緋弾のアリア

基本データ

作品名:
緋弾のアリア
緋弾のアリアシリーズ)
よみがな:
ひだんのアリア
放送:
2011年 4月
話数:
全 13 話
制作:
J.C.STAFF
みんなの評価:
話題性:
79
累計平均売上:
5,321 枚/
タグ:

動画サイト

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

増加する凶悪犯罪に対抗するため、武力を行使する探偵「武偵」の存在が当たり前の社会。武偵を育成する東京武偵高校に通う青年・遠山キンジ(CV: 間島淳司)は、普通の生活を求めていた。しかしある日現れたエリート少女武偵・神崎(CV: 釘宮理恵)・H・アリア(CV: 釘宮理恵)と出会ったことにより、彼女を取り巻く戦いの日々に身を投じていくことになる。

レビュー・感想

第4話まで視聴したが早くも飽きてしまいました。なぜならキャラも物語もどこかで見たことあるものばかりだからです。ヒロインたち女性キャラは萌えや属性という記号化された人物ばかりだし、主人公もラノベにありがちな保守的で受け身な性格。だけど能力が覚醒すると俺最強!の中二展開…なんというか脚本家のこれってカッコいいよねという妄想をただ詰め込んだだけという感じしかしません。あと一番疑問に思ったのはこの世界って学生しか治安維持活動してないのかな?警察は?大人は何してるの?
今まで放送された分まとめてここに感想を述べます。
緊張感皆無です。全くと言っていいほど緊張感がありません。
テロリストと対等に戦うのであればもっと緊張を持って勉学に励め、と思う。
ましてや、航空機のハイジャック編では揺れる機内で銃を乱射しまくっている。
狙いはぶれる、間違えたらドアコックに当たって開くかもしれないのに何をやっているんだ。
素人でもそれくらい察するわ。
そして、一番の難点が
「これのジャンルは何だっけ?」
アクションだったっけ?超能力だったっけ?怪物ものだったっけ?
どれかひとつに特化してくれ。キャラクター云々以前に破綻したストーリーを立て直せ。
友人は「原作のほうが面白い」といっていたが—
なるほど。
あんな原作だからアニメもこうなったのだな。
最初に、他のレビューで高評価をつけている人は大抵原作ファンの人です。それの最も問題なのが「原作が好きだからアニメも好き」って意見が大半だというところ、そしてそういった意見の人の多くはあまりアニメを知らない者かキャラアニメしか見ていない者。 そういった人々の評価も必要なものかもしれないが、「原作が良ければアニメも良い」などという考えはアニメを見ていないも同然なのでレビューとしてはあてにならない。
まず、私がこのアニメで思ったのはキャラデザでした。いくらキャラクターを前面に押したアニメだからといっても目が大きすぎる点、そして度々作画崩壊のようなことが起き鼻、目(顔のパーツ)が明らかに不自然な位置にあったりします。
しかしキャラクター自体に魅力が無いわけではありません。といっても、「好きな人は好きかも」ぐらいです。
ストーリーについては一巻ではなんともいえません。全話見た感想としては脚本も悪いですが演出も十分悪いです
原作ファンでない人にとってこのアニメに魅力は少ないかもしれませんが、その少ない魅力を見つける楽しさはあるかもしれはせん・・・これぐらいしかフォローできませんが、ブルーレイ・DVDの売上で言えば決してアニメ化失敗ではないので二期の製作もありえるかもしれません
●プロの作家とアマチュアを分ける最大のポイント
魅力的なキャラクターを創造出来るか
これにかかっていると思います。
物語を作れる人は結構居るんです。
巷には漫画やアニメのキャラクターを借用した二次創作作品が溢れています。
中には非常にハイレベルな作品もあります。
しかし彼らに自前のキャラクターを作り、これを生かす術はありません。
登場人物の容姿や名前、性格などを一から作り、
それを際立たせることが出来るのはプロでなきゃ不可能だと思います。
キャラクターは既存のアニメや漫画からの借用。
バックボーンは歴史上の人物や著名な作家が想像したキャラクターからの借用。
このアニメからそれは感じられません。
●ガンアクション。
聞いた話ではこの後超能力ものに移行するらしいです。
実際キンジがそんな力を使っています。
しかし現時 ...
武器を使ったスピード感あるシリーズ…ということで期待したのですが、『ん〜?』といった感じでした。
何よりウザかったのは、武偵憲章、武偵憲章と30分で一体何回言うつもりだ!とツッコミたくなるほど諄かったこと。
そして、覚醒すると凄いキンジ。『あんた一体どこのアレルヤさん?』って感じ
キャラは普通に可愛いんだけどね。
作品の出来に関しては、言いたいことはありません。ただ好き嫌いははっきりするアニメだと思うので、そのへんは潔い作りになっており、作り手のこういう姿勢には好感が持てます。
しかし、キャラたちが「武偵憲章」をいちいち口にするのが、自分にはかなりくどく感じ、作品のスピード感を台無しにしているように感じた。
低クオリティでキャラは記号。生きてる感じがしない。
J.C.という時点で、ある程度諦めていた部分もありますが、期待を下回りすぎにもほどがあります。
久しぶりに空気アニメってのを観させていただきました。
神メモまで本当にこんなクオリティだったら、もう悲劇としか言いようが無いですね。
岸田さん原画なら、某いろはのP.Aは超えられないでしょうし。
とらドラは奇跡だったのでしょうか?
好きな作品がこうなると、本当にがっかりします。
これからのJ.C.の本気に期待して、☆3つ。
原作は今まで読んだラノベの中で1番面白かったです。
アニメは今まで見た中で一番酷かったです。
期待はずれでした。なんでアニメ化したんだろう。
原作の味が全く出てないです。

おすすめ

緋弾のアリアが好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。