魔法遣いに大切なこと

基本データ

作品名:
魔法遣いに大切なこと
魔法遣いに大切なことシリーズ)
よみがな:
まほうつかいにたいせつなこと
放送:
2003年 1月
話数:
全 12 話
制作:
Viewworks
みんなの評価:
話題性:
2
累計平均売上:
2,190 枚/
タグ:

動画サイト

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

原作者である山田典枝が城戸賞へ応募するために執筆したものが基となっている。この脚本自体は一般公開はされていない。

この脚本を元に、よしづきくみちの作画による最初のシリーズ『Someday's dreamers』の漫画が富士見書房『月刊コミックドラゴン』で、2002年12月号まで全7話連載。岩手県遠野に住む魔法遣いの主人公が魔法労務士免許(基本設定の項を参照)取得研修を受けるため上京し、研修中に出会う人々と触れ合うことで成長する姿を描く。なお、本シリーズでは「魔法使い」ではなく「魔法遣い」の表記を用いている。

この漫画を元に連続テレビアニメ版とアニメ版を基にした小説も発表されている。

2004年、同世界観を基に、舞台を長崎に移し、登場人物を一新した新シリーズ『太陽と風の坂道』の漫画を発表。“Someday's dreamers”の主人公・菊池ユメ(CV: 宮﨑あおい)も登場している。

2007年、実写映画版の製作を発表。2008年12月20日より順次公開された。

2008年、テレビアニメ版第2弾『魔法遣いに大切なこと 〜夏のソラ〜』を発表。映画公開に先駆け、同年7月より放送された。

レビュー・感想

特別凄いという部分はないです。しかしなぜか観てしまいます。人と人とを繋げる暖かいストーリーと人のために身を捧げる慈愛の心は傷つきやすく現実に人はその行為に感謝するとは限らない。なぜか心に離れないストーリーを観せてくれます。
「魔法遣い」の存在が普通に認知がされてる世界が舞台です。主人公の「菊池ユメ」は魔法遣いになるため夏休みに上京してきました。ユメは下宿先の家主兼研修担当教官の「小山田」のもとで研修を積むうち‘魔法遣いに大切なこと’とは?と考え始める・・。少女の成長を描く心温まるストーリーです。1巻には2話入っています。
現実世界にそのまま「魔法があったら」というファンタジーなストーリーですが、
派手な戦闘や萌えといった要素は無く、人間の内面に重点を置いて描かれています。
絵や言葉使いも丁寧で、見ていて強く惹かれるというのではなく、しっとり染み渡るという感じがしました。
BGMも優しい曲が多く、私はをイージーリスニングとしてよく聴いています。
最近見たアニメの中でも指折りの、心温まる作品でした。
心にぎゅっとくるハートフルストーリー『魔法遣いに大切なこと』のアニメ版が一気にあなたのお手元に。
BOXはコミック版や小説版、キャラクター原案でおなじみのよしづきくみちさん描き下ろしだそうです。
大人向けのアニメに興味を持ち出して、初めて観た深夜アニメです。
最初に観たときの驚きは今でも忘れません。
音楽のクオリティの高さ、声の自然さ(いわゆる“アニメ声”じゃないという点で)、世界観のユニークさ、そしてなんといってもストーリー。
身の回りの人々との出会いや別れを通じて成長していくという内容はどこにでもありますが、この作品の主人公・菊池ユメには、最近のアニメにはあまり見られないものがあります。
単に周りの人の働きかけによってのみ動くのではなく、彼女には自分で必死に考え、積極的に目の前の問題や人間関係に取り組もうという姿勢があることです。
アニメのレビューサイトなどを見ていると、残念ながらこの作品は実際あまり良い評価を得られていないようで、その理由を読むと、「ご都合主義」だの「退屈」だのといった言葉が目立つの ...
シナリオ的にはよくあるハートフルストーリーという感じで特に目新しさはなく、むしろ荒削りな点なども目立ちます(第1~2話で、主人公のユメが大量の紙幣を魔法で作り出したのに大したお咎めもないのを見て「おいおい、そりゃ重犯罪やろー。なんでそれで済むねん」と思わず突っ込んでしまいました(笑)。魔法使いが行政機関だというなら、法的な考証などもしっかりやってほしかった…)。しかし、決して悪いシナリオというわけではなく、たしかに心温まるお話ですし、何より、非常にクオリティの高い丁寧な作画で「あたりまえの日常」をしっかりと描いており、作品としてはすばらしい出来になっていると思います。声優さんもあえて「アニメ声」でない方々を選んでいるような感じで、特に主人公のユメ役は、声優初挑戦とは思えない演技とアニメのヒロインっぽくないハスキーな「普通の声」で、この「日常的な」作品のヒロインにはまさにハマリ役といった感じです。もともと実写向けのシナリオだったらしく、あえてアニメでやる意味があるかどうかは疑問ではありますが、戦いも暴力もない、ほっと一息つけるような心温まるアニメが観たい方には、一押しの作品です。
菊地ユメを通じて魔法遣いや周りの人々の繋がりが描かれている
魔法遣いをやめた人、魔法遣いになりたい人、研修の者
この作品の良さは、日常がきちんと描かれているところ
下北沢に住んだことはないが、下北には、こんな人が居そうと思わせる
今まで 人の為にと遣った魔法が ある出来事で
本当に人の為に役に立っているのかを 悩み 苦悩
する主人公菊池ユメちゃんの物語です。

初月無料で大量アニメ見放題音楽聴き放題
ギフト券購入でクレジットカード不要。

おすすめ

魔法遣いに大切なことが好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。