B型H系

基本データ

作品名:
B型H系
よみがな:
ビーがたエッチけい
放送:
2010年 4月
話数:
全 25 話
制作:
ハルフィルムメーカー
みんなの評価:
話題性:
16
累計平均売上:
1,082 枚/
タグ:

動画サイト

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

高校入学を控えた山田(CV: 田村ゆかり)は、「夢はセックスフレンド(アニメ版ではエチトモ)100人」という、エッチへの興味が旺盛な美少女。しかし、男性の前だとあがってしまう性格が徒となってか、未だに処女。

ある日山田は、本屋で踏み台から転落した所を冴えない男子に助けてもらう(実際は男が巻き込まれただけ)。この凡庸で童貞ぽい男こそ処女を捨てる相手として手頃だと感じた山田は、後に彼が高校のクラスメイト・小須田崇(CV: 阿部敦)だと知ると、なんとか小須田を落として初エッチを済ませようと様々なアプローチを始める。

レビュー・感想

B型H系は、Hにもの凄く興味がある美人処女女子高生「山田」が、Hをしたいがちょっと怖いと
いう矛盾する気持ちを抱えたまま、同じクラスのぱっとしないが気は優しい童貞男子高校生「小須田」と
Hすることを目指しがんばり続けるアニメである。
基本ストーリーは上記の通り単純で、明るくユーモアのある肩の凝らない作品に仕上がっている。
Hが前面に押し出されているわりには嫌らしい感じは余り無く、むしろ時々キュンとするような描写
(第一回の二人の相合い傘シーンや第二回の花火を見ながら山田を後ろから抱きしめる小須田のシーンなど)もあり
ギャグの皮を被った純愛作品のような印象もある。
田村ゆかり氏(山田の声優さんでもある)が歌う主題歌とエンディング曲も聴いていて心地よい。
アニメの絵柄的には現在最先端の「けいおん」又は「化物語」「ジブ ...
とにかく面白いです。そして、主人公の山田がかわいいです。
深夜アニメは、いつもはなんとなく暇つぶしに見る程度で、これもなんとなく見始めたのですが…
びっくりするくらい面白かった。
アニメのレビューを書くのは初めてですが、この作品はぜひ紹介したい!と思い、書いています。
H友100人作る!との目標があり、手始めにチェリーくんである小須田くんをターゲットとする山田。
はじめは、男性向けのちょっとHなストーリー?などと思っていたのですが、回が進むにつれ、
違うことがわかりました。そして、どんどんこの作品に惹かれてしまいました。
良質なコメディであり、かつ非常に純粋なラブストーリー。第1回や第2回にもキュンとする
場面が多少ありますが、回が進むにつれて、そんな場面が増えていきます。
第3回(第6話)のラストでは、ザ・青春 ...
とにかく山田(主人公の女子高生)が可愛いです。
Hの事しか興味が無い、と言い切るとんでもないヤツのくせに、
いざそういう状況になると、純情すぎてなにも出来ないという……
そういうところがなんとも。
実際、色々エッチな妄想をする割には今だ処女だし……。
山田は、いい意味での「おバカさん」と言いましょうか、
(設定的には、超美少女なだけでなく成績も良いらしいです。)
なんとも強烈なキャラです。
この番組を見ていると、エロかったり、純愛だったり、お笑いだったりの
色々な内容が、ものすごい勢いでバンバン連発されて、
見終わった後、一言では表現できない気持ちになります。
何か、心を揺り動かされる感じです。
(エッチな意味でも。)
他のアニメ作品ではちょっと無い面白さではないでしょうか?
このアニメはギャグ90%エロ10%です。
10%のエロもきわどいものばかりで、アニメ中鬼印で修正されたところが何か所もありました。
というか、そこ無修正にしたらエロアニメじゃん!というような部分もありますが、作品としてはとても面白かったです。
あえて修正は残した方がよかったのでは?
「Hトモ100人作る!」と豪語する山田は実はその手のことを全く経験したことが無いうぶな女子高生。うぶなだけに妄想が膨らみ、過激な言動がエスカレート。これはそんな彼女が引き起こすドタバタ学園コメディー。
