荒川アンダー ザ ブリッジ×ブリッジ

基本データ

作品名:
荒川アンダー ザ ブリッジ×ブリッジ
荒川アンダー ザ ブリッジシリーズ)
よみがな:
あらかわアンダー ザ ブリッジ
放送:
2010年 10月
話数:
全 13 話
制作:
シャフト
みんなの評価:
話題性:
22
累計平均売上:
2,082 枚/
タグ:

動画サイト

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

主人公・市ノ宮行は世界のトップ企業社長の御曹司。幼い頃から父に「他人に借りを作るべからず」と教えられ、その教え通りに借りを作らずに生きてきた。

しかし、ひょんなことから溺れかけた際、荒川河川敷に住む自称金(CV: 杉田智和)人のニノ(CV: 坂本真綾)に命を救われる。「命の恩人」という余りに重すぎる借り。その恩返しとしてニノが行に要求したのは「私に恋をさせてくれないか?」という事だった。こうして行はニノの恋人となり、自身も橋の下で生活することになる。

荒川の橋下では常識から外れた人々がたくさん住んでいた。行は「リク(CV: 神谷浩史)ルート」(通称「リク」)という名前を与えられ、橋下の住人の一人として暮らす事に……。

レビュー・感想

あの斬新な笑いは1期に続いてとどまる所をしらない。
2期のOPとEDをつとめた「やくしまるえつこさん」と「スネオヘアーさん」がそのままでとてもマッチした良い歌でした。
特にOPムービーは1期同様何回も見てしまいたくなるような映像でとてもよかったです!
(個人的には1期のほうが好きですが笑″)
声優陣が相変わらずとっても豪華なのもこのアニメの特徴ですね
2期からのオーディオコメンタリーにも注目です(神谷さんはさすが笑″)
これだけ笑わせてくれる作品のうえ、監督が新房監督ということもあるのでまず買って損はないです。
あまり深く考えずとりあえず笑いたいときにみたくなるアニメ!それが荒川アンダーザブリッジだと思います
ちなみに自分が好きなキャラは2期から出てくるアマゾネスです。(とってもキュート!笑″)
作品内容自体も好きですが、豪華なオーディオコメンタリー目当てで購入しました。
(神谷浩史、杉田智和、中村悠一、中村光先生の4人)
荒川のBD購入は、1期の1巻以来ですが、今回のコメンタリーは、
あんまり本編に触れず、収録裏話をガンガン話してる感じでした。
役作りとか、オーディションとか、いろんな声優さんについて突っ込んでます。
2話のコメンタリーでは、中村先生に質問しまくって原作裏話が多いです。
(アマゾネスが画面に出ると、そっちの話に切り替わりますがw)
やはり神谷さんがいるとコメンタリーがスムーズに進行します。
もう一つの特典の録りおろしCD「白線のもとに」は20分弱ですが、
出演キャストが多く、内容、特にシロとマリアのからみが面白かったです。
その他、気付いた点は、1話に実写版のEDが追加されてるのと、
BDのケースから、エンドカードやブックレットがスルっと落ちやすかったのが改善され、
収納ポケット付きのBDケースになってたのが、地味に嬉しかったです。
本編の面白さはもちろんですが、特典のために買う価値ありだと思います。

おすすめ

荒川アンダー ザ ブリッジ×ブリッジが好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。