男子高校生の日常

基本データ

作品名:
男子高校生の日常
よみがな:
だんしこうこうせいのにちじょう
放送:
2012年 1月
話数:
全 12 話
制作:
日本サンライズ
みんなの評価:
話題性:
59
累計平均売上:
2,446 枚/
タグ:

動画サイト

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

スクウェア・エニックス刊『フレッシュガンガン』(『月刊少年ガンガン』増刊)2008年春号に読み切りとして掲載された後、同社のウェブコミック配信サイト『ガンガンONLINE』で2009年5月21日更新分から2012年9月27日更新分まで連載された。毎週木曜日更新。単行本はガンガンコミックスONLINEから発売されていて2012年10月現在、第1巻から第6巻まで累計200万部を突破している。テレビアニメは2012年1月から3月まで放送。

「○×県立真田北高校」(男子校)に通う男子高校生たちの、日常の中の笑いを描くギャグ漫画。「くだらないけれどコミカル」「バカなドタバタ」と評されるような種類の笑いを描いており、読者が自らの高校時代の日常を懐かしく振り返ったり共感したりできるような作風となっている。公式配信サイト上では、部活シーンや恋愛といった劇的な展開すら起こらない、リアルな日常をテーマにした作品であることがアピールされている。「サザエさん方式」を採用していることを公言しており、登場人物の年齢は固定されている。

本作のような「日常系マンガ」のジャンルでは、登場人物は女子が中心、あるいは女子のみであることが多いが、本作は男子高校生を中心としている点が特徴となっている。作者の山内は本作について「はやっているのと同じような物を描こうとは思わなかった」と述べている。

男子高校生だけではなく女性キャラクターも登場し、単行本の巻末には、描き下ろし漫画「女子高生は異常」が収録されている。ただし、登場する女子のほとんどが型破りで男子をも凌ぐ凶暴さを持っていたり、笑う表現が下品だったり、言動が支離滅裂だったりと多くの日常系漫画から描かれる女子生徒達とは一線を画すキャラクター(いわゆる「萎えキャラ」)が多い。基本的に女子の目は描かないという作者の方針により、主人公である北高メンバーの親族であっても目の周りの表情が描かれていないキャラクターが多い。

キャスト

タダクニ 入野自由
ヒデノリ 杉田智和
ヨシタケ 鈴村健一
文学少女 日笠陽子
りんごちゃん 悠木碧
タダクニ妹 高垣彩陽
モトハル 浪川大輔
唐沢 小野友樹
副会長 安元洋貴
会長 石田彰
ミツオ 岡本信彦
奈古さん 皆川純子
ヤナギン 小林ゆう
羽原 ゆかな
生島 斎藤千和
ヨシタケ姉 小清水亜美
モトハル姉 早水リサ
ヤスノリ 高梨謙吾
校長 石原凡
救世主 福山潤
眼鏡 梶裕貴
茶髪 櫻井トオル
担任 三石琴乃
たかひろ 森久保祥太郎
ラバーシューター 朴璐美
少年ヒデノリ 三瓶由布子
羽原兄 関幸司
ユウスケ 櫻井孝宏
先輩 伊藤静

レビュー・感想

皆さん意外にも絶賛なので驚きました。
ということでひねくれた意見をいくつか、
(1)opの曲が原作の世界観とあっていない。初見はそれが面白い?とも思いましたが二回目からは
鼻に付く感じでした。
(2)キャラデザインやコマ割り、基本的な「見せ方」がマンガと印象が変わらない。動きがある分
マンガのもつあの笑いの瞬発力やモノローグの破壊力が薄くなった気がします。
(3)声優さんがうまい!…しかし表情が単調なのと、場面効果がこれまたマンガの域を出ないので
そのうまさが「浮いて」いる。
(4)エンディングはカバー裏のあのネタから......!?これは吹いた。こういう世界観の広げ方をアニメで
もっとやって欲しい。
日常的にアニメを見ていると作品に求めるレベルが高くなっていて、キャラが動いて・喋って・色が
付いているだ ...
製作がサンライズ、CVが杉田氏や鈴村氏…
まさかとは思いましたが、結構「銀魂」をかぶせてきましたね。
内容は原作通りが多いので、不満という不満はないですが、
アニメ的に「やりすぎない方向」を望んだりします。
なんという脱力感。
スピーディーな展開で次々と奇妙な日常が流れていく。
爆笑はしないが、思わずほくそ笑んでしまう。
とにかく「加減」というものを、良く心得て作られている。
タイトルから察するに、この作品の主役はしょーもないごく普通の馬鹿ばっかやってる男子高校生たちです。
その男子高校生でまさかの日常物です。
日常物と言ったら、今のアニメ界では女の子が基本となった世界、男だってやれば女の子ばっかのなんかに負けないくらいの出来はできるんだ!みたいな感じのアニメです。
女の子も出てきますが、他の日常物の女の子と比べると酷く性格が歪んでいる人が多いです(笑)
まぁ、あくまで主役は男子高校生ですからね。
「男子高校生の日常」なので、かつて男子高校生だった人はあるあるネタやキツめのネタまであるので青春のバイブルみたいな感じで視聴してみるのもまた一つの楽しみ方じゃないでしょうか。
今現代の萌えばっかなアニメ界、こんな感じの元々あるべき形のアニメはもっと増えて欲しいものです。
アニメは見れない地域だったので発売を待ち望んでいました
まず本編の馬鹿さ加減に反する爽やかで格好いいOP、このギャップが笑いを誘います
原作の短編をテンポよく繋げていくので1話にぎっしり凝縮されていて見ていて飽きません
特に1話を文学少女で締める構成が上手いです
EDには思わず吹き出しました
個人的に2話の最後にお嬢様と執事のアニメが収録されているのが嬉しかったです
差し歯ネタはアニメで見るとより笑えました
スペシャルCDの男子高校生の見せられない日常も本編に負けず劣らず馬鹿らしいです
こちらはアニメオリジナルの本編裏話と言う感じでOP談義、文学少女の再来、男子高校生とスカート外伝など本編視聴後に見ることを強くオススメします。
文字通り見せられないのが本当に残念でなりません!
内容、特典ともに、ファンとして大変満足いく作品でした
気構え0 中途からでもOK
だらだらだるだる見れて、、、どうでもいい作品だと思ってしまってたのに
放映が終わって気づく言いようの無いさびしさ
じわじわ沸いてくる喪失感
深夜枠でなく是非夕方のラインでやれる貴重な作品だと思います
唯、盤の値段が厳しいですね
12話収録で12800 実売8000-9000円くらいなら買えますが
ちょっと手が出ないかも
テレビで見て凄く面白かったので購入しました。あるあるネタやシュールなネタもあって見やすい作品でとても好みに合っていました。
そしてこの特典となっているCDも内容が豊富でアニメでのスカートの続きとかもあって面白かったです。
「文学少女」のロングバージョンも入っていてとても満足です。そしてテレビでは放送されていない新作も入っているので飽きない物でした。
自分的に男子高校生の日常が好きなら買っても絶対の損しないものだと思いました。
男子高校生のバカな行動についあるあると納得してしまう作品でかなり面白い!

おすすめ

男子高校生の日常が好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。