ヒロイン山田のキャラクター設定とそのプレゼンが非常に面白く、それがこのアニメを今までとは一味違った学園ラブコメディーに仕立て上げています。破廉恥で強引で高飛車。ヒロインにあるまじき様々な負の特性を臆面もなく披露する山田。しかし、それも彼女の純情さやそれを隠そうとするがゆえの可愛らしい背伸びから来ているのがうまく伝わってくるところが実に心憎い。虚勢を張り格好をつけて性的魅力をひけらかそうとしても、いざとなると汚れの無い地が出て縮こまってしまい何も出来なくなるという新しいツンデレスタイルを巧みに確立。山田役を高テンションと可愛らしさをないまぜにして見事演じきった声優の田村ゆかりさんの功績大。
全体の進行も小気味よく飽きさせることがありません。特に各キャラクターが口走る膨大な量の台詞の絶妙な散りばめかた、一話につき十分強という短い尺の中を有効に使い切ったテンポのよい編集が素晴らしい。またアニメーションにも随所に毛色の異なった画質を配し、ポップアートの一つのありかたとしても楽しめることうけあい。こうしたきめ細かな工夫が全編にマシンガンの銃弾のように散りばめられたギャグの面白さを嫌が上にも引き立 ...
タイトルや「美少女がH友100人作ろうとする話」と聞いただけで
ドン引きしてしまう人はいるかも知れません。
しかし、他の方がレビューで書かれているように中身は純愛コメディです。
口では色々いっているけど、いざそういうシーンになってしまうとテンパって
しまう可愛い山田と、ややへタレ気味だけどいざという時はビシッと決めてくれる
小須田の二人を中心に話が進んでいきます。
原作者が女性でヤンジャン連載と言う事もあってか、山田が小須田に対して惹かれていく
描写もリアルで、かつ男から見ても嫌味がありませんでした。
また、山田のとんでもないエロ妄想や、照れ隠しで暴走する様子は時に爆笑しながら、時に
ニヤニヤしながら見させてもらいました。
当方、君に届けのような純愛物は大好物なのですが、2010年春期のアニメではこれが一番近い
物を感じました。
基本的に明るいコメディではありますが、その中で相手を好きになるとはどういう事かというのを
しっかりと描いている作品だと思います。
タイトルや紹介で引いてしまった人。騙されたと思って1巻視聴してみて下さい。
一緒に山田と小須田が成長していく様子を見守っていきましょう(笑)
原作未読です。
アニメのシリーズ全体での感想。
エロアニメには興味は無いのだが、これは面白かった。
というか、エロ作品というよりは、結構青春もので、
ラブコメでもあり、ギャグアニメでもあった。
山田のぶっ飛んだ挙動がチャーミングで良い。
その方向はエロに向かっているが、実際はエロイというよりは
笑えるという感じで、いやらしくなく、楽しいエロだった。
原作が女性らしいが、そのおかげか男の一方的な妄想エロ作品にならず、
女性視点での恋愛観も入ってバランスが取れているのかもしれない。
エロ表現に対して潔癖症でなく、ある程度寛容な人なら
男でお女でも楽しめると思う。
ちょっとエッチで馬鹿な娯楽作品としては良質だ。
タイトルとキャッチフレーズで嫌煙していた頃もありましたが、とてもピュアです。
Hなラブコメディと言うよりも、心情がすさまじくリアルすぎて逆に笑えます。
Hな表現はあるにはあるのですが、下ネタもキツくなく、下手に色気を飾らないストレートな表現がほとんどで、とっても笑えます。
誰でも経験があるような、10代の悶々とした心情なんかはとっても共感できました。
知識だけあって、恋愛を知らない奥手で素直じゃない女の子が恋を知って行く話。って感じですね。
しかし、Hに対する心情や演出が妙にリアルな分、アニメの女の子に夢を持っている方にはおすすめできる作品では無いと思いますのでご注意を。
あと、平均で一話に二つ話が入っているのですが、非常に内容が濃い上に起承転結もしっかり書かれているので30分が長く感じます。二話収録されてると考えると、実質4話分収録されていることになりますので意外とお得かも・・・・・・?

初月無料で大量アニメ見放題音楽聴き放題
ギフト券購入でクレジットカード不要。

おすすめ

B型H系が好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。