野自由
絹江・クロスロード 遠藤綾
ルイス・ハレヴィ 斎藤千和
マリナ・イスマイール 恒松あゆみ
シーリン・バフティヤール 根谷美智子
マスード・ラフマディー ふくまつ進紗
セルゲイ・スミルノフ 石塚運昇
ミン 大原崇
リボンズ・アルマーク 蒼月昇
イオリア・シュヘンベルグ 大塚周夫
アリー・アル・サーシェス 藤原啓治
ヨハン・トリニティ 小西克幸
ミハエル・トリニティ 浪川大輔
ネーナ・トリニティ 釘宮理恵
連邦事務総長 佐々木誠二
リジェネ・レジェッタ 朴璐美
ナレーション 古谷徹
ダリル・ダッジ 西凜太朗

レビュー・感想

第1話でぶち上げた「紛争を武力で解決する」というフレーズで衝撃を受け久々に熱中させてもらいました。
内容も西暦ということで現代社会と繋げた挑戦的な問題提起もあり、かなり斬新なガンダムだったと思います。
特に主人公側が「紛争を武力で解決する」という過激な集団なので、嫌でも戦うことの意義に関して考えさせられました…(笑)
ここは見た人によって評価がかなり左右されるテーマだと思います。
個人的なことを言えばそこらへんに関しての若干のモヤモヤ感というか不完全燃焼感がガンダムOOに対しての唯一最大の不満ですね。
あとガンダムOOはMS(メカ)がとにかくカッコいい!これだけの為でも見る価値があると言いたい!
GN粒子を撒きながらMSが躍動する姿はロボットアニメとしての貫禄すら感じました。
あと高河ゆん先生が手がける魅力的なキャラクターも必見(渋いオッサンは微妙ですが)
ガンダムシリーズは、ティーンエイジャーから「いい歳した大人」までが見る人気タイトル。それゆえ批判も沢山あって当然とは思うが、少なくとも自分には、この「ダブルオー」を批判する理由は全く見当たらない。そればかりか、若い人が見るべき、極めて良質のSFアニメ作品と宣言したい気持ちでいっぱいだ。
その大きな理由は、この作品が「現代社会の延長線である世界観」に基づいていることにある。主人公は、かつて中東地域のゲリラ組織の少年兵であるし、登場人物もテロで家族を失っている。劇中では、エネルギー供給をめぐる国際関係や地域紛争等が描かれ、まさに今の世界と同じであることが分かる。その中で、キャラクター達は悩み、傷つきながら、自分が生きるべき道を模索していく。この作品を見て、共感する人は、自分の人生や世界の問題と向き合うことの大切さを…理解するのではないだろうか。
また、ファーストガンダム以来のテーマである「相互理解」「人類の革新」に向かって進んでいく物語が素晴らしい。「未知との遭遇」「2001年宇宙の旅」といった名作SF作品と同じ哲学性を有している…というと少し大袈裟かもしれないが、そんなガンダムの主題の魅力を「ダブルオー」には濃厚に感じとることができる。
とはいえ、ロボットアニメに求められる多くの要素…カッコ良いメカや、手に汗握る戦闘シーンや、美少女や美少年…等を網羅し、見事なクオリティで描いている。ま ...
未だにバラものすら買ってません。テレビ放送当時の録画もので済ませてます。
なかなか買い揃えられない私のような人間には、こう言う機会があるのはありがたい事です。
オマケ欲しさに「とりあえず」買いますかね。
こう言う事を言うべきでは無いのですが、「売り方が汚い」「何故BDじゃないのか」「何だかつまらなかった」「この作品自体が嫌い」・・・・・何言ってんですか?別にあなた方のような「買う前提では無い人」にまで、無理矢理売り付けて金むしり取るって訳でも無いでしょう?
欲しい人は買うんです。いろいろと腑に落ちない処もありますが(故に☆マイナス1)買う時は買うんですよ。
別にバンダイの回し者とかでは無いですので、悪しからず。
最新アニメの部類なのに、50話でこの値段は、安いですね!ブルーレイは、まだ先でしょうか…。作品自体は、好みはあるでしょうが、全体的にレベルは低くないです。キャラクターも、機体も、カッコいいです。まだ観ていない人には、丁度いいかもしれませんね。
ソレステ00Rで知り購入しました。
個人的にはいいと思います。
ちょっと高い買い物と思いがちですが、特典とか考えるといい買い物だと思います。
と、"私は"思いました。
というのも、BDが良い人や、BDないしDVDを一つずつ買っている人には特典オンリーで買うには損益ですよね。
でも大体の方はBOXで出るよなーって思ってたと思うんです。
私は特典オンリーなら買いませんでした。
DVDで買ったのもBDを見る環境がないからです。
で、00は好きだし、内容も良かったので☆5です。
それと一部レビュアーの皆さん、有用性の低い投稿はしないでほしいです。
"カスタマーレビュー"の意味が分からないわけじゃあるまいし不用意に評価を左右させないで下さい。
"文句は買ってから言え"です。
ここは00という作品の評価云々を述べる場ではないし、バンダイの販売戦略にいちゃもんつける場でもないです。
あくまで製品を手にとってその"良しあしを"主観で投稿する場です。
そういうのはよそでやって欲しいです。
これから買う人にとって有益なレビューを心がける方が多いことを望みます。

おすすめ

機動戦士ガンダム00(第1期)が好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。