BLACK LAGOON Roberta's Blood Trail

基本データ

作品名:
BLACK LAGOON Roberta's Blood Trail
ブラック・ラグーンシリーズ)
発売:
2006年 4月
制作:
マッドハウス
みんなの評価:
話題性:
16
累計平均売上:
データ無し
タグ:

動画サイト

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

日本の一商社・旭日重工の社員だった岡島緑郎は、会社の機密ディスクを運ぶ任務中、南シナ海で違法な運び屋・ラグーン商会にディスクを奪われ、自らも拉致されてしまった。商会は、ディスクと緑郎を引き換えに旭日重工からの身代金奪取を狙っていたが、機密漏洩を懸念した旭日重工と彼の上司・景山は、ディスクと緑郎を両方消滅せんと画策し、傭兵派遣会社・エクストラ・オーダー(E.O.)へ商会の襲撃を依頼した。やがて、旭日重工が自分を見捨てたことを景山に伝えられ、E.O.の襲撃に遭った緑郎は、狼狽の果てに閃いたアイディアを商会のメンバーへ提案し、この危機の打破に成功する。

その後、景山は再会した緑郎に対し、旭日重工社員としての日本帰還を何事も無かったかのように促す。しかし、「俺はもう死んでるんですよ。あんたがそう言った」と不信感を露にした緑郎は、「俺はロック(CV: 浪川大輔)だ!」と名乗って帰還を拒否する。商会から誘われ、その見習い水夫となった緑郎ことロックは、商会の船「ブラック・ラグーン号」に乗り込み、危険な任務へ赴くようになる。(以上第1話)

レビュー・感想

原作を読んでないのでオリジナルストーリーかどうかは分かりませんが、 TV放送されていない新しいストーリーです。
1話のみ、一部U局にて放送されていた物と同じですが、放送ではカットされたシーンを戻したストーリーになってます。
初回だからか1話分だけの収録のようですが、今後の展開が気になる内容です。
先日一部TVにて特別版放送がありましたが、あれはTV用に編集したもので、カットされたシーンは放送には適さないタイプのものでした。
一話30分とやや短めなのが不満ですが、枠を気にしないOVAでこそのブラックラグーンでしょう。双子の時は放送は無理と思われていましたもの。
原作では感じたテンポの停滞感は無く、一話目のストーリーはテンポよく進み、知っているはずのストーリー展開なのにわくわくして見入ってしまいました。
ファンにはお勧めの一本です。
初見の方にはキャラ紹介や設定説明が省かれているため、いきなりこれは難しいかも。せめて一期の視聴をしてからのほうが良いと思いますよ。
特典映像として、ロックの出会った印象的なシーンの総集編的な映像が7分ついてます。
うーん…レンタルで見てからだと思ってたけど、やっぱり気になっていて……買ってもうたww
根っからのアニメファンではないので、作画崩壊云々というのはちょっとパスしておこう。その辺は見る目が全然肥えてないから。
とすれば、ストーリー立てだなってことになるんだけど。
原作の該当部分がアクションシーンの入りようの無い部分だけに、がっくりした人も多いんだろうなと。ただまあ、それは仕方の無いところ…と割り切ってみれば、思うほどには悪くない。
特に、ロックに焦点を当てて、引き受けるに至るまでにあれこれ、分析をさせるシーン、さらに彼の「予想」を借りて、マフィアたちの会合のシーンを織り込むってやり方…この辺は、原作にはない、映像化に当たっての良い工夫だと思った。何だかんだでロックが危ない橋を渡るのを「趣味」として楽しむ奴だというよ ...
とりあえず、ロアナプラを舞台にした混戦は終わりました。
テンポも悪くなく、アニメオリジナルのシーン、設定も上手く表現出来てると思います。
フォビオラのロックの闇に対する疑い、レヴィの無自覚の憧れ、ロベルタのバイク、バラライカの過去のシーンなどがそれです。
ただ、バラライカのキャクストン少佐への口調は、原作のように宿敵に対しての敬意を払ったものではなく、いつもの姉御って感じでした。これはこれで良かったかと思いますが、軍人(であろうとする大尉)としてのメリハリのある会話をして欲しかったな〜……
しかし、この話での売りであるはずの、奇抜でクレイジーで危ないロアナプラの闇の部分があまり表現されてません。あえて活劇を重視するために色々カットしていることは解るのですが、だとしたら、ロベルタVSシェンフォア、ソーヤ、ロットンの ...
第一期・第二期のまま雰囲気を壊さずに出来上がっています。
新キャラの動きも良いし、ほぼ満点ですな。
難を言えば、一話しかはいっていないこと・・・
まあこれは、OVAなので資金的な問題なのかなと勝手に想像。
オープニングも雰囲気を残しつつ新しい絵・曲調なので、よかったけど、ロベルタのテーマ曲は、ちょいとしつこいかなw
さて、本来ならこのまま期待できますと言いたいが、次の二作目には、一箇所作画崩壊箇所があります・・・
一番原作でも良い場所かなってとこなのでちょいとことですよ・・・
新しい物語を見させて頂きました。
ただ、この後、以前の物が続き物だと思い誤って購入していまい一気に観る気が失せました。
この作品自体はとても良いと思います。
1期・2期と比べて、絵の質が悪い。
というか、下手。
デッサン狂いのシーンも多数あり。
レビが酒場で座ってるシーンなど、むちゃくちゃになっている。
四肢のバランスもおかしかったりするし、細部の書き込みも変。
あと、顔が、他人になってしまっているシーンもある。
シーンシーンでの画力がバラバラ。
手を抜いているのか、この程度しかできないのか。
制作に時間をかけている割には、質が悪い。
ロベルタが古い銃を振るシーンなど、原作の迫力がかけらも感じられない。
絵を気にしない人向け。
期待していただけに、大外れ。
先日、各局で先行放送されたブラックラグーンOVA。かなり番宣に力いれてるみたいですね。
原作や前期のアニメを知らないで、この作品に興味があるという方は(あまりいないと思いますが)、まず先に原作のコミックか、2006年から放送されたアニメをご覧になることをお勧めします。これ単品でも楽しめないことはないと思いますが、知っていると話の流れも掴みやすいですし、なによりこのロベルタ編は原作で賛否両論だったため内容を確認してからのほうがいいような気がします。値段も結構なものですし。
製作スタッフに関しては脚本、絵コンテ、演出、作画に携わった人はほぼ変わりないので1・2期を見られた方は抵抗なく観賞できるかと思います。
地デジ放送で一話を見た限り、これといった不備はなかったし、35分一話収録の全五巻ということなので構成さえ上手くすれば原作の話を多少端折ったとしてもまとまった作品になると期待をもってしまいます。
あと、気になるっている方が多いと思われるOPは前作でお馴染みのMELLによる「Red fraction」のリミックスバージョン「Red fraction IO drive mix」です。OPの個人的な意見は「原曲を活かしたロベルタ編にふさわしい編曲」と言われればそうなのかなというイメージです。
初めての方は上の内容を参考にしてもらえれば幸いです。

初月無料で大量アニメ見放題音楽聴き放題
ギフト券購入でクレジットカード不要。

おすすめ

BLACK LAGOON Roberta's Blood Trailが好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。