遊☆戯☆王ARC-V

基本データ

作品名:
遊☆戯☆王ARC-V
よみがな:
ゆうぎおうアーク・ファイブ
放送:
2014年 4月
話数:
全 148 話
制作:
スタジオぎゃろっぷ
みんなの評価:
話題性:
0
累計平均売上:
176 枚/
タグ:

動画サイト

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

海岸沿いに位置し、赤馬零児(CV: 細谷佳正)の開発した「質量を持つ立体幻影(ソリッド・ビジョン)」の普及によって「アクション・デュエル」が誕生し、デュエル技術のみが進歩している「舞網市」が舞台となっている。

レビュー・感想

パッケージも素敵、内容も凄く充実してます。二つの次元が衝突してストーリーが展開していく部分ですね。
このあたりの演出、とても好きです!素良や黒咲のファンは必見。買って損は無し!何度も見直してます。
衝撃の柚子のクラッシュから、それでも今出来ることをすべきだというシンジとの激闘を描いた物語
貧困地区で生まれたシンジの戦い方に押される遊矢は迷いを振り切って戦います。
非常にデュエル構成が上手く出来ていて今現在ARC-Vで一番好きですね
これに限らずシンクロ次元編はとても面白かったです
エクシーズ次元編からはノーコメントで
第33話「未来都市ハートランド」~第36話「共鳴する竜」まで収録。
視聴者がおそらく最も見たかったであろう、黒咲と、素良のデュエルがついに行われた。
社長がアクションフィールドに選ばせたのは、「未来都市ハートランド」。
初めは、遊矢から教わったエンタメデュエルで余裕に戦っていた素良だが、
黒咲の猛攻に焦りを見せ、ついに今まで隠していた実力を出し始める。
新たなデストーイモンスターで反撃し、黒咲もまさかのRUMを発動し、
ランク5のブレイズ・ファルコンを召喚する。
デュエルの最中、黒咲は自分の故郷が侵略者に蹂躙されたと語り始めた。
それを聞いた素良はキャンディを噛み砕き、邪悪な表情で笑い飛ばす。
ついに素良の持つ最強のデストーイ・マッド・キマイラが出現し、
ブレイズ・ファルコンは破壊され、コントロールも奪われてしまう。
しかし、さらなるRUMによって、ブレイズファルコンは黒咲の場に戻り、ランク6のファルコンが特殊召喚される。
ここまで攻守がめまぐるしく展開したデュエルは、アークファイブでは初めてではないだろうか。
結局、遊矢のエンタメに一度も感動する事がなく最終回を見終わった。
歴代主人公は終盤になると、とても頼りがいのあるキャラばかりだったが
遊矢は最後までウジウジしっぱなし、周囲から背中を押されないと気付けない、前を向けない。
主人公の成長と言うのも一つのテーマだと思ったが、恐ろしいことに全く成長していなかった。
最後のデュエルは、勝敗を決する大事な場面がアクションカードの取り合いと言う凄まじく寒い内容だった。
原作者はカードゲームという題材を用いて、対戦相手との心理の駆け引きを描いていたはず。
遊戯王から剥離したようなサーカスがしたいのなら、他のアニメでやるべきだろう。
勝利が確定した瞬間にエンタメを煽る演出は、ただの勝ち煽りであり不快でしかない。
彼が本物のエンターテイナーなら、最初からショーマンシップを見せるべき ...
・・・なんか気が向いたので失礼します(購入したのは書き込む1か月前)。
本ディスクに収録されている内容を一言で表すとすると「エクシーズと融合の対立」といったところかな?
特に凄いのが収録2話目。この話が本DVDの一番で見せ場じゃよ。
”安定の遊戯王クオリティ”といえる、いわば「もはやカードゲームをやるってレベルじゃねーぞ!!(フレーズは受け売り)」という演出が多数・・・なんだ、いつもの遊戯o・・・
素良にしろ黒咲にしろ明らかにやり過ぎ感満々。 
公式大会であることそっちのけで暴れまわってるとしか思えませんわこりゃ。
でも凄いレベルのアクションを2人とも披露してくれてお客さんも視聴者も大満足だよ!!!
ちなみに、本DVDに登場したカードのほとんど(全部ではない)が”クロスオーバーソウルズ”に収録されている、という寸法ナノーネ。
・・・?あれ?今、台詞がおかしかったような・・・?

初月無料で大量アニメ見放題音楽聴き放題
ギフト券購入でクレジットカード不要。

おすすめ

遊☆戯☆王ARC-Vが好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。