AVENGER

基本データ

作品名:
AVENGER
よみがな:
アヴェンジャー
放送:
2003年 10月
話数:
全 13 話
制作:
ビィートレイン
みんなの評価:
話題性:
0
累計平均売上:
データ無し
タグ:

動画サイト

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

時は遥か未来。舞台は赤き大地の広がる星・火星。地球に棄てられた火星の人々はドームの中の都市に住まい、火星の貧しい資源の分配は、各ドームの代表闘士による闘いで決められている。そして、火星に訪れた大きな受難。生まれなくなった子供、月の接近による天変地異。人々は、無敵の闘士ヴォルク(CV: 家中宏)と、女神ウェスタ(CV: 島本須美)の下、子供の代わりとしてアンドロイド・ドールを愛玩し、緩やかな破滅の道を歩んでいた。

そんな時代に現れた一人の美しき女性闘士レイラ(CV: 豊口めぐみ)・アシュレイ(CV: 豊口めぐみ)。どの都市にも属さずに、大地に生きるバルバロイの彼女は、ドールであるネイ(CV: かないみか)と共に旅を続けていた。その目的は、オリジナルダズンであるヴォルクへの復讐。人類の黄昏の中、レイラ・アシュレイとネイの復讐の旅の果てに2人を待ちうけるものとは…。

レビュー・感想

不遇の名作AVENGERの2巻目のDVDです。この作品は非常に良く出来たものだと思うのですが世間的には不評なようです。その主だった理由として分かりづらいと言うのがあります。確かにセリフはどのキャラも少なく話の展開もはじめて見ると置いてかれてしまうかもしれません。しかしそれはこの作品を考えも無しに見てるからであって、キャラのセリフを「何故このキャラクターはこの場でこのセリフを口に出すのだろうか」と言う所まで考えると謎めいたストーリーは徐々にですが見えてきますし何を伝えたいのかも見えてきます。セリフは少ない故に一言一言が重く、それぞれが二重三重の意味をなしているのです。話の展開もそう言った点で広がりを覚えれば納得できるようになってきますし感動的なストーリーに涙する事もあるでしょう。つまりは良くも悪くも考えさせられる作品なのです。それゆえ考える人と考えない人との溝が深く評価が分かれるのだと思います。今回の話、CHILDはレイラの回想を含んでおり、物語の核たる部分が明らかになってきます。もう一つの話、ADULTですがドールがあまり良く扱われておらず人々に虐げられています。そこでセシルさんが言った言葉が印象的でした。人類が火星に居をかまえると言うとても遠い話ですがどこか今に通じる物があります。今と言う時を生きる全ての大人たちに見てもらいたい話です。
この作品は確かに万人受けするものではないけれど、世界観がとても美しいと思う。
ごちゃごちゃした騒がしさが無く、ゆったりどっぷりAvengerの世界にはまることが出来る。
曲もアニメの内容にとてもよくあっているので、普通のアニメに飽きた人、一風変わった物が見たい人にはお勧めだ。
真下監督はきっと50〜60年代のSFがお好きなのでしょうねえ。
荒々とした火星の地表、廃墟寸前のジオデジックドーム、火星の子供等の背景はブラッドベリ,シマック,ブリッシュの匂いを感じさせます。さらにそこにアメコミ的なキャラクターが投入されており、それが妙にマッチしているようなしてないような。月で目覚めたコールドスリーパー達の来襲への予感が、当時の冷戦を暗示してるようです。物語が意味不明なのは、おそらく極度に低予算の制作費しか無かったせいじゃないでしょうか?絵がほとんど動かないし。見てますと25分が1時間くらいに感じられます。SFの良き時代に敬意を表して星3つ。
ノワール、ドットハックとテレビアニメーションを手がけててきた真下監督の最新作です。「子供が生まれなくなった世界で人々はドールと呼ばれるアンドロイドを所有し少ない物資の配給はそれぞれの都市が代表者を選んで行われる「代表闘士戦」によって決められている」主人公はそんな世界を旅するレイラ・アシュレとアンドロイドの少女ネイ。作風はノワールとドッハックに共通するモノがあるし、キャストも真下作品に出演していた人が目立つ。ただ、ある程度の作品に対する予備知識が無いと「なぜ戦うのか」「なぜ旅するのか」といった部分が見えにくいかも。ストーリが進むほどに面白みが増す作品という点では過去の作品に共通している。
AVENGERは、とても面白いので是非見てほしいです。他の作品にはいないような個性的なキャラクターがいたり、今までないような物語の設定だったり、最近の作品に飽きてきた人にはとてもおすすめです。そして、なんといってもAVENGERは音楽が新しい感じがしてとてもいいです。是非AVENGERを見るときは音楽にも注目して見てみてください。
雰囲気を楽しむアニメだと割り切ればかなり面白いです。
でも★五つにした決定的な要因は、
なんだかんだでアリプロですね。
特に最終話エンディングの「地獄の季節」が最高。
これがなければ★四つだったかもしれません。
ヴォルクシティの市民が見つめる中、レイラとヴォルクが激闘を繰り広げていた。その中でガルシアは一人、この星に起きつつある異変を感じ取っていた・・・。真下耕一監督が贈る、本格バトルアクション最終巻!是非、ご覧あれ。

初月無料で大量アニメ見放題音楽聴き放題
ギフト券購入でクレジットカード不要。

おすすめ

AVENGERが好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